前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示
  • 大宮SK

    大宮SKから見た大野智大野智

    大宮SK(おおみやえすけい)とは、日本の男性アイドルグループ・「嵐」のメンバーである大野智と二宮和也のユニットである。大宮SK フレッシュアイペディアより)

  • 怪物くん (テレビドラマ)

    怪物くん (テレビドラマ)から見た大野智大野智

    2010年4月17日から6月12日、日本テレビの土曜ドラマ枠で放送された。主演は嵐の大野智で、撮影にシネマ風エフェクトを用いている。地上アナログ放送では同作品より16:9レターボックス映像で放送。怪物くん (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ユカイツーカイ怪物くん

    ユカイツーカイ怪物くんから見た大野智大野智

    「ユカイツーカイ怪物くん」(ユカイツーカイかいぶつくん)は、声優の野沢雅子が、自身の主演するテレビアニメ『怪物くん』(1980年版)の主題歌として歌唱した楽曲及びシングル。後に嵐の大野智が、自身の主演するテレビドラマ版『怪物くん』の挿入歌としてカバーした。本稿では両方について解説する。ユカイツーカイ怪物くん フレッシュアイペディアより)

  • Believe/曇りのち、快晴

    Believe/曇りのち、快晴から見た大野智大野智

    「曇りのち、快晴」は、リーダーの大野智主演のテレビ朝日系連続ドラマ『歌のおにいさん』の主題歌。「矢野健太」とは同作で大野が演じた主人公の役名であり、劇中では健太がボーカルを務めていたバンドのメンバーであるソースケが作った曲に、健太が歌詞を付けたという設定で使用されている。コンサート『ARASHI Anniversary Tour 5×10』では大野がソロで歌った。Believe/曇りのち、快晴 フレッシュアイペディアより)

  • 魔王 (2008年のテレビドラマ)

    魔王 (2008年のテレビドラマ)から見た大野智大野智

    『金曜ドラマ・魔王』(きんようドラマ・まおう)は、TBS系列で2008年7月4日から同年9月12日まで毎週金曜日の22:00-22:54(JST)に放送されていた日本のテレビドラマ。全11話。主演は大野智と生田斗真。魔王 (2008年のテレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイ・ストーム

    ジェイ・ストームから見た大野智大野智

    テンセイクンプー ?転世薫風? - 大野智ジェイ・ストーム フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見た大野智大野智

    「ユカイツーカイ怪物くん」以外の3曲では、歌唱時に当該作品の登場キャラクターがバックダンサーとして着ぐるみで登場していた(応援ゲストなどを参照)。「ユカイツーカイ怪物くん」の歌唱時にはこの年4月 - 6月に放送された日本テレビ系ドラマ『怪物くん』で主演を務めた嵐の大野智に加え、それぞれオオカミ男およびドラキュラ役で出演していた上島竜兵(ダチョウ倶楽部)、八嶋智人が登場。テロップにおいて、大野智は「怪物くん」名義で表示された。フランケン役のチェ・ホンマンはスケジュールの関係で登場しなかった(番組内では「フランケンは怪物ランドから応援している」との設定)。また、同作でデモキン演じた出場歌手でもあったTOKIOの松岡昌宏との絡みもなかった。最終結果は引き分けであった。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • マイガール (嵐の曲)

    マイガール (嵐の曲)から見た大野智大野智

    表題曲は、メンバーの相葉雅紀が主演を務めたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『マイガール』の主題歌。嵐名義でテレビ朝日の連続ドラマ主題歌を手掛けたのは「瞳の中のGalaxy」以来となり、同枠では初となった。また、「Beautiful days」などと同じく、嵐のシングル曲としては珍しく、テレビで披露される時は踊らず、場所を動くだけの演出となっている。カップリング曲の「時計じかけのアンブレラ」は、メンバーの大野智が主演を務めたフジテレビ系ドラマ『0号室の客』主題歌。フジテレビ系でのドラマ主題歌はデビューシングルのカップリング「明日に向かって」以来約10年振りとなり、カップリング曲自体でのドラマタイアップも同曲以来となった。なお、曲中にはメンバーの櫻井翔のラップが含まれており、カップリング曲にラップが含まれているのは「Still...」以来である。マイガール (嵐の曲) フレッシュアイペディアより)

  • ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY

    ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPYから見た大野智大野智

    青山大学合格を目指し浪人生活を決意したシュン(相葉雅紀)、高校を退学させられ地元の弱小暴走族を続けるチュウ(櫻井翔)、板前修業の道を選んだボン(松本潤)、スーパーマーケットに就職の決まったハル(大野智)、そして前作でカリフォルニアに旅立ったタクマ(二宮和也)。新たな道へ踏み出した5人は、バラバラになってしまった。しかし、突然タクマが帰国し、ボン以外の4人が再会する。しかし、タクマが帰った八塩団地では団地の一部を取り壊し「八塩ヒルズ」というビルを建設しようとする自治体と、反対派住民グループ「八塩ピース」との間で激しい戦いが繰り広げられていた。八塩ピースの指導者である辻風真澄(櫻井淳子)は実は自治体の刺客だった。それを知ったボンは小型カメラを作り、自治体と真澄の密会の撮影を成功させる。そんな中、真澄の作戦にまんまと嵌ってしまったハルは「八塩ピース」の幹部になってしまう。ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY フレッシュアイペディアより)

  • 今日の日はさようなら (テレビドラマ)

    今日の日はさようなら (テレビドラマ)から見た大野智大野智

    原作は、幸和也の本『大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来』(文芸社文庫)。 悪性リンパ腫の発覚から辛い闘病生活、再発、そして余命宣告を受けた青年の生涯を描く。主演は嵐の大野智今日の日はさようなら (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
171件中 1 - 10件表示

「大野智」のニューストピックワード