73件中 11 - 20件表示
  • 大竹寛

    大竹寛から見たコルビー・ルイス

    、3月28日の開幕戦で初の開幕投手で8回を4安打1失点と好投(勝負つかず)。ロサンゼルス・ドジャースに移籍した黒田博樹に代わるエース候補として期待されたが、前半戦は5勝10敗。7月31日のオールスターゲームに同僚のコルビー・ルイスの代役として初出場。2回2安打無失点と好投。後半戦はルイスらが一時離脱する中、唯一ローテーションを守り続けて4年連続の規定投球回に到達し、最終的に9勝12敗まで持ち直した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た吉見祐治

    初奪三振:同上、1回表に吉見祐治から空振り三振大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た緒方孝市

    、新たに覚えたチェンジアップを武器に4月29日の対読売ジャイアンツ戦で開幕初完封・初勝利を挙げる。この試合から5月31日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦6回途中までセ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録し、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。前半戦を6勝4敗で終えると、ファン投票、選手間投票ともに1位でオールスターに選出、地元広島で開催された第2戦で先発している。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。防御率2.81、投球回185.2はいずれもキャリアハイとなった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た読売ジャイアンツ

    大竹 寛(おおたけ かん、1983年5月21日 - )は、埼玉県八潮市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は読売ジャイアンツに所属。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た中日ドラゴンズ

    はワインドアップのフォームに戻し、新たにシュートを習得する。開幕前に「勝てる投手への脱皮」を宣言し、公約通り春先は非常に安定した投球を見せた。5月には5連敗。9月23日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でプロ入り初の完封勝利。この年は9勝を挙げ、3年連続で規定投球回を超えた。前年リーグワーストだった被本塁打数を25から15に減らした。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た広島東洋カープ

    2001年のプロ野球ドラフト会議で、広島東洋カープに1巡目指名で入団。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た埼玉西武ライオンズ

    、春季キャンプ中の2月15日に自己最多の270球の投げ込みを行ったことで右肩に違和感を発症し、復帰が遅れ開幕を逃す。6月1日に一軍に昇格すると、同月12日の対埼玉西武ライオンズ戦でシーズン初勝利を挙げる。同月26日に右臀部肉離れで出場選手登録抹消されると、右肩痛の再発もあってシーズンの残りを二軍で終えた。3試合登板で1勝に留まり、5年連続で続いていた規定投球回数到達も途切れた。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た北海道日本ハムファイターズ

    、3月28日のウエスタン・リーグで9ヶ月ぶりに対外試合に登板した。5月21日の対オリックス戦で1年ぶりに登板。同月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦で稲葉篤紀の打球を右手に受け途中降板。右手小指の粉砕骨折と診断され、前半戦を棒に振る。10月1日の対巨人戦で約4ヶ月ぶりに復帰し、同月23日の対阪神タイガース戦で1年4ヶ月ぶりの勝利投手となるが、結果的には6試合に登板で1勝1敗に終わった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たナゴヤドーム

    はワインドアップのフォームに戻し、新たにシュートを習得する。開幕前に「勝てる投手への脱皮」を宣言し、公約通り春先は非常に安定した投球を見せた。5月には5連敗。9月23日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でプロ入り初の完封勝利。この年は9勝を挙げ、3年連続で規定投球回を超えた。前年リーグワーストだった被本塁打数を25から15に減らした。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たKANKAN

    「愛は勝つ」KAN (2014年 - )大竹寛 フレッシュアイペディアより)

73件中 11 - 20件表示

「大竹寛」のニューストピックワード