55件中 11 - 20件表示
  • 大竹寛

    大竹寛から見た緒方孝市

    は、変化球でカウントを整えられない弱点を克服するため、新球としてチェンジアップを習得。これが見事にはまって、かねてからの課題だった走者を背負ってからの投球でも大崩れすることがなくなり、開幕から抜群の安定感を見せた。また帽子のつばに書いた言葉をピンチの場面で読むなど精神面での制御法を見つけ、ピンチでも落ち着いた投球が出来るようになった。4月28日の巨人戦初回から5月31日の楽天戦6回途中までは、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新し、セ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。この月は、月間5勝0敗、防御率1.56という甲乙つけ難い成績を残した巨人のディッキー・ゴンザレスとの同時受賞となったが、これは月間MVPが投手野手一括選考だった1986年以来23年ぶり2度目、投手だけで選考されるようになってからは初の月間MVP2人同時受賞となった。オールスターではファン投票・選手間投票ともに圧倒的な1位で選出され、地元広島で開催された第2戦で先発を果たした。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。試合時間はわずか1時間52分で、セ・リーグでは1999年7月4日の巨人対横浜戦(試合は上原浩治が完投勝利)以来およそ10年ぶりに試合時間が2時間を切った。防御率は自己最高の2.81を記録した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た中日ドラゴンズ

    はワインドアップのフォームに戻し、新たにシュートを習得した。開幕前に「勝てる投手への脱皮」を宣言し、公約通り春先は非常に安定した投球を見せた。5月には5連敗を喫し、夏場には早期KOの試合も多かったが、9月になると復調し、9月23日の中日戦(ナゴヤドーム)では、何度も得点圏に走者を進めるも、粘り強い投球を続け、入団6年目にして初の完封勝利を収めた。10勝にはあと一歩届かなかったものの防御率を3点台まで良化させてシーズンを終え、前年リーグワーストだった被本塁打数を25から15に激減させた。まだ投球に波があり、ボール先行になる投球はあるものの、先発転向後では最も安定したシーズンとなった。この年は3回までに本塁打を打たれると勝利投手になれないというデータが出ていた。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た埼玉西武ライオンズ

    浦和学院高では2年夏の甲子園で2回戦で敗退したが登板機会はなかった。当時は1学年上の坂元弥太郎(現・西武)がエースだったためである。その先輩が引退してエースとしてセンバツ出場を懸けて臨んだ関東大会では、初戦の水戸商業戦で立ち上がりに制球を乱し塁上を賑わせた後で4番打者に長打を浴びて奪われた点が痛手となり惜敗した。翌年の春季大会では県大会で東京農大三高の好投手鯨井との投げ合いの末惜敗。勝ち運に恵まれない投手を感じさせた。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た広島東洋カープ

    大竹 寛(おおたけ かん、1983年5月21日 - )は、広島東洋カープ所属のプロ野球選手(投手)。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たナゴヤドーム

    はワインドアップのフォームに戻し、新たにシュートを習得した。開幕前に「勝てる投手への脱皮」を宣言し、公約通り春先は非常に安定した投球を見せた。5月には5連敗を喫し、夏場には早期KOの試合も多かったが、9月になると復調し、9月23日の中日戦(ナゴヤドーム)では、何度も得点圏に走者を進めるも、粘り強い投球を続け、入団6年目にして初の完封勝利を収めた。10勝にはあと一歩届かなかったものの防御率を3点台まで良化させてシーズンを終え、前年リーグワーストだった被本塁打数を25から15に激減させた。まだ投球に波があり、ボール先行になる投球はあるものの、先発転向後では最も安定したシーズンとなった。この年は3回までに本塁打を打たれると勝利投手になれないというデータが出ていた。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た佐々岡真司

    は、変化球でカウントを整えられない弱点を克服するため、新球としてチェンジアップを習得。これが見事にはまって、かねてからの課題だった走者を背負ってからの投球でも大崩れすることがなくなり、開幕から抜群の安定感を見せた。また帽子のつばに書いた言葉をピンチの場面で読むなど精神面での制御法を見つけ、ピンチでも落ち着いた投球が出来るようになった。4月28日の巨人戦初回から5月31日の楽天戦6回途中までは、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新し、セ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。この月は、月間5勝0敗、防御率1.56という甲乙つけ難い成績を残した巨人のディッキー・ゴンザレスとの同時受賞となったが、これは月間MVPが投手野手一括選考だった1986年以来23年ぶり2度目、投手だけで選考されるようになってからは初の月間MVP2人同時受賞となった。オールスターではファン投票・選手間投票ともに圧倒的な1位で選出され、地元広島で開催された第2戦で先発を果たした。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。試合時間はわずか1時間52分で、セ・リーグでは1999年7月4日の巨人対横浜戦(試合は上原浩治が完投勝利)以来およそ10年ぶりに試合時間が2時間を切った。防御率は自己最高の2.81を記録した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た石堂克利

    初打点:2005年4月10日、対ヤクルトスワローズ3回戦(広島市民球場)、2回裏に石堂克利から投手前スクイズ大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たディッキー・ゴンザレス

    は、変化球でカウントを整えられない弱点を克服するため、新球としてチェンジアップを習得。これが見事にはまって、かねてからの課題だった走者を背負ってからの投球でも大崩れすることがなくなり、開幕から抜群の安定感を見せた。また帽子のつばに書いた言葉をピンチの場面で読むなど精神面での制御法を見つけ、ピンチでも落ち着いた投球が出来るようになった。4月28日の巨人戦初回から5月31日の楽天戦6回途中までは、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新し、セ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。この月は、月間5勝0敗、防御率1.56という甲乙つけ難い成績を残した巨人のディッキー・ゴンザレスとの同時受賞となったが、これは月間MVPが投手野手一括選考だった1986年以来23年ぶり2度目、投手だけで選考されるようになってからは初の月間MVP2人同時受賞となった。オールスターではファン投票・選手間投票ともに圧倒的な1位で選出され、地元広島で開催された第2戦で先発を果たした。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。試合時間はわずか1時間52分で、セ・リーグでは1999年7月4日の巨人対横浜戦(試合は上原浩治が完投勝利)以来およそ10年ぶりに試合時間が2時間を切った。防御率は自己最高の2.81を記録した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た内川聖一

    一方で、9月5日の横浜戦(長崎)では、安定した投球を続け、8回二死まで1人の走者も出さない投球を見せた。内川聖一にレフト前ヒットを打たれ、あとアウト4つのところで惜しくも完全試合を逃し、9回二死から石井琢朗にソロ本塁打を浴び、プロ初完封も逃してしまったが、この試合では自身2年ぶりとなる完投勝利を収めた。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たベン・コズロースキー

    はロサンゼルス・ドジャースに移籍した黒田博樹に代わるエース候補となる。3月28日の開幕戦ではプロ7年目で初の開幕投手を任され、8回を4安打1失点と好投したが、開幕当初抑えであったベン・コズロースキーが打たれ、引き分けに終わった。開幕当初は、広島ファンを含むプロ野球ファンから「新エース」と捉えられていたが、一時は2勝8敗という散々な成績になるなど勝ち星が伸びず、更にコルビー・ルイスが勝ち頭になったこともあり、交流戦開幕時にはルイスが新エースという認識をされるようになってしまった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

55件中 11 - 20件表示