1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示
  • 石毛 博史

    石毛博史から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    引退後は柴田佳主也と共に大阪市内のスポーツ用品店に勤務していたが、に大阪ゴールドビリケーンズ投手コーチに就任。7月には現役復帰。9月28日の香川オリーブガイナーズ戦で勝利投手となる。大阪ゴールドビリケーンズが同年限りで解散したため、現役復帰は約3ヶ月で終了した。石毛博史 フレッシュアイペディアより)

  • NOMOベースボールクラブ

    NOMOベースボールクラブから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    碩野佑紀捕手(2008年、大阪ゴールドビリケーンズNOMOベースボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 日本プロ野球

    日本プロ野球から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    2009年シーズンより開始。大阪エキスポセブンティーズや三重スリーアローズが加入する予定があったが、いずれも独自にリーグを結成する方針に変更した。また、初年度参加の大阪ゴールドビリケーンズは2009年のシーズン終了後に脱退し、2010年シーズンから韓国人選手主体のソウル・ヘチ(旧コリア・ヘチ→韓国ヘチ)が加盟した。2011年からは大阪ホークスドリームのほか、2010年限りで休止した神戸9クルーズの選手を引き継いだ兵庫ブルーサンダーズ、チームの権利を引き継いだフォレストホームの設立による神戸サンズが参加した。一方、明石レッドソルジャーズは代表者の死去などに伴い、2011年から活動を休止している。2012年度は06BULLSと大和侍レッズの2球団が加入する一方、大阪ホークスドリームやソウル・ヘチはリーグ戦への参加を休止した。2012年度終了後、大阪ホークスドリームはリーグを脱退してクラブチームに変更、神戸サンズと大和侍レッズは活動を休止した。このため、リーグ発足当時から残っている球団は紀州レンジャーズのみとなっている。日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 大牟田市

    大牟田市から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    村上隆行(元プロ野球選手・野球解説者・大阪ゴールドビリケーンズ監督)大牟田市 フレッシュアイペディアより)

  • ビリケン

    ビリケンから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    2009年、大阪を本拠地とする独立リーグ球団・大阪ゴールドビリケーンズが発足。ビリケン フレッシュアイペディアより)

  • おはよう朝日です

    おはよう朝日ですから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    平日版・木曜(当時)と土曜版スポーツ&スポーツ担当の村上隆行が、自身が監督を務める大阪ゴールドビリケーンズの選手8人が野球賭博に関わっていた事件で事情聴取中などの理由により、2010年6月26日放送から当面の番組出演を自粛。同日放送のオープニングで村上からの視聴者へのメッセージを上田が代読した。出演自粛中の平日版・木曜は中田良弘が出演、土曜版は代役を立てず上田が1人でスポーツ&スポーツを担当。2010年7月24日放送のスポーツ&スポーツより復帰し、コーナー冒頭で村上が謝罪を行った。おはよう朝日です フレッシュアイペディアより)

  • 選手兼任監督

    選手兼任監督から見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    日本の独立リーグでは、2010年途中に村上隆行が大阪ゴールドビリケーンズ、2011年にマック鈴木が神戸サンズ、2012年に高津臣吾が新潟アルビレックス・ベースボール・クラブの選手兼任監督に就任しているほか、2009年に村上信一が神戸9クルーズの監督代行として選手兼任監督を務めた。選手兼任監督 フレッシュアイペディアより)

  • 四国アイランドリーグplus

    四国アイランドリーグplusから見た大阪ゴールドビリケーンズ大阪ゴールドビリケーンズ

    2010年発足のジャパン・フューチャーベースボールリーグ(JFBL)とは、2010年のシーズンに各チームがJFBLと12試合ずつ(大阪と当時JFBLであった三重と各6試合ずつ)の交流戦を行うことが2009年12月1日に双方から発表された。両リーグとも交流戦の成績は公式戦の順位に反映させることになった。2010年前期途中にJFBLの大阪でNPBを対象とした野球賭博に関与していたとして選手8名が解雇になる不祥事が発生し、後期の交流戦については「協議の上で決定」という姿勢を示していたが、7月1日にリーグの定例理事会で後期も引き続き交流戦を実施することが決定された。大阪の試合が不可能となった場合には残る1球団である三重が代替で試合を実施することも想定されたが、最終戦まで予定通り2球団で交流戦が実施された。四国アイランドリーグplus フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
28件中 21 - 28件表示

「大阪ゴールドビリケーンズ」のニューストピックワード