前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示
  • 佐々岡真司

    佐々岡真司から見た大竹寛大竹寛

    は先発に専念。シーズンを通して17勝・防御率2.44を挙げ、最多勝利、最優秀防御率の二冠に輝き、チームのリーグ優勝に大きく貢献すると共に、シーズンMVP、沢村賞、ベストナイン(最優秀投手)を獲得。この年、4月25日の対阪神タイガース戦の3回から5月11日の対中日戦の7回まで、4試合にかけて30イニング連続無失点の球団新記録を達成(に大竹寛が更新)。また、10月23日の西武ライオンズとの日本シリーズ第4戦(広島市民球場)で先発し、8回一死まで無安打無得点に抑えた。佐々岡真司 フレッシュアイペディアより)

  • マジンガーZIP!

    マジンガーZIP!から見た大竹寛大竹寛

    あしゅら男爵の部下の一般兵達。皆同じ仮面をつけている。広島県などの地方出身者が多く、それゆえに広島東洋カープ(以下広島)ファンが多い。そのため、巨人軍宮崎キャンプを襲撃した上で、広島からフリーエージェントでへ移籍した大竹寛や元広島の川口和久コーチを誘拐して広島に戻そうと計画したこともある。新入兵がある程度増えると業務説明を行っているが、職務内容をあしゅら男爵のサポート業務だと説明していた。定期的に給料が支払われており、振込先は三井住友銀行のような合併した銀行を勧めるなどしていた。作戦前には長期戦に備えて食事を多めに取る。あしゅら男爵の前では従順だが、影では世話するの面倒だと愚痴をこぼしたり、「アイツ」、「あしゅら」などと呼び捨てにしている。携帯にあしゅら男爵の番号を登録する際には本名を使わずに、偽名で登録している。ストレス解消の為「ZIP!deポン!」も毎朝参加しているが、ハズレの時は途端にふてくされて職務意欲をなくす。皆同じ仮面や衣装を身に着けているが、性格はさまざまである。一方で世界征服に対する意欲を見せておらず、マジンガーZIP!は何で攻撃してくるかで昼食を賭けたり、あしゅら男爵(男性側)とグルになって機械獣を操る杖に洗濯物を干したり朝顔の添え木にしたり、つっかえ棒代わりにしたこともある。他にもあしゅら男爵の体が男性と女性が半分ずつであることからピザのハーフ&ハーフみたいだと言ったり、ガラダK7で六本木や原宿に現れた際に偶然居合わせた地味なえんじ色のアロハシャツを着ている人をBEGINのキーボードの人と間違えたこともある。他にも六本木襲撃の際にその場に居合わせた大きなサングラスをかけた人をあゆの婚約した人と間違えたこともあり、下北沢で偶然居合わせたふわーっとした髪の女性をSEKAI NO OWARIのピアノの人と間違えた事もある。光子力研究所盗聴作戦では、『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』(TBSラジオ)やスピードラーニングを聞いていた兵員もいたが、最終的には弓教授がエアロスミスをカラオケで熱唱しているところの盗聴に成功している。サッカー日本代表誘拐作戦の際には、選手のガードが堅く誘拐できなかったため、元日本代表の前園真聖を誘拐してきたこともある。誘拐作戦ではターゲットに作戦中に殴られることも多く、プロボクシング世界王者誘拐作戦では山中慎介を、荒れる成人式会場からの新成人誘拐作戦では問題のある新成人をそれぞれ殴られながらも誘拐した。田中将大投手誘拐作戦では、準備段階で誘拐してきた際に田中投手よりも、ハロー!プロジェクトファンが多い兵員が多いことから里田まいの情報を聞こうとしていた。また、マジンガーZIP!の時間差襲撃作戦の作戦会議の際には、作戦よりもあしゅら男爵の身体に関する質問ばかりしていた。あしゅら男爵がLINEで作戦の確認を行った際も、あしゅら男爵からの作戦確認メールそっちのけで合コンのセッティングをしていた。音楽ライブではあしゅら男爵と押し問答することが多く、ロックフェス破壊作戦でも、ターゲットをフジロック・フェスティバルかサマーソニックかで揉め、襲撃日でも出演アーティストがらみで押し問答し、サザンオールスターズ復活ライブでもどのタイミングで襲撃するかで押し問答していた。ポール・マッカートニー来日公演の襲撃計画は鉄仮面側から提案されたが、あしゅら男爵がポールのファンであり、プラチナチケットを手に入れたので襲撃しないよう懇願したため「お前、藤田朋子か?」と突っ込んでいた。『ローン・レンジャー』フィルム強奪計画では、フィルム媒体の種類や、どのシーンをターゲットにするかをあしゅら男爵に質問した上で、フィルム強奪後に映画を見ようとしていた。地下帝国の「悪の大運動会」では、二人三脚で散々屁理屈を言っていたあしゅら男爵に呆れていた。その一方であしゅら男爵がダブラスM2で富士山を破壊しようとした際には、作戦が決行された時期が富士山が世界遺産に登録される直前ということもあって地下帝国のツイッターが炎上するのを恐れていた他、富士山破壊作戦に抗議したり、日本テレビ爆撃計画に反対するなど正義感を見せたこともある。グラビアアイドル好きな兵員も多く、Dr.ヘルがアイドルに関するコメントを年頭の言葉として言った際にはあしゅら男爵(男性側)と共に賛同していた。新年会も4人(あしゅら男爵と鉄仮面兵3人)で予約しようとしたところ、女性側が反対した為5人(あしゅら男爵〈男性側・女性側〉と鉄仮面兵3人)で予約しようとしたことも。あしゅら男爵はソチオリンピックや2014ワールドカップブラジル大会壊滅作戦を提案したが、鉄仮面兵は世田谷ボロ市や千葉県館山市で開催される寒中水泳大会襲撃作戦を提案していた。地方のご当地グルメにも興味がある兵員も多く、さっぽろ雪まつり襲撃作戦では、作戦そっちのけでカニばかり食べていた。あしゅら男爵の女性側と男性側が世界征服の方針を巡って対立した際には、女性側から「もし自分(女性側)とこの人(男性側)が別れたらどちらについて行くか」で多数決をとらされた際には、どちらについて行くかよりも、「(2人が合体している為)そもそもどうやって別れる(分かれる)のかと思っている」、「逆に別れる(分かれる)ところを見てみたいと思っている」、「別れる(分かれる)ところを動画に撮ってYouTubeにアップする」、「とにかく興味がない」といった選択肢に全員手を挙げていた。Dr.ヘルの地球征服作戦中止の後には、「光子力ロボット村」であしゅら男爵を型どった2色パンを販売している。マジンガーZIP! フレッシュアイペディアより)

  • ディッキー・ゴンザレス

    ディッキー・ゴンザレスから見た大竹寛大竹寛

    1月13日、読売ジャイアンツが1年契約での獲得を発表した。外国人枠の関係で開幕を2軍で迎えるが、この間に2軍投手コーチ小谷正勝の指導でチェンジアップを習得。不振のエドガルド・アルフォンゾと入れ替わる形で5月に1軍昇格すると、5月3日の阪神戦で移籍後初勝利。そこから5連勝、34イニング連続無四球という抜群の安定感を見せ、すぐにローテーションの軸となる。しかし、右肘靭帯手術という経歴を考慮し、どんなに好投しても100球前後で降板していた。5月は5勝0敗・防御率1.56の成績で、自身初の月間MVPを広島の大竹寛と同時受賞した。6月5日の対日本ハム戦で開幕からの連勝を6に伸ばし、沢村栄治の球団記録とレオ・カイリーの外国人投手記録に並んだ。なお、6月26日の対ヤクルト戦に先発した際には、尊敬してきたマイケル・ジャクソンの急逝報道の当日であったため、登場のテーマソングをジャクソンの「スリラー」に変更した。前半戦の活躍が評価され、オールスターゲームに監督推薦で初選出され、札幌ドームで行われた第1戦の先発投手を務めた。8月11日の広島戦(マツダスタジアム)で自身初のシーズン10勝目をマーク。その後も安定したピッチングを続け、シーズン終盤まで吉見一起(中日)、館山昌平(ヤクルト)と最多勝を争いを繰り広げた。最多勝こそ逃したが、最終的にチームトップとなる15勝(2敗)、防御率2.11の成績を残した。シーズンを通じて大崩れした試合はほとんどなく、自責点が5以上だった試合は1度も無かった。中日とのCSファイナルステージ第1戦では先発を任されたが初回に5失点するなど不調で敗戦投手となるもチームがそこから3連勝して日本シリーズに進出した。そして日本ハムとの日本シリーズでは第1戦に先発して勝利投手となり、第5戦でも勝利投手にこそならなかったが好投を見せ、第6戦にチームは勝利して日本一を達成し、優秀選手賞を受賞。リーグ優勝・日本一に大きく貢献した。ディッキー・ゴンザレス フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た大竹寛大竹寛

    ルイスは右ひじ内側側副じん帯損傷のため出場辞退、代わりに大竹寛が選出2008年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

  • 永川勝浩

    永川勝浩から見た大竹寛大竹寛

    は開幕から不調で、4月に4セーブを挙げたものの、5月1日の巨人戦で逆転負けを喫するとクローザーの役割を剥奪され、5月以降は0セーブに終わった。8月に一軍再昇格すると、8月15日の対阪神戦で初先発し、勝利投手になった。この試合は、大竹寛が抑えで登板するという本来とは逆のパターンでの起用であった。先発として球種が足りないためスライダーやカーブも駆使するピッチングだったが、速球で押す本来の良さが消えて長続きせず、右肩痛も重なり再度二軍落ちした。永川勝浩 フレッシュアイペディアより)

  • 川端慎吾

    川端慎吾から見た大竹寛大竹寛

    初安打・初打点:同上、5回裏に大竹寛から中前適時打川端慎吾 フレッシュアイペディアより)

  • 読売ジャイアンツ

    読売ジャイアンツから見た大竹寛大竹寛

    開幕から球団タイ記録の7連勝を飾り、5月5日の東京ドームでの対広島戦の試合前に長嶋茂雄終身名誉監督と巨人OBの松井秀喜の国民栄誉賞の授与式が行われている。交流戦は13勝10敗の3位。前半戦は2位の阪神と2.5ゲームの首位で折り返し。8月9日に優勝へのマジックナンバー39が点灯。9月7日に7年連続でクライマックスシリーズ進出が決定。9月22日の対広島戦(東京ドーム)の試合開始直後に2位の阪神がヤクルトに6対7で敗れたため、この時点で巨人の2年連続35度目のセ・リーグ優勝が決定した。開幕戦以降、6月に阪神が一時首位に立った以外は、巨人は首位を譲らなかった。広島とのクライマックスシリーズファイナルステージは3連勝で日本シリーズ進出を決めた。迎えた楽天との日本シリーズでは第5戦までに2勝3敗で王手をかけられたものの、第6戦でシーズンから無敗の田中将大にこの年初の黒星をつけタイに持ち込むが、第7戦で敗れて3勝4敗で敗退した。この年のオフにFAで西武の片岡治大と広島の大竹寛、中日を自由契約となった井端弘和を獲得。読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 苑田聡彦

    苑田聡彦から見た大竹寛大竹寛

    1977年に現役引退し、スカウトとして球団に残り、東日本を中心に活動。スカウトとしてのスタートは球団から唐突に「東京でマンション一部屋探しとけ」の指令からだった。ほとんど知らなかった東日本での活動に当初はかなり苦労したらしい。江藤智、金本知憲、嶋重宣、黒田博樹、大竹寛、永川勝浩らを入団させた。2006年からスカウト部長に就任、その後スカウト統括部長に就任した。苑田聡彦 フレッシュアイペディアより)

  • 岩舘学

    岩舘学から見た大竹寛大竹寛

    初打席・初安打:同上、9回表に大竹寛から左翼線二塁打岩舘学 フレッシュアイペディアより)

  • 呉本成徳

    呉本成徳から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2007年10月6日、対広島東洋カープ24回戦(広島市民球場)、6回表に川村丈夫の代打で出場、大竹寛から左前安打呉本成徳 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
91件中 1 - 10件表示

「大竹寛」のニューストピックワード