73件中 41 - 50件表示
  • 大竹寛

    大竹寛から見たシュート (球種)

    はワインドアップのフォームに戻し、新たにシュートを習得する。開幕前に「勝てる投手への脱皮」を宣言し、公約通り春先は非常に安定した投球を見せた。5月には5連敗。9月23日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でプロ入り初の完封勝利。この年は9勝を挙げ、3年連続で規定投球回を超えた。前年リーグワーストだった被本塁打数を25から15に減らした。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た全球団勝利

    、3月30日の対阪神戦(東京ドーム)で移籍後初登板で先発、7回途中を2失点として、打っては自身初の1試合3安打で試合は12対3で勝利し、移籍後初勝利を挙げた。4月26日の対広島戦(マツダスタジアム)では5回0/3を投げて4失点だったが味方打線の援護に助けられ、試合は11対5で勝利し大竹が勝利投手となり、NPB史上15人目の全球団勝利を達成した シーズン通しては中日から一人で6勝を挙げ同カードでの勝ち越しに大きく貢献した。9月初旬に肩を痛め戦線を離脱し規定投球回には到達できず阪神とのCSでも登板はなかった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た暴投

    、先発ローテに定着し、リーグ最多の先発登板28回を記録、防御率5点台ながら自身初となる2桁勝利を挙げた。このシーズンは奪三振数が多く、最多奪三振のタイトルこそ逃したが、奪三振率はリーグ最高の数字を残した。しかし、与四球、ボーク、暴投、失点、自責点のワースト5冠となり、リーグ13年ぶりの失点が100を超えた投手となった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た水戸商業

    浦和学院高2年夏に甲子園で2回戦で敗退。当時は1学年上の坂元弥太郎がエースだったため、登板機会なし。2年秋の関東大会からエースになるが水戸商業に初戦敗退。3年春は県大会で東農大三高に惜敗。3年夏の埼玉県大会では春日部共栄に9回表二死まで3-1とリードしていたが、味方のエラーで逆転され県大会ベスト8にとどまった。また、日本代表としてアジアAAA選手権に出場した。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た愛は勝つ

    愛は勝つ」KAN (2014年 - )大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た千葉マリンスタジアム

    初セーブ:2004年5月29日、対ヤクルトスワローズ10回戦(千葉マリンスタジアム)、9回裏に2番手として救援登板・完了、1回無失点大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た速球

    平均球速約143km/hの速球とキレのあるスライダーが武器の本格派右腕。他の球種は90km/h台のカーブ、右打者の懐をえぐるシュート、2009年に習得したチェンジアップなど。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た自責点

    、先発ローテに定着し、リーグ最多の先発登板28回を記録、防御率5点台ながら自身初となる2桁勝利を挙げた。このシーズンは奪三振数が多く、最多奪三振のタイトルこそ逃したが、奪三振率はリーグ最高の数字を残した。しかし、与四球、ボーク、暴投、失点、自責点のワースト5冠となり、リーグ13年ぶりの失点が100を超えた投手となった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た2013年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    4月14日に国内FA権を取得。監督推薦で出場したオールスターゲームでは第3戦で3回を1安打無失点に抑え敢闘賞を受賞。9月30日の対巨人戦で2年連続の10勝、チームでは26年ぶりに2桁勝利投手が4人出た。10月16日、巨人とのクライマックスシリーズの初戦(東京ドーム)で先発し、6回4安打2失点で同点のまま降板し、その後チームは逆転負けで大竹に勝ち負けはつかず。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た明治神宮野球場

    初完投勝利:2004年4月21日、対ヤクルトスワローズ5回戦(明治神宮野球場)、9回1失点大竹寛 フレッシュアイペディアより)

73件中 41 - 50件表示

「大竹寛」のニューストピックワード