91件中 41 - 50件表示
  • 2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ

    2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズから見た大竹寛大竹寛

    伝統の一戦と呼ばれ、幾多の名勝負を繰り広げた巨人と阪神が日本シリーズ進出を決めるファイナルステージで初めて相対することとなった。2010年のCSファーストステージでは甲子園で巨人がストレートの2連勝で下しファイナルステージ進出を決めたが、今シリーズでは逆に東京ドームで阪神がストレートの4連勝で下し、4年前の雪辱を果たすとともに倍返しする結末となった。阪神はシーズン同様投打のバランスがよく、4試合とも先発投手が5回以上を投げて3点以上取られず、打線も効率よく得点した。一方巨人はリーグ優勝したものの投打のバランスを欠き、レギュラーシーズンで規定打席に到達した3割打者が一人もおらず、今シリーズでも6本塁打中5本はソロ、適時打は第3戦の阿部慎之助の一本だけで、初戦にセペダが無死満塁で併殺打に倒れるなど得点圏での凡退が響いた。投手陣もエースの菅野智之と大竹寛を欠く中、第3戦先発の杉内は6回途中2失点と自分の役目を果たすが、それ以外の先発投手が誤算だった。CS史上初の4連敗の屈辱で2007年以来7年ぶりにリーグ優勝しながら日本シリーズに進出できない結果となった。2014年のセントラル・リーグクライマックスシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 1983年のスポーツ

    1983年のスポーツから見た大竹寛大竹寛

    5月21日 - 大竹寛(埼玉県、野球)1983年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 愛は勝つ

    愛は勝つから見た大竹寛大竹寛

    読売ジャイアンツ所属の大竹寛投手の2014年度シーズンからの登場曲でもある。愛は勝つ フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚悟史

    飯塚悟史から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2017年7月30日、対読売ジャイアンツ17回戦(東京ドーム)、2回表に大竹寛から中前安打飯塚悟史 フレッシュアイペディアより)

  • 安仁屋宗八

    安仁屋宗八から見た大竹寛大竹寛

    引退後は広島で二軍投手コーチ( - , )・一軍投手コーチ( - , )・二軍監督( - )を歴任し、3度のリーグ優勝(1984年, , )と1984年の日本一に貢献。コーチ時代は投手陣を引き連れて流川でのハシゴは勿論の事、遠征中も夜にホテルの部屋の選手を見回り、部屋に選手が残っていると「遊びに出ろ!」と命令。川口和久は公私ともお世話になった恩師と名前を挙げている。当初は先発だった津田恒実を抑えに起用した。退団後は中国放送解説者・デイリースポーツ評論家( - )も7年間務めた。2005年に復帰した際は春季キャンプで投手全員に先発としての調整を指示し、2500球もの凄まじい投げ込みを命じて投手陣再建を計った。タフな黒田博樹・大竹寛はキャンプを無事乗り切り自身最高の成績を残したが、選手層は厚くならず投手陣全体としては失敗に終わった。この年の安仁屋はあごに白いヒゲを蓄え、赤い広島のユニフォームと相まって「安仁屋サンタ」と一部から呼ばれていた。安仁屋宗八 フレッシュアイペディアより)

  • エリック・キャンベル (野球)

    エリック・キャンベル (野球)から見た大竹寛大竹寛

    初本塁打:2017年5月25日、対読売ジャイアンツ10回戦(阪神甲子園球場)、1回裏に大竹寛から中越2ランエリック・キャンベル (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 美馬学

    美馬学から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2016年6月16日、対読売ジャイアンツ3回戦(東京ドーム)、2回表に大竹寛から中前安打美馬学 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2009年6月18日、対広島東洋カープ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、3回表に大竹寛から中前安打田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 5月21日

    5月21日から見た大竹寛大竹寛

    1983年 - 大竹寛、プロ野球選手5月21日 フレッシュアイペディアより)

  • 福地寿樹

    福地寿樹から見た大竹寛大竹寛

    250盗塁:2012年10月4日、対広島東洋カープ22回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、6回表に二盗(投手:大竹寛、捕手:石原慶幸) ※史上44人目福地寿樹 フレッシュアイペディアより)

91件中 41 - 50件表示

「大竹寛」のニューストピックワード