大阪ゴールドビリケーンズ ニュース&Wiki etc.

大阪ゴールドビリケーンズ(おおさかゴールドビリケーンズ、Osaka Gold Villicanes)は、プロ野球ジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)に所属する大阪府のクラブチームである。2008年に発足し、2009年は関西独立リーグに加盟していた。 (出典:Wikipedia)

「大阪ゴールドビリケーンズ」最新ニュース

「大阪ゴールドビリケーンズ」Q&A

  • Q&A

    大阪ゴールドビリケーンズのHP閉鎖?球団の存続は?一体どぉなってるのでしょうか?花園…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年11月14日 11:51

  • Q&A

    野球賭博問題で解雇された関西独立リーグ・大阪ゴールドビリケーンズの8選手は今後も野球…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2010年7月1日 01:46

  • Q&A

    今大相撲でも独立リーグでもプロ野球賭博が流行って?ますが、大阪ゴールドビリケーンズの…

    [続きを読む]

    回答数:4質問日時 - 2010年6月26日 04:35

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「大阪ゴールドビリケーンズ」のつながり調べ

  • 万博記念公園野球場

    万博記念公園野球場から見た大阪ゴールドビリケーンズ

    2009年より独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズ主催の公式戦が開催されていた。(万博記念公園野球場 フレッシュアイペディアより)

  • 賭博

    賭博から見た大阪ゴールドビリケーンズ

    特に野球賭博は高校野球において行なわれることが多い。短期間(センバツならおおよそ2~3週間、夏なら4週間程度)で優勝校が決まることと、トーナメント形式で敗退チームが姿を消すことから職場ぐるみで上司など立場が上の者が「胴元」となって行なっているケースが少なからずあるという。最近では2010年、大相撲の力士や親方が野球賭博を行い、解雇処分や謹慎など厳しい処分が行なわれたり、独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズの選手が同じく野球賭博を行なって解雇処分になった例があるが、いずれも主にプロ野球を賭博の対象としており、暴力団員などが胴元となって「ハンデ師」と呼ばれるチームに「ハンデ」といわれるオッズを付けていた。大相撲での事件の場合は、賭けで得た払戻金の支払いを求めた力士が逆に恐喝を受けたりするなど、結局は利益が胴元である暴力団にそのまま流れていくことが珍しくない。(賭博 フレッシュアイペディアより)

「大阪ゴールドビリケーンズ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「大阪ゴールドビリケーンズ」のニューストピックワード