28件中 11 - 20件表示
  • 西浦克拓

    西浦克拓から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    2009年、関西独立リーグ・大阪ゴールドビリケーンズのコーチに就任。関西独立リーグの公式サイトによれば身長は176cmとなっている。2010年7月、選手登録され選手兼任コーチとして現役復帰。西浦克拓 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲野球賭博問題

    大相撲野球賭博問題から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    大阪ゴールドビリケーンズ(プロ野球独立リーグジャパン・フューチャーベースボールリーグ) - 2010年6月に8名の所属選手による野球賭博関与が明るみになり、いずれも即解雇処分となっている。大相撲野球賭博問題 フレッシュアイペディアより)

  • 神戸9クルーズ

    神戸9クルーズから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    2009年9月22日の大阪ゴールドビリケーンズ戦は、選手がわずか10人で試合をする異常事態となった。これは選手10人が横浜ベイスターズの入団テストを受けに行ったためである。試合は、村上眞一監督代行が指名打者に、衣川幸夫コーチが捕手に、投手の小園司がファースト、さらに吉田えりが先発し、好投するも、試合は0-8で敗れている。神戸9クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • 村上 隆行

    村上隆行から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    引退後はスカイ・Aで野球解説者を務める他、ABCテレビの「おはよう朝日です」にもスポーツキャスターとして出演していた。また少年野球で指導を行っていたほか、神戸市で居酒屋を運営していた。、は日刊スポーツ評論家も務めた。、新設された大阪ゴールドビリケーンズの監督に就任し、同年の関西独立リーグで前後期ともに優勝している。「おはよう朝日です」には引き続き出演し、試合のない日にはJ SPORTS STADIUMの解説にも登場している。6月25日に発表されたチームの選手8人が野球賭博に関わっていた事件が発覚し、翌日から番組出演を自粛した。また事件に関与した選手が退団して選手が減少したため、7月30日に内野手として選手登録され現役復帰した。同年オフにチームが解散している。村上隆行 フレッシュアイペディアより)

  • トゥルーマサ

    トゥルーマサから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    村上隆行(野球解説者→大阪ゴールドビリケーンズ監督。2007年より所属)トゥルーマサ フレッシュアイペディアより)

  • 06BULLS

    06BULLSから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    2011年6月28日に関西独立リーグが、スポーツクリエイション(NPO法人申請予定、大阪市鶴見区)を運営母体とした新球団の準加盟申請を承認。元近鉄バファローズ選手で大阪ゴールドビリケーンズの監督も務めた村上隆行が監督に就任。06BULLS フレッシュアイペディアより)

  • 平下晃司

    平下晃司から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    2009年、関西独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズに選手兼任コーチとして入団。球団が解散した2010年限りで退団し、引退。その後は昼は野球教室のコーチを務めつつ、大阪市中央区に豚肉料理店「うかじ家」を開業し、店主を務めていた。平下晃司 フレッシュアイペディアより)

  • 岸敬祐

    岸敬祐から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    なお、関西学生野球リーグでの通算成績は4勝10敗。4年時には大手保険会社への就職が内定していたが、独立リーグの入団テストを受験。関西独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズに入団する。岸敬祐 フレッシュアイペディアより)

  • 吉田 えり

    吉田えりから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    3月27日に関西独立リーグ開幕戦の対大阪ゴールドビリケーンズ戦(京セラドーム大阪)で、9回裏から2番手としてリリーフとして初登板する。同年は先発1試合を含む11試合に登板、11回2/3を投げて0勝2敗、防御率4.63。10月に神戸9クルーズを退団し、「アメリカの球団からオファーがあった場合はそちらを優先する」という条件で12月にジャパン・フューチャーベースボールリーグの三重スリーアローズと入団合意。吉田えり フレッシュアイペディアより)

  • 賭博

    賭博から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    特に野球賭博は高校野球において行なわれることが多い。短期間(センバツならおおよそ2~3週間、夏なら4週間程度)で優勝校が決まることと、トーナメント形式で敗退チームが姿を消すことから職場ぐるみで上司など立場が上の者が「胴元」となって行なっているケースが少なからずあるという。最近では2010年、大相撲の力士や親方が野球賭博を行い、解雇処分や謹慎など厳しい処分が行なわれたり、独立リーグの大阪ゴールドビリケーンズの選手が同じく野球賭博を行なって解雇処分になった例があるが、いずれも主にプロ野球を賭博の対象としており、暴力団員などが胴元となって「ハンデ師」と呼ばれるチームに「ハンデ」といわれるオッズを付けていた。大相撲での事件の場合は、賭けで得た払戻金の支払いを求めた力士が逆に恐喝を受けたりするなど、結局は利益が胴元である暴力団にそのまま流れていくことが珍しくない。賭博 フレッシュアイペディアより)

28件中 11 - 20件表示

「大阪ゴールドビリケーンズ」のニューストピックワード