73件中 51 - 60件表示
  • 大竹寛

    大竹寛から見たカーブ (球種)

    平均球速約143km/hの速球とキレのあるスライダーが武器の本格派右腕。他の球種は90km/h台のカーブ、右打者の懐をえぐるシュート、2009年に習得したチェンジアップなど。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た長崎県営野球場

    、開幕から6連敗。9月5日の対横浜ベイスターズ戦(長崎)では、8回二死まで1人の走者も許さなかったが、内川聖一に左前安打を打たれ完全試合を逃し、9回二死から石井琢朗にソロ本塁打を浴び、プロ初完封も逃すも自身2年ぶりとなる完投勝利。シーズン全体では、前年と比較して四死球は減少したが、リーグワーストの13敗を喫する。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た投手

    大竹 寛(おおたけ かん、1983年5月21日 - )は、埼玉県八潮市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は読売ジャイアンツに所属。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たプロ野球選手

    大竹 寛(おおたけ かん、1983年5月21日 - )は、埼玉県八潮市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は読売ジャイアンツに所属。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た完全試合

    、開幕から6連敗。9月5日の対横浜ベイスターズ戦(長崎)では、8回二死まで1人の走者も許さなかったが、内川聖一に左前安打を打たれ完全試合を逃し、9回二死から石井琢朗にソロ本塁打を浴び、プロ初完封も逃すも自身2年ぶりとなる完投勝利。シーズン全体では、前年と比較して四死球は減少したが、リーグワーストの13敗を喫する。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たボーク

    、先発ローテに定着し、リーグ最多の先発登板28回を記録、防御率5点台ながら自身初となる2桁勝利を挙げた。このシーズンは奪三振数が多く、最多奪三振のタイトルこそ逃したが、奪三振率はリーグ最高の数字を残した。しかし、与四球、ボーク、暴投、失点、自責点のワースト5冠となり、リーグ13年ぶりの失点が100を超えた投手となった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たスライダー (球種)

    平均球速約143km/hの速球とキレのあるスライダーが武器の本格派右腕。他の球種は90km/h台のカーブ、右打者の懐をえぐるシュート、2009年に習得したチェンジアップなど。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た規定投球回

    はワインドアップのフォームに戻し、新たにシュートを習得する。開幕前に「勝てる投手への脱皮」を宣言し、公約通り春先は非常に安定した投球を見せた。5月には5連敗。9月23日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)でプロ入り初の完封勝利。この年は9勝を挙げ、3年連続で規定投球回を超えた。前年リーグワーストだった被本塁打数を25から15に減らした。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見たウエスタン・リーグ

    、3月28日のウエスタン・リーグで9ヶ月ぶりに対外試合に登板した。5月21日の対オリックス戦で1年ぶりに登板。同月28日の対北海道日本ハムファイターズ戦で稲葉篤紀の打球を右手に受け途中降板。右手小指の粉砕骨折と診断され、前半戦を棒に振る。10月1日の対巨人戦で約4ヶ月ぶりに復帰し、同月23日の対阪神タイガース戦で1年4ヶ月ぶりの勝利投手となるが、結果的には6試合に登板で1勝1敗に終わった。大竹寛 フレッシュアイペディアより)

  • 大竹寛

    大竹寛から見た東京ドーム

    1000奪三振:2015年5月27日、対埼玉西武ライオンズ2回戦(東京ドーム)、2回表に森友哉から空振り三振 ※史上142人目大竹寛 フレッシュアイペディアより)

73件中 51 - 60件表示

「大竹寛」のニューストピックワード