271件中 21 - 30件表示
  • 大相撲

    大相撲から見た太田房江

    大相撲は、力士が大銀杏などまげ(髷)を結うなどの日本の伝統的・古風な文化の他、土俵上への女性の立ち入りを認めない(春場所は2000年以降、時の大阪府知事・太田房江による知事賞の直接授与が認められなかった)など。そのため、一部のフェミニストからは異論の声があがっている。ただし、横綱審議委員も経験した内館牧子は著書『女はなぜ土俵にあがれないのか』の中で、相撲が宗教的儀式としての歴史と伝統を検討し、この文化論争を抜きにして男女共同参画の観点を安易に持ち込む風潮に疑問を呈している。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た栃東大裕

    大相撲の力士がテレビのCMに出演することを全面禁止していた時代があった。これは1985年からで、大相撲の力士は本業の相撲でPRすることに専念するようにしてほしいという春日野理事長(当時)の方針に沿ったものであった。ただしCM禁止中の時代でも、本場所の協会指定懸賞企業および巡業を支援するスポンサーと公共の広告に限って出演することはあった。ナショナル(後のパナソニック)乾電池の小錦、日本航空の大相撲ブラジル公演PR、国民年金の貴乃花、若乃花などがある。2002年2月に一般企業のCM出演は解禁されており、その第1号は日立マクセルDVDメディアの栃東である。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た把瑠都凱斗

    2000年代半ばになると二子山部屋の勢いは衰え、ハワイ出身力士は姿を消す。入れ替わって朝青龍明徳以下、スピード重視のモンゴル出身力士が登場する。朝青龍は2005年に史上初の年間全場所制覇を達成、次いで横綱になった白鵬翔は2010年に63連勝、2015年に優勝回数記録を更新するなど、ともに一時代を築いた。次いで日馬富士公平、鶴竜力三郎が横綱に昇進するなど、モンゴル出身力士が圧倒的に優位な時代が続いている。同時期にヨーロッパ出身力士も登場し、ブルガリア出身の琴欧洲勝紀とエストニア出身の把瑠都凱斗が大関にまで上った。日本人力士の中では稀勢の里寛が横綱に昇進している。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た横綱審議委員会

    横綱の相次ぐ不成績が問題となり、1950年4月に有識者からなる横綱審議委員会が発足した。1957年には理事長に重要事項の建議を行える「運営審議会」も発足し財界トップや政治家が名を連ねた。全国的にテレビが普及するに従い、NHKの相撲のテレビ中継が始まる。一時は民放各社も中継していたが、間もなく撤退した。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た番付

    江戸の他にも、この時期には京都や大坂に相撲の集団ができた。当初は朝廷の権威、大商人の財力によって看板力士を多く抱えた京都、大坂相撲が江戸相撲をしのぐ繁栄を見せた。興行における力士の一覧と序列を定めた番付も、この頃から、相撲場への掲示用の板番付だけでなく、市中に広めるための木版刷りの形式が始まった。現存する最古の木版刷りの番付は、江戸では1757年のものであるが、京都や大坂では、それよりも古いものが残されている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たタカラトミー

    大相撲魂(タカラ(後のタカラトミー)、1992年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た日本航空

    大相撲の力士がテレビのCMに出演することを全面禁止していた時代があった。これは1985年からで、大相撲の力士は本業の相撲でPRすることに専念するようにしてほしいという春日野理事長(当時)の方針に沿ったものであった。ただしCM禁止中の時代でも、本場所の協会指定懸賞企業および巡業を支援するスポンサーと公共の広告に限って出演することはあった。ナショナル(後のパナソニック)乾電池の小錦、日本航空の大相撲ブラジル公演PR、国民年金の貴乃花、若乃花などがある。2002年2月に一般企業のCM出演は解禁されており、その第1号は日立マクセルDVDメディアの栃東である。大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たテクモ

    つっぱり大相撲(テクモ(後のコーエーテクモゲームス)、1987年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見たジャレコ

    寺尾のどすこい大相撲(ジャレコ、1989年)大相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲

    大相撲から見た佐田の山晋松

    地方巡業は、各地の興行の希望者(「勧進元」)が協会に巡業開催の契約金を支払い、興行権を譲り受ける形で長年行われてきた(売り興行)。しかし1995年の巡業改革により、当時の境川理事長の下で勧進元主催から協会の自主興行に変更された。ところが地方巡業は1992年の年間94日間をピークに減少を続け、ついに2005年には1958年以降最小の15日間までに落ち込んだ。そのため、北の湖理事長の下で再び勧進元形態に戻すことになった。2006年に再開された海外巡業についても、地方巡業の増加対策と並ぶ巡業改革の一環となっている。大相撲 フレッシュアイペディアより)

271件中 21 - 30件表示

「大相撲」のニューストピックワード