73件中 21 - 30件表示
  • 大竹寛

    大竹寛から見た佐々岡真司

    、新たに覚えたチェンジアップを武器に4月29日の対読売ジャイアンツ戦で開幕初完封・初勝利を挙げる。この試合から5月31日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦6回途中までセ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録し、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。前半戦を6勝4敗で終えると、ファン投票、選手間投票ともに1位でオールスターに選出、地元広島で開催された第2戦で先発している。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。防御率2.81、投球回185.2はいずれもキャリアハイとなった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た石堂克利

    初打点:2005年4月10日、対ヤクルトスワローズ3回戦(広島市民球場)、2回裏に石堂克利から投手前スクイズ大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た坂元弥太郎

    浦和学院高2年夏に甲子園で2回戦で敗退。当時は1学年上の坂元弥太郎がエースだったため、登板機会なし。2年秋の関東大会からエースになるが水戸商業に初戦敗退。3年春は県大会で東農大三高に惜敗。3年夏の埼玉県大会では春日部共栄に9回表二死まで3-1とリードしていたが、味方のエラーで逆転され県大会ベスト8にとどまった。また、日本代表としてアジアAAA選手権に出場した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た大引啓次

    1500投球回数:2016年7月30日、対東京ヤクルトスワローズ16回戦(東京ドーム)、6回表3死目に大引啓次を空振り三振で達成 ※史上172人目大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た内川聖一

    、開幕から6連敗。9月5日の対横浜ベイスターズ戦(長崎)では、8回二死まで1人の走者も許さなかったが、内川聖一に左前安打を打たれ完全試合を逃し、9回二死から石井琢朗にソロ本塁打を浴び、プロ初完封も逃すも自身2年ぶりとなる完投勝利。シーズン全体では、前年と比較して四死球は減少したが、リーグワーストの13敗を喫する。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た東北楽天ゴールデンイーグルス

    、新たに覚えたチェンジアップを武器に4月29日の対読売ジャイアンツ戦で開幕初完封・初勝利を挙げる。この試合から5月31日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦6回途中までセ・リーグ歴代6位となる43イニング連続無失点を記録し、佐々岡真司の持つ30イニング連続無失点の球団記録を大幅に更新。5月は月間4勝0敗、防御率0.51の成績で、自身初となる月間MVPを受賞した。前半戦を6勝4敗で終えると、ファン投票、選手間投票ともに1位でオールスターに選出、地元広島で開催された第2戦で先発している。後半戦は好投するも勝ち星が伸びなかったが、10月10日のチーム最終戦(緒方孝市の引退試合)をプロ入り初の無四球完封で締め、4年ぶりに10勝に到達。防御率2.81、投球回185.2はいずれもキャリアハイとなった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たロサンゼルス・ドジャース

    、3月28日の開幕戦で初の開幕投手で8回を4安打1失点と好投(勝負つかず)。ロサンゼルス・ドジャースに移籍した黒田博樹に代わるエース候補として期待されたが、前半戦は5勝10敗。7月31日のオールスターゲームに同僚のコルビー・ルイスの代役として初出場。2回2安打無失点と好投。後半戦はルイスらが一時離脱する中、唯一ローテーションを守り続けて4年連続の規定投球回に到達し、最終的に9勝12敗まで持ち直した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たニュースキャスター

    、5月12日の対中日戦では右肩を故障して以降で最多の128球を投げ、6月5日の対日本ハム戦で通算1000投球回を達成した。前半戦を6連勝で監督推薦で3年ぶりのオールスター出場。自身最多の11勝をあげ、2年ぶりに規定投球回数に到達し、セ・リーグでは平野恵一以来4年ぶりのカムバック賞を受賞した。オフの11月6日に、「侍ジャパンマッチ2012「日本代表 VS キューバ代表」」の日本代表が発表され代表入りした。ここでは、2試合3イニングを無失点と好投した。シーズン開始前の1月にはNHK静岡のキャスター・光部杏里と結婚することを発表し、12月に結婚式を挙げた。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た全国高等学校野球選手権埼玉大会

    浦和学院高2年夏に甲子園で2回戦で敗退。当時は1学年上の坂元弥太郎がエースだったため、登板機会なし。2年秋の関東大会からエースになるが水戸商業に初戦敗退。3年春は県大会で東農大三高に惜敗。3年夏の埼玉県大会では春日部共栄に9回表二死まで3-1とリードしていたが、味方のエラーで逆転され県大会ベスト8にとどまった。また、日本代表としてアジアAAA選手権に出場した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た開幕投手

    、3月28日の開幕戦で初の開幕投手で8回を4安打1失点と好投(勝負つかず)。ロサンゼルス・ドジャースに移籍した黒田博樹に代わるエース候補として期待されたが、前半戦は5勝10敗。7月31日のオールスターゲームに同僚のコルビー・ルイスの代役として初出場。2回2安打無失点と好投。後半戦はルイスらが一時離脱する中、唯一ローテーションを守り続けて4年連続の規定投球回に到達し、最終的に9勝12敗まで持ち直した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

73件中 21 - 30件表示

「大竹寛」のニューストピックワード