1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示
  • 野村謙二郎

    野村謙二郎から見た大竹寛大竹寛

    投手陣ではコルビー・ルイスの退団が前年12月に急遽決まった。キャンプからシーズン序盤にかけて大竹寛や横山竜士・マイク・シュルツ・永川勝浩といった主力の故障が相次いだ。特に大竹については、故障直後は慎重な調整を行っていたにも関わらず、復帰を急がせて再故障させるなど選手の体調管理面で多くの課題を残した。自己流の調整を貫いた前田健太が球団史上初の投手成績で三冠を達成したものの、飛躍を期待された齊藤悠葵、実績のある梅津智弘などの多くの投手が不振に陥った。また中継ぎ投手の起用法にも疑問が投げかけられた。チーム防御率は前年の3.59から5年ぶりに4点台後半(4.80)へ、更に前田健を除くチーム防御率は5.33となり、過去最大の悪化幅(1.21)を記録した。同様に失点が162増の737、四死球は137増えて524個、被本塁打も54多い171本と、いずれも最大幅の増加を記録し、「球団史上最悪の『投手後退』」と評された。野村謙二郎 フレッシュアイペディアより)

  • 田中将大

    田中将大から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2009年6月18日、対広島東洋カープ4回戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)、3回表に大竹寛から中前安打田中将大 フレッシュアイペディアより)

  • 新井貴浩

    新井貴浩から見た大竹寛大竹寛

    全球団から本塁打:2008年5月14日、対広島東洋カープ7回戦(石川県立野球場)、7回表に大竹寛から左越2ラン ※史上10人目新井貴浩 フレッシュアイペディアより)

  • 浅尾拓也

    浅尾拓也から見た大竹寛大竹寛

    初安打:2007年5月9日、対広島東洋カープ7回戦(広島市民球場)、2回表に大竹寛から左越三塁打浅尾拓也 フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見た大竹寛大竹寛

    他球団ではビクトル・スタルヒン、藤本英雄、山田久志、完全試合を達成した槙原寛己らがおり、現役では成瀬善久(ロッテ)、大竹寛(広島)、東野峻(巨人)、菊池雄星(西武)などがいる。なお、巨人では東野の前に高橋尚成が17を付けていた。エースナンバー フレッシュアイペディアより)

  • 前田健太

    前田健太から見た大竹寛大竹寛

    、開幕戦を託される見込みであった大竹寛がケガにより出遅れ、自身初の開幕投手を務め、対中日戦に登板。8回を1失点に抑え、勝利投手となった。前年に続き得点援護率リーグワースト2位の3.38と、打線の無援護に悩まされるが、スライダーの曲がり、ストレートの球速ともに向上し、投球の安定性が格段に向上。開幕から防御率1点台を保って順調に勝ち星を重ね、交流戦では、一人12球団トップの防御率1.05を記録した。前半戦だけで自身初の2桁勝利を達成し、オールスターゲームにファン投票両リーグ最多得票及び選手間投票選出で初出場を果たして第1戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)にて球宴初登板先発勝利を挙げた。最終成績は15勝8敗、防御率2.21、奪三振174でセ・リーグ11年ぶり、史上最年少、球団史上初の投手三冠のタイトルと、セ・リーグの投手としては6年ぶりとなる沢村賞を初受賞した。0.98とただ一人1.00を切ったWHIPと投球回215回2/3は12球団トップの記録となった。前田自身は飛躍へのターニングポイントとして、4月8日の対ヤクルト戦の3回裏に田中浩康を見逃し三振に打ち取った一球を挙げている。前田健太 フレッシュアイペディアより)

  • SPEED世代

    SPEED世代から見た大竹寛大竹寛

    5月21日 - 大竹寛、プロ野球選手SPEED世代 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 次へ
57件中 51 - 57件表示

「大竹寛」のニューストピックワード