前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示
  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た松本清張

    『砂の器』 - 松本清張の小説。3月13〜14日の空襲によって被害を受けた真犯人の「本籍再生」が重要なトリックになっている。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た山崎豊子

    『ぼんち』 - 山崎豊子の長編小説。終盤あたりに大阪大空襲の描写がされている。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た手塚治虫

    『どついたれ』 - 手塚治虫の自伝的漫画。自らの体験をもとに大阪大空襲を描いた。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見たフジテレビジョン

    この避難列車については、NHKが1998年3月29日に「列島リレードキュメント」の中で「空襲の夜 地下鉄は走った」と題して放送。それから9年後の2007年7月25日深夜にフジテレビがNONFIXで「千の風プロジェクト 大阪大空襲の夜 地下鉄は走ったのか」と題して取り上げた。番組では証言や分析をふまえながら新たな検証を試み、運行に不可欠な運転手の確保については、(地下鉄構内を貯蔵場とする)非常用物資の移動のために、初電の前に業務用に電車を走らせた可能性もあるとした。また、終電後の送電については、深夜に電車が走ったと思われる電流計器の動きがあったという元職員の証言を紹介した。そのうえで証言や記録から、空襲警報解除後の交通機関に対する救援指令で運行された電車、もしくは初電前の職員輸送用の電車が避難民を発見して輸送したのではないかという仮説を立てたが、決定的な証拠は得られなかった。関係者側の証言がほとんどないことについて、出演した元運転手は「人を助けるのは職務上あまりにも当然のことであり、特別のことではないから、当人達に特別な事をしたという意識がなく、そのため証言が出てこないのではないか」と語っている。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た住友金属

    1945年6月26日、重要工業拠点への精密爆撃を狙っておこなわれた。アメリカ軍の照準点は此花区北港の住友金属(現在の新日鐵住金)製鋼所、および大阪陸軍造兵廠(砲兵工廠)という2つの軍需工場。住友金属には命中したが、砲兵工廠への爆弾はその周辺部に被害を及ぼした。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た大阪市交通局

    この話は長く知られてこなかったが、1997年3月に朝日新聞の「声」欄に京都大学名誉教授の村松繁による心斎橋駅から電車に乗って梅田に逃れた体験談が掲載された。これを受けて大阪市交通局の労働組合(大阪交通労働組合)が調査を開始した。しかし、交通局には戦争末期の市営交通に関する資料がほとんどなく、当時の証言を集めることとなった。この動きを知った毎日新聞大阪社会部の記者が同年7月、記事を掲載するとともに、情報提供を呼びかけた。毎日新聞は同年10月23日に調査結果と分析を掲載した。組合は1998年3月に機関紙「大交」に2回にわたって記事を掲載した。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た新日鐵住金

    1945年6月26日、重要工業拠点への精密爆撃を狙っておこなわれた。アメリカ軍の照準点は此花区北港の住友金属(現在の新日鐵住金)製鋼所、および大阪陸軍造兵廠(砲兵工廠)という2つの軍需工場。住友金属には命中したが、砲兵工廠への爆弾はその周辺部に被害を及ぼした。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た堺市

    1945年6月15日8時44分から10時55分にかけての約2時間10分にわたっておこなわれた。アメリカ軍の照準点は阪神本線出屋敷駅付近、国鉄福知山線支線金楽寺駅付近、西淀川区・神崎大橋南詰、鶴橋駅付近、天王寺駅付近の5か所。この空襲では計511機が来襲し、大阪市および尼崎市をはじめ、堺市や布施市(現在の東大阪市)、豊中市、守口町(現在の守口市)などに被害を及ぼし、477人が死亡した。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た日本放送協会

    この避難列車については、NHKが1998年3月29日に「列島リレードキュメント」の中で「空襲の夜 地下鉄は走った」と題して放送。それから9年後の2007年7月25日深夜にフジテレビがNONFIXで「千の風プロジェクト 大阪大空襲の夜 地下鉄は走ったのか」と題して取り上げた。番組では証言や分析をふまえながら新たな検証を試み、運行に不可欠な運転手の確保については、(地下鉄構内を貯蔵場とする)非常用物資の移動のために、初電の前に業務用に電車を走らせた可能性もあるとした。また、終電後の送電については、深夜に電車が走ったと思われる電流計器の動きがあったという元職員の証言を紹介した。そのうえで証言や記録から、空襲警報解除後の交通機関に対する救援指令で運行された電車、もしくは初電前の職員輸送用の電車が避難民を発見して輸送したのではないかという仮説を立てたが、決定的な証拠は得られなかった。関係者側の証言がほとんどないことについて、出演した元運転手は「人を助けるのは職務上あまりにも当然のことであり、特別のことではないから、当人達に特別な事をしたという意識がなく、そのため証言が出てこないのではないか」と語っている。大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大空襲

    大阪大空襲から見た秋尾沙戸子

    『ワシントンハイツ GHQが東京に刻んだ戦後』 (秋尾沙戸子著 新潮文庫 日本エッセイスト・クラブ賞)大阪大空襲 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
101件中 1 - 10件表示