57件中 31 - 40件表示
  • マーティ・ブラウン

    マーティ・ブラウンから見た大竹寛大竹寛

    31年ぶりにキャプテン制を導入し、黒田博樹を投手キャプテン、前田智徳を野手キャプテンに指名する。先発は黒田と大竹寛・ショーン・ダグラスを軸に、大島崇行・佐々岡真司を加えた5投手で中4日のローテーションを組んだ。中継ぎもローテーション形式として1登板につき2イニング30球を限度とし、3連投しない形をとった。守備では逆シングルを推奨し、一・三塁線を大きく開ける守備シフトを敷いた。打線では出塁率を重視し、1番に緒方孝市、2番に前田を据えるが、9試合連続2得点以下という日本新記録をマークしたため、オーダーを元に戻して復活した。また捕手以外の野手(内野手・外野手)を使い切ってしまうことが度々あった。マーティ・ブラウン フレッシュアイペディアより)

  • 須永英輝

    須永英輝から見た大竹寛大竹寛

    東京都荒川区出身。2001年、浦和学院高校に進学。1年時の夏にメンバー入りし2学年上の大竹寛の引退後、1年秋からエースを務めた。甲子園通算63奪三振。高校時代は、135?145km/h台の速球に、キレのある変化球で空振りを取るスタイルであった。打撃のセンスもあり、一時は浦和学院打線のクリーンアップを担った。須永英輝 フレッシュアイペディアより)

  • 石川県立野球場

    石川県立野球場から見た大竹寛大竹寛

    2008年5月14日に行われた広島カープ対阪神タイガース戦では外野(自由席)のチケットを購入したにもかかわらず客席が満員となり入場できない観客が続出し、警備員と客が口論になるなどの騒動が起きた。主催者の北國新聞社によるとチケットの販売数は外野の収容人員6000人に対して前売り5289枚、当日券約200枚であったが、なぜか外野席が満員になってしまったという。またこの試合で阪神の新井貴浩は広島の大竹寛から本塁打を放ち、史上10人目の全球団から本塁打を達成している。石川県立野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 久保田智之

    久保田智之から見た大竹寛大竹寛

    初打点:2004年5月4日、対広島東洋カープ4回戦(広島市民球場)、2回表に大竹寛から中前適時打久保田智之 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井淳志

    藤井淳志から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2006年4月1日、対広島東洋カープ2回戦(ナゴヤドーム)、6回裏に大竹寛から右前安打藤井淳志 フレッシュアイペディアより)

  • 八木智哉

    八木智哉から見た大竹寛大竹寛

    初安打・初打点:2006年5月19日、対広島東洋カープ1回戦(広島市民球場)、5回表無死に大竹寛から右翼線適時二塁打八木智哉 フレッシュアイペディアより)

  • 喜田剛

    喜田剛から見た大竹寛大竹寛

    初打点:同上、1回表に大竹寛から右翼線適時二塁打喜田剛 フレッシュアイペディアより)

  • 村田和哉 (野球)

    村田和哉 (野球)から見た大竹寛大竹寛

    初打点:2008年6月3日、対広島東洋カープ1回戦(札幌ドーム) - 5回裏一死、投手:大竹寛村田和哉 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 5月21日

    5月21日から見た大竹寛大竹寛

    1983年 - 大竹寛、プロ野球選手5月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 呉本成徳

    呉本成徳から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2007年10月6日、対広島東洋カープ24回戦(広島市民球場)、6回表に川村丈夫の代打として出場、大竹寛から左前安打呉本成徳 フレッシュアイペディアより)

57件中 31 - 40件表示

「大竹寛」のニューストピックワード