前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示
  • 大竹寛

    大竹寛から見た光部杏里

    1月17日、NHK静岡のキャスター・光部杏里と結婚することを発表。開幕からローテーション入りし、6月5日の対日本ハム戦では通算1000投球回を達成した。この年は年間通して安定した成績でシーズンを送り、キャリアハイとなる11勝を記録し、2年ぶりに規定投球回数に到達した。この成績が評価されて2008年の平野恵一(阪神)以来、セ・リーグでは4年ぶりのカムバック賞を受賞した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た平野恵一

    1月17日、NHK静岡のキャスター・光部杏里と結婚することを発表。開幕からローテーション入りし、6月5日の対日本ハム戦では通算1000投球回を達成した。この年は年間通して安定した成績でシーズンを送り、キャリアハイとなる11勝を記録し、2年ぶりに規定投球回数に到達した。この成績が評価されて2008年の平野恵一(阪神)以来、セ・リーグでは4年ぶりのカムバック賞を受賞した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た永川勝浩

    は開幕直後は先発ローテーションの一角として5試合に先発し、その後は中継ぎに回った。永川勝浩の不調により、シーズン途中から抑えに指名された。43試合に登板して防御率3.18、17セーブを挙げる好成績を残した。この年に自己最速の155km/hを記録。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た石井貴

    初安打:2005年5月8日、対西武ライオンズ3回戦(広島市民球場)、2回裏に石井貴から中前安打大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た石井琢朗

    一方で、9月5日の横浜戦(長崎)では、安定した投球を続け、8回二死まで1人の走者も出さない投球を見せた。内川聖一にレフト前ヒットを打たれ、あとアウト4つのところで惜しくも完全試合を逃し、9回二死から石井琢朗にソロ本塁打を浴び、プロ初完封も逃してしまったが、この試合では自身2年ぶりとなる完投勝利を収めた。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た黒田博樹

    はロサンゼルス・ドジャースに移籍した黒田博樹に代わるエース候補となる。3月28日の開幕戦ではプロ7年目で初の開幕投手を任され、8回を4安打1失点と好投したが、開幕当初抑えであったベン・コズロースキーが打たれ、引き分けに終わった。開幕当初は、広島ファンを含むプロ野球ファンから「新エース」と捉えられていたが、一時は2勝8敗という散々な成績になるなど勝ち星が伸びず、更にコルビー・ルイスが勝ち頭になったこともあり、交流戦開幕時にはルイスが新エースという認識をされるようになってしまった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たコルビー・ルイス

    はロサンゼルス・ドジャースに移籍した黒田博樹に代わるエース候補となる。3月28日の開幕戦ではプロ7年目で初の開幕投手を任され、8回を4安打1失点と好投したが、開幕当初抑えであったベン・コズロースキーが打たれ、引き分けに終わった。開幕当初は、広島ファンを含むプロ野球ファンから「新エース」と捉えられていたが、一時は2勝8敗という散々な成績になるなど勝ち星が伸びず、更にコルビー・ルイスが勝ち頭になったこともあり、交流戦開幕時にはルイスが新エースという認識をされるようになってしまった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た吉見祐治

    初奪三振:同上、1回表に吉見祐治から大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た中田翔

    1000投球回数:2012年6月5日、対北海道日本ハムファイターズ3回戦(札幌ドーム)、3回裏3死目に中田翔を空振り三振で達成 ※史上326人目大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た上原浩治

    は、変化球でカウントを整えられない弱点を克服するため、新球としてチェンジアップを習得。これが見事にはまって、かねてからの課題だった走者を背負ってからの投球でも大崩れすることがなくなり、開幕から抜群の安定感を見せた。また帽子のつばに書いた言葉をピンチの場面で読むなど精神面での制御法を見つけ、ピンチでも落ち着いた投球が出来るようになった。4月28日の巨人戦初回から5月31日の楽天戦6回途中までは、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新し、セ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。この月は、月間5勝0敗、防御率1.56という甲乙つけ難い成績を残した巨人のディッキー・ゴンザレスとの同時受賞となったが、これは月間MVPが投手野手一括選考だった1986年以来23年ぶり2度目、投手だけで選考されるようになってからは初の月間MVP2人同時受賞となった。オールスターではファン投票・選手間投票ともに圧倒的な1位で選出され、地元広島で開催された第2戦で先発を果たした。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。試合時間はわずか1時間52分で、セ・リーグでは1999年7月4日の巨人対横浜戦(試合は上原浩治が完投勝利)以来およそ10年ぶりに試合時間が2時間を切った。防御率は自己最高の2.81を記録した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
55件中 1 - 10件表示