91件中 11 - 20件表示
  • 光部杏里

    光部杏里から見た大竹寛大竹寛

    2012年1月、当時広島東洋カープ投手の大竹寛と結婚。これに伴い広島へ転居するため、2012年の3月末で退職した。広島で新たに仕事を始めるのか、夫のサポートに専念するのかは現在も明らかにされていない。光部杏里 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木梨絵

    佐々木梨絵から見た大竹寛大竹寛

    広島出身という事もあって広島東洋カープのファンであるが、2009年7月15日放送分の「プロ野球ニュース2009」で、連敗中で苦しんでいる広島に応援メッセージをと振られた所、頑張って下さいのみのコメントであった。また、同月22日の放送では2009年プロ野球オールスターに広島から出場する選手を大竹寛しか知らなかった。佐々木梨絵 フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の読売ジャイアンツ

    2014年の読売ジャイアンツから見た大竹寛大竹寛

    4月26日 - 大竹寛が対広島戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で史上15人目の全球団勝利を達成2014年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の広島東洋カープ

    2010年の広島東洋カープから見た大竹寛大竹寛

    2010年の広島東洋カープは、野村謙二郎監督の1年目のシーズンである。前年に10勝した大竹、35ホールド挙げたシュルツ、36セーブ挙げた永川がシーズン序盤に怪我で離脱し、投手陣が崩壊した。4月終了の時点で首位に7ゲーム差と早々に優勝戦線から離れ、その後もチーム状態を建て直すことができず、シーズンを5位で終えた。2010年の広島東洋カープ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年の東京ヤクルトスワローズ

    2013年の東京ヤクルトスワローズから見た大竹寛大竹寛

    9月11日 - ウラディミール・バレンティンが対広島戦(神宮)で6回裏に大竹寛から日本プロ野球タイ記録、史上4人目のシーズン55本塁打となる右越えソロ本塁打を放つ、122試合目での到達は最速2013年の東京ヤクルトスワローズ フレッシュアイペディアより)

  • 須永英輝

    須永英輝から見た大竹寛大竹寛

    東京都荒川区出身。2001年、浦和学院高校に進学。1年時の夏にメンバー入りし2学年上の大竹寛の引退後、1年秋からエースを務めた。甲子園通算63奪三振。高校時代は、135?145km/h台の速球に、キレのある変化球で空振りを取るスタイルであった。打撃のセンスもあり、一時は浦和学院打線のクリーンアップを担った。須永英輝 フレッシュアイペディアより)

  • 玉置隆

    玉置隆から見た大竹寛大竹寛

    初奪三振:同上、4回裏に大竹寛から空振り三振玉置隆 フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の読売ジャイアンツ

    2016年の読売ジャイアンツから見た大竹寛大竹寛

    先発投手のマイコラス・杉内・大竹が不在の中での開幕。ギャレットが球団史上初の来日1年目の外国人選手で開幕戦で4番に座る。ヤクルトとの開幕戦は菅野が7回5安打無失点の好投をみせ3-1で勝利。そのまま開幕4連勝。4月7日まで首位を維持。4月半ばは阪神・広島に首位を奪われるも16日以降は再び首位に立つ。16日、熊本地震の影響で19日-20日の中日戦2試合の中止を発表。28日、クルーズが自打球を左足首に受け登録抹消。30日、5試合に先発しリーグワーストの19四球のポレダが登録抹消。4月は菅野が4試合33イニングを自責点0、月間防御率0.00、33イニング無四球、3試合連続2桁奪三振を記録し月間MVPに選出。2016年の読売ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • 田中大輔 (野球)

    田中大輔 (野球)から見た大竹寛大竹寛

    初打席:同上、2回表に大竹寛から四球田中大輔 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本プロ野球

    2008年の日本プロ野球から見た大竹寛大竹寛

    5月14日 - 阪神の新井貴浩が対広島戦(金沢)の7回に大竹寛から本塁打を記録し、全球団から本塁打を達成、プロ野球史上11人目。2008年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

91件中 11 - 20件表示

「大竹寛」のニューストピックワード