374件中 101 - 110件表示
  • 天牛書店

    天牛書店から見た大阪大空襲大阪大空襲

    1945年(昭和20年)3月13日の大阪大空襲で本店と7つの支店を焼失したが、1946年(昭和21年)に小さな店を再開し、千日前や道頓堀中座前、角座前で営業を続けた。1979年(昭和54年)、新一郎の孫にあたる現社長 天牛高志が心斎橋西のアメリカ村に赤い本棚の大型店を開店。天牛書店 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立大宮西小学校

    大阪市立大宮西小学校から見た大阪大空襲大阪大空襲

    1945年 6月  - 大阪大空襲で西校舎が焼失。大阪市立大宮西小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪市立都島小学校

    大阪市立都島小学校から見た大阪大空襲大阪大空襲

    1945年6月7日 - 空襲で校舎全焼。大阪市立都島小学校 フレッシュアイペディアより)

  • 小倉屋山本

    小倉屋山本から見た大阪大空襲大阪大空襲

    大阪大空襲で全焼した店を復興するにあたり、屋号を「小倉屋山本」と改名する。小倉屋山本 フレッシュアイペディアより)

  • 同和ビルヂング

    同和ビルヂングから見た大阪大空襲大阪大空襲

    大阪大空襲の際には若干の被害を受けるも破壊を免れた。同和ビルヂング フレッシュアイペディアより)

  • 大阪瓦斯ビルヂング

    大阪瓦斯ビルヂングから見た大阪大空襲大阪大空襲

    1945年(昭和20年)の大阪大空襲では、周りが焼け野原になる中、被害を免れた。日本敗戦後の同年10月4日には、占領軍が2階講演場ならびに6階以上などを接収し、1952年(昭和27年)5月22日の接収解除まで第2宿舎として供された。1966年(昭和41年)には安井の後継者で安井建築設計事務所社長(当時)の佐野正一による設計で北館増築が竣工。現在も大阪ガスの本社屋として使用されている。また、大阪ガスが野村財閥の中核企業だったことから、1階には大阪野村銀行の後身であるりそな銀行の御堂筋支店が入っている。大阪瓦斯ビルヂング フレッシュアイペディアより)

  • 谷水信夫

    谷水信夫から見た大阪大空襲大阪大空襲

    1912年、和歌山県に生まれる。後に大阪府へ移って町工場規模の鉄工所を営んだが、太平洋戦争中に大阪大空襲で工場を焼かれ、一時廃業を余儀なくされた。終戦後は京都府に移り、駄馬による運送業を営んで資力の立て直しを図った。後に新たな鉄工所「マルナカ製作所」を興し、当時人気のあったポン菓子の製造機を量産、関西で8割のシェアを獲得した。1948年より国営競馬の馬主資格を取得し、競走馬の所有を始める。最初の所有馬の名前は「ポンキ(ポン機)」というアラブ馬であった。谷水信夫 フレッシュアイペディアより)

  • 下船場

    下船場から見た大阪大空襲大阪大空襲

    明治以降、堀川を利用した水運は大阪市電や大阪市営バスの登場によって次第に需要が減少した。市電敷設によって、下船場では初めての南北幹線となる現在の四つ橋筋とあみだ池筋が開通している。敗戦後は、大阪大空襲によって大量に出た瓦礫の処分に困った大阪市によって、堀川の順次埋立処分が実行され、1973年(昭和48年)を最後に、人工の堀川は姿を消した。下船場 フレッシュアイペディアより)

  • 阿倍野消防署

    阿倍野消防署から見た大阪大空襲大阪大空襲

    しかし1945年の大阪大空襲により、1945年6月29日に近隣の西成・住吉の両消防署を統合し、阪南消防署に改称した。阪南消防署は阿倍野・西成・住吉(現住之江区の区域含む)の3区を管轄した。阿倍野消防署 フレッシュアイペディアより)

  • 大正消防署

    大正消防署から見た大阪大空襲大阪大空襲

    その後、昭和17年(1942年)から18年(1943年)の間に、北恩加島警備屯所、南恩加島警備屯所、船町警備屯所の3つが開設され、昭和19年(1944年)に全ての警備屯所が出張所に昇格したが、昭和20年(1945年)の大阪大空襲による焼失のため、市内の12ヶ所消防署も被害を受け、大正消防署は統廃合され、臨港消防署に改称した。その後昭和21年(1946年)には西消防署と改称された。大正消防署 フレッシュアイペディアより)

374件中 101 - 110件表示