前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た大竹寛大竹寛

    1991年は先発に専念。シーズンを通して17勝・防御率2.44を挙げ、最多勝利、最優秀防御率の二冠に輝き、チームのリーグ優勝に大きく貢献すると共に、シーズンMVP、沢村賞、ベストナイン(最優秀投手)を獲得。この年、4月25日の阪神タイガース戦の3回から5月11日の中日ドラゴンズ戦の7回まで、4試合にかけて30イニング連続無失点の球団新記録を達成(2009年に大竹寛に更新される)。また10月23日の西武ライオンズとの日本シリーズ第4戦(広島市民球場)で先発し、8回一死まで無安打無得点に抑えた。佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

  • 米子市民球場

    米子市民球場から見た大竹寛大竹寛

    2007年(平成19年)には交流戦前の5月に広島東洋カープ対阪神タイガースの試合が行われ、1戦目は広島・大竹寛、阪神・下柳剛が先発し広島が勝利。2戦目は雨が降る悪天候の中広島・青木高広、阪神・福原忍の先発でまたも広島の勝利。青木高はこの試合でプロ初勝利を収めた。この試合が象徴するようにこの年の阪神は広島相手に苦戦することが多く、その年の対広島戦は負け越しに終わった。米子市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た大竹寛大竹寛

    ルイスは右ひじ内側側副じん帯損傷のため出場辞退、代わりに大竹寛が選出2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た大竹寛大竹寛

    2009年、外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • 永川勝浩

    永川勝浩から見た大竹寛大竹寛

    は開幕から不調で、4月に4セーブを挙げたものの、5月1日の巨人戦で逆転負けを喫するとクローザーの役割を剥奪され、5月以降は0セーブに終わった。8月に一軍再昇格すると、8月15日の対阪神戦で初先発し、勝利投手になった。この試合は、大竹寛が抑えで登板するという本来とは逆のパターンでの起用であった。先発として球種が足りないためスライダーやカーブも駆使するピッチングだったが、速球で押す本来の良さが消えて長続きせず、右肩痛も重なり再度二軍落ちした。永川勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 川端慎吾

    川端慎吾から見た大竹寛大竹寛

    初安打・初打点:同上、5回裏に大竹寛から中前適時打川端慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • 第82回全国高等学校野球選手権大会

    第82回全国高等学校野球選手権大会から見た大竹寛大竹寛

    大竹寛(浦和学院?広島)第82回全国高等学校野球選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 苑田聡彦

    苑田聡彦から見た大竹寛大竹寛

    1977年に現役引退し、スカウトとして球団に残り、東日本を中心に活動。スカウトとしてのスタートは球団から唐突に「東京でマンション一部屋探しとけ」の指令からだった。ほとんど知らなかった東日本での活動に当初はかなり苦労したらしい。江藤智、金本知憲、嶋重宣、黒田博樹、大竹寛、永川勝浩らを入団させた。2006年からスカウト部長に就任。苑田聡彦 フレッシュアイペディアより)

  • 広島県立びんご運動公園野球場

    広島県立びんご運動公園野球場から見た大竹寛大竹寛

    2004年6月3日 広島対横浜戦 (N) 5-4 (勝:玉山 S:大竹 負:マレン) 10,727人広島県立びんご運動公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 大島崇行

    大島崇行から見た大竹寛大竹寛

    性格はマイペース。また同期入団である大竹寛らとはとても仲が良い。大島崇行 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示