1670件中 51 - 60件表示
  • 土佐中学校・高等学校

    土佐中学校・高等学校から見た大阪大学大阪大学

    天野敦雄 52回生:大阪大学大学院歯学研究科教授土佐中学校・高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大学中之島センター

    大阪大学中之島センターから見た大阪大学大阪大学

    大阪大学中之島センター(おおさかだいがくなかのしまセンター、Osaka University Nakanoshima Center、ONC)は、大阪市北区中之島にある大阪大学の施設。2012年(平成24年)3月31日まではキャンパス・イノベーションセンター(大阪地区)と同じ建物であったが、その後は大阪大学が建物全てを管理している。大阪大学中之島センター フレッシュアイペディアより)

  • 今井功 (物理学者)

    今井功 (物理学者)から見た大阪大学大阪大学

    1914年に関東州大連に生まれ、神戸市で育った。 幼少時より学業に秀で、跳び級制度により小学校5年修了で中学校に入学した。1936年に東京帝国大学理学部物理学科で寺沢寛一教授に師事、卒業してからは、しばらく大阪帝国大学理学部の友近晋教授のもとで助手を務め、2年半のちに東大へ講師として戻り、1942年に助教授、1950年に教授に昇進した。その間、戦中から戦後にかけて「任意翼型の理論」、「遷音速流の理論」、「遅い粘性流の理論」などの各方面で、複素関数論、特に等角写像の方法を自在に操って当時の世界で懸案となっていた難問を次々に解決して世界の研究をリードし、かつ事物の本性に流れの場をみる流体力学的思考を深く身につけた。またその過程で発展させたWKB法の精密化は有名で「今井の方法」の名を得ている。これらの業績により1959年に日本学士院恩賜賞を受賞し、1988年には文化勲章を受章した。今井功 (物理学者) フレッシュアイペディアより)

  • 慶應義塾大学

    慶應義塾大学から見た大阪大学大阪大学

    慶應義塾大学は、中津藩士の福澤諭吉が藩命により江戸築地鉄砲洲(現在の東京都中央区明石町)の中津藩中屋敷内に1858年(安政5年)に開校した蘭学塾を起源に持つ大学である。淵源は、1796年(寛政8年)設置の国学藩校「進脩館」まで遡り、1839年(天保10年)に開塾した「象山書院」及び江川英龍の「韮山塾」等旧私塾の流れを汲む。1863年(文久3年)には蘭学塾から英学塾に改めて、旧幕臣・吉田賢輔等を教授に迎え、1868年(慶應4年/明治元年)前年に木村摂津守の世話により、芝新銭座(現在の港区浜松町)の有馬家控屋敷跡に移転し、年号をとって「慶應義塾」と塾名を定めた。なお、「義塾」とは英語の「public school」(共立学校)の訳語とされ、このとき、中津藩江戸藩邸の蘭学塾から近代私学としての一歩を踏み出した。まもなく、1866年(慶応2年)に親藩・紀州徳川家の藩命を受けて紀州藩士を迎えて塾舎内に「紀州塾」を開設。この他、幕末にかけては「志摩三商会」に脈絡のある三田藩の藩政改革に携わる。1871年(明治4年)に、三田(港区三田)の島原藩中屋敷跡地を貸し下げられ(翌年払い下げを受ける)、現本部所在地に移った。明治以後、官公私立問わず、近代日本の教育制度、大学制度の立ち上げモデルになり、また後に私立大学となる学校の中で最初に授業料を徴収した。廃藩後の1880年(明治13年)までの生徒の割合は越後長岡藩・紀州藩・中津藩(慶應義塾の三藩)を中心とした士族が十中八九であった。1873年(明治6年)に「慶應義塾医学所」を開設。同年10月には分校「大阪慶應義塾」・「京都慶應義塾」(京都集書院)を設立。また福澤諭吉や松下元芳が塾頭を務め、塾生が一部移籍してきた「適塾」(大阪帝国大学医学部)から受けた影響は特に大きく、大坂とのゆかりが深い。1873年(明治6年)に修業年限を定めて正則・変則両科を新設、1875年(明治8年)に本科・予備科となる。1876年(明治9年)に土佐立志学舎の運営に参画。1877年(明治10年)に神戸商業講習所を開校・運営、同年に本科第三等以上修了者に徴兵免役の指令が出され、1896年(明治29年)に改正微兵特典適用、1899年(明治32年)に海軍少主計候補生(主計少尉候補生)の受験資格を得た。1878年(明治11年)には分校「三菱商業学校(明治義塾)」設置に参画。1879年(明治12年)に専門教育課程として夜間法律科(専修学校 (旧制)へ改組)、理学科、支那語科、簿記講習所を設置。1880年(明治13年)には興亜会へ参画。その他、主な関連校に「藍謝堂」(高島学校)、「高山歯科医学院」、「耕余義塾」、「亮天社」、「三田英学校」等がある。1890年(明治23年)に大学部(文学・理財・法律の三科)を開設。明治31年に政治科を開設。1917年(大正6年)大学部に医学科を開設して付属大学病院を開院、北里柴三郎が尽力。1920年(大正9年)には大学令による日本最初の私立大学(旧制大学)として新発足し、文学・経済学・法学・医学の4学部から成る総合大学となり、予科・大学院を付設した。このとき、学事に関する最高意思決定機関として慶應義塾評議員会が設けられた。1942年(昭和17年)に中国大陸および南方の農業開発を目指して農学部を増設しようとした事があり(獣医畜産専門学校)、1947年(昭和22年)には獣医師の免許を得ていた。1944年(昭和19年)に「藤原工業大学」が寄附され工学部を開設。1957年(昭和32年)に商学部を開設。1990年(平成2年)、湘南藤沢キャンパスに総合政策学部・環境情報学部を開設。2008年(平成20年)4月に「共立薬科大学」が合併したことにより、新たに薬学部と薬学研究科を設置して、大学は10学部、大学院は14研究科となった。卒業生は明治初期、官吏、教育界が主流であったが、政変の後、漸次に経済人・実業家が勃興するようになる。また、1880年(明治13年)に日本最古の社交倶楽部「交詢社」を設立した。慶應義塾大学 フレッシュアイペディアより)

  • 国際文化公園都市

    国際文化公園都市から見た大阪大学大阪大学

    茨木市と箕面市にまたがる西部地区、茨木市北部に位置する中部地区と東部地区の3つのクラスターからなり、3地区を合わせた総面積は計743ヘクタール、人口は居住人口50,000人(16,700戸)、施設人口24,000人を予定している。既に造成の終わっている西部地区(313ヘクタール)は既存のニュータウンである粟生間谷住宅や大阪大学箕面キャンパス(旧・大阪外国語大学)と隣接し包み込む形になり、将来予定されている東部地区は既存のニュータウンである茨木サニータウン(山手台)と隣接している。国際文化公園都市 フレッシュアイペディアより)

  • 阪大病院前駅

    阪大病院前駅から見た大阪大学大阪大学

    阪大病院前駅(はんだいびょういんまええき)は、大阪府茨木市美穂ヶ丘にある大阪高速鉄道(大阪モノレール)国際文化公園都市線(彩都線)の駅。駅番号は52。大阪大学吹田キャンパスや大阪大学医学部付属病院の最寄り駅である。駅のすぐ西側を市境が通っており、大阪大学や附属病院は吹田市にある。駅名表示には‘Osaka University Hospital’、車内放送には‘Osaka University Medical Hospital’という英語表記が付属している。阪大病院前駅 フレッシュアイペディアより)

  • 東京外国語大学

    東京外国語大学から見た大阪大学大阪大学

    旧制東京外国語学校を前身とする大学である。東京大学、一橋大学と同じ起源を持ち、また旧大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)とは姉妹校に当たる。東京外国語大学 フレッシュアイペディアより)

  • 音楽学者

    音楽学者から見た大阪大学大阪大学

    一部の音楽学者が副業として音楽評論家を兼ねることがあるが、音楽評論家は音楽大学以外の出身者が多く、音楽評論家が必ずしも音楽学者というわけではない。また日本には、戦前は音楽学が独立した専攻課程として存在する大学はほとんどなく、1949年東京芸術大学音楽学部楽理科の設立(出身者角倉一朗、東川清一、船山隆)までは、普通大学の美学科が本格的な音楽学者を輩出するのが一般的であった(出身者野村良雄、海老沢敏、小泉文夫、服部幸三、皆川達夫、はいずれも東大美学美術史・美学藝術学の出身、礒山雅、長木誠司、渡辺裕らも学部は東大)。普通大学において音楽学が独立した専攻として扱われている大学は、大阪大学(出身者伊東信宏、奥中康人、谷正人)のみである。音楽学者 フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2010年

    訃報 2010年から見た大阪大学大阪大学

    3月7日 - 藤村昌昭、日本のイタリア文化学者、大阪大学教授(* 1947年)訃報 2010年 フレッシュアイペディアより)

  • 西嶋庄次郎

    西嶋庄次郎から見た大阪大学大阪大学

    西嶋 庄次郎(にしじま しょうじろう、1912年 - 2004年(平成16年)12月22日)は口腔解剖学者、大阪大学名誉教授。奈良県生駒郡出身。旧制・大阪府立高津中学校を経て大阪大学卒業。西嶋庄次郎 フレッシュアイペディアより)

1670件中 51 - 60件表示

「大阪大学」のニューストピックワード