753件中 71 - 80件表示
  • 大阪府

    大阪府から見た三洋電機

    三洋電機(守口市)パナソニックの完全子会社。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た小林製薬

    小林製薬(大阪市中央区)大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た仁徳天皇

    古代には仁徳天皇の難波高津宮、孝徳天皇の難波長柄豊碕宮(前期難波宮)、聖武天皇の難波宮(後期難波宮)など、長岡京遷都までは一貫して首都や陪都(副都)として扱われた。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た孝徳天皇

    古代には仁徳天皇の難波高津宮、孝徳天皇の難波長柄豊碕宮(前期難波宮)、聖武天皇の難波宮(後期難波宮)など、長岡京遷都までは一貫して首都や陪都(副都)として扱われた。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た坂上田村麻呂

    平安時代においては、淀川の河口に位置するこの地は京都と水運で結ばれ、この水運を介しての関係はその後明治時代に鉄道が敷設されるまで続くことになる。平安時代初期に征夷大将軍の坂上田村麻呂の三男の坂上広野が摂津国住吉郡平野庄(大阪市平野区)の領主となり、その子孫といわれる坂上氏の一族が中世の平野の自治を担った。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た坂上広野

    平安時代においては、淀川の河口に位置するこの地は京都と水運で結ばれ、この水運を介しての関係はその後明治時代に鉄道が敷設されるまで続くことになる。平安時代初期に征夷大将軍の坂上田村麻呂の三男の坂上広野が摂津国住吉郡平野庄(大阪市平野区)の領主となり、その子孫といわれる坂上氏の一族が中世の平野の自治を担った。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た継体天皇

    古代から瀬戸内海を経る航路の終着点として住吉大社(大阪市住吉区)近くのの住吉津が機能していた。住吉津は大和王権と深いつながりがあり、住吉津を管理していた住吉大社は大和王権直属の社だった。「古事記」や「日本書紀」よると大和政権下、仁徳天皇の難波高津宮、反正天皇の丹比柴籬宮、継体天皇が即位した樟葉宮、敏達天皇の百済大井宮など、現在の大阪府の土地には多くの天皇のもと都が置かれ、大仙陵古墳(仁徳天皇陵/堺市)を始めとする百舌鳥古墳群や古市古墳群等大小多数の天皇陵/古墳が河内地域を中心に造られた。593年には日本最古の寺院の1つである四天王寺(大阪市天王寺区)が建立され、645年12月(大化の改新後)には孝徳天皇が遷都、難波長柄豊碕宮(前期難波宮/大阪市中央区)が造営された。なおこの難波長柄豊碕宮は「日本で最初の本格的な首都」と位置づけられている。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た聖武天皇

    古代には仁徳天皇の難波高津宮、孝徳天皇の難波長柄豊碕宮(前期難波宮)、聖武天皇の難波宮(後期難波宮)など、長岡京遷都までは一貫して首都や陪都(副都)として扱われた。大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た緒方洪庵

    江戸時代に入ると、大坂は全国の経済・商業の一大中心地として繁栄し、「天下の台所」と称された。全国からの航路が集まる大坂には、諸藩の蔵屋敷が立ち並び、また諸国からの物産の集積地でもあったためそれらを扱う大商人も登場した。中でも年貢米の集積地であった堂島では、世界初の公設先物取引所たる「堂島米会所」が開かれ、中之島とともに大坂経済の中心となった。経済都市として熟成する環境の中で、様々な芸術も成長・発展を遂げた。上方文化の中心は次第に京から大坂へと移り、浮世絵草子の井原西鶴や劇作家の近松門左衛門といった文筆家、上田秋成・富永仲基らなど後世の歴史に名を残す多数の優秀な学者を輩出した。また同時代に興った植村文楽軒の芝居を起源とする文楽(大坂人形浄瑠璃芝居)は2009年に「ユネスコ世界無形文化遺産」に登録されている。1837年(天保8年)には陽明学者で私塾洗心洞を構えていた大塩平八郎が窮民救済のために大塩平八郎の乱を起こした。幕末、緒方洪庵が開いていた適塾からは福澤諭吉や大村益次郎、大鳥圭介など後の明治を代表する才覚を生み出した。【なお江戸時代に置かれた藩は幕府直轄として大坂城(摂津国)があり、高槻藩、麻田藩、河内国には丹南藩、狭山藩が、和泉国には伯太藩、岸和田藩があった。】大阪府 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府

    大阪府から見た近松門左衛門

    江戸時代に入ると、大坂は全国の経済・商業の一大中心地として繁栄し、「天下の台所」と称された。全国からの航路が集まる大坂には、諸藩の蔵屋敷が立ち並び、また諸国からの物産の集積地でもあったためそれらを扱う大商人も登場した。中でも年貢米の集積地であった堂島では、世界初の公設先物取引所たる「堂島米会所」が開かれ、中之島とともに大坂経済の中心となった。経済都市として熟成する環境の中で、様々な芸術も成長・発展を遂げた。上方文化の中心は次第に京から大坂へと移り、浮世絵草子の井原西鶴や劇作家の近松門左衛門といった文筆家、上田秋成・富永仲基らなど後世の歴史に名を残す多数の優秀な学者を輩出した。また同時代に興った植村文楽軒の芝居を起源とする文楽(大坂人形浄瑠璃芝居)は2009年に「ユネスコ世界無形文化遺産」に登録されている。1837年(天保8年)には陽明学者で私塾洗心洞を構えていた大塩平八郎が窮民救済のために大塩平八郎の乱を起こした。幕末、緒方洪庵が開いていた適塾からは福澤諭吉や大村益次郎、大鳥圭介など後の明治を代表する才覚を生み出した。【なお江戸時代に置かれた藩は幕府直轄として大坂城(摂津国)があり、高槻藩、麻田藩、河内国には丹南藩、狭山藩が、和泉国には伯太藩、岸和田藩があった。】大阪府 フレッシュアイペディアより)

753件中 71 - 80件表示

「大阪のできごと」のニューストピックワード