192件中 11 - 20件表示
  • 浅田均

    浅田均から見た大阪維新の会大阪維新の会

    2009年10月、自民党大阪府議団を離脱し、大阪府議会に会派「自由民主党・ローカルパーティー」を結成。2010年4月、大阪維新の会府議団を結成し、代表に就任する。同月19日には、地域政党「大阪維新の会」の結党に参加し、代表に橋下徹大阪府知事、幹事長に松井一郎大阪府議会議員、政調会長には浅田が就任した。この時に作成された「大阪再生マスタープラン」には、「(大阪)府市統合」「広域行政の一元化」等、従来から浅田が主張してきた政策が盛り込まれている。浅田均 フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た大阪維新の会大阪維新の会

    2010年(平成22年)頃から、地方から政治を変えていこうとする流れが起きており、大阪維新の会や減税日本などの地方政党が徐々に勢力を強めている。首相公選制や参議院を廃止して一院制を導入する議論が提案された。2012年(平成24年)頃には、第46回衆議院議員総選挙の候補者育成のための政治スクールとして、大阪維新の会が開設した維新政治塾。大村秀章愛知県知事が開設した東海大志塾。減税日本の河村たかし名古屋市長個人の河村たかし政治塾が開設された。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 京都維新の会

    京都維新の会から見た大阪維新の会大阪維新の会

    2012年10月5日、自民党所属でかつては京都府議会議長や自民党京都府連幹事長をも務めたこともあり、かねてより国政進出へ意欲を示していた田坂幾太が、橋下徹率いる日本維新の会と連携する政治団体「京都維新の会」の設立を京都府選管に届出て、田坂自身を代表とする京都維新の会が発足する。翌、10月6日午後、代表の田坂が大阪にて橋下や日本維新の会幹事長の松井一郎大阪府知事らと会談した。この場で田坂が「京都で維新の会を立ち上げた。よろしくお願いしたい」と橋下らに言うと、橋下も「一緒に頑張りましょう」と応じ、この会談をもって正式に連携することが合意決定した。さらに、10月11日、代表の田坂が正式に自民党を離党し、党籍を離脱した。それから5日後の10月16日、大阪府庁内で大阪維新の会の今井豊と田坂が会談し、その場で「京都府内での「維新」の取りまとめ役」の役目を京都維新の会が担うよう依頼されたという。最終的には10月24日に、代表の田坂と日本維新の会の副代表である今井豊が、大阪府庁内で面会し、両者が協定書に署名し、正式に連携がスタートした。これに伴い関西では初めて日本維新の会と連携する政治団体が設立されたこととなった。京都維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 2015年の政治

    2015年の政治から見た大阪維新の会大阪維新の会

    4日 - 大阪維新の会、および維新の党、上西小百合衆院議員(比例近畿ブロック選出)を除名。2015年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村洋文

    吉村洋文から見た大阪維新の会大阪維新の会

    吉村 洋文(よしむら ひろふみ、1975年6月17日 - )は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪市長(民選第20代)、大阪維新の会政務調査会長。衆議院議員(1期)、大阪市会議員(1期)、おおさか維新の会政務調査会長(初代)等を務めた。吉村洋文 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の政治

    2017年の政治から見た大阪維新の会大阪維新の会

    大阪府柏原市長選挙で、大阪維新の会推薦で元八尾市職員の冨宅正浩が、自民党・公明党が推薦する候補、日本共産党が推薦する候補など3名を破り初当選。2017年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 竹山修身

    竹山修身から見た大阪維新の会大阪維新の会

    9月29日、大阪維新の会の元市議・西林克敏(現・大阪府議会議員)を6万票の大差で破り、再選。大阪維新の会の公認候補が大阪府内の首長選挙で敗北するのは初。堺市長選の投票率は50.69%で、1971年4月の堺市長選以来の50%超えとなった。竹山修身 フレッシュアイペディアより)

  • 地域政党

    地域政党から見た大阪維新の会大阪維新の会

    前述の国会に議席を擁する政治団体や、大阪維新の会や減税日本や都民ファーストの会のように、首長が関与して地方議会でも一定規模の議席を占める規模の大きい地域政党もあれば、逆に地方議員が1人も所属していない規模の小さい地域政党も存在する。無論、掲げる政策や理念も各地域政党ごとに大きく異なっている。このようにこれといった地域政党の定義はなく一概には言えないが、一般に国政政党のように国政志向ではなく、地方を重視して活動する政治団体が地域政党だとされている。ただし近年では、地域政党を標榜する政治団体の中に、既成政党を離脱した国会議員を受け入れる方針を掲げたり、地域の枠を超え全国に自党の候補の擁立を検討するなどの動きが見られるようになった。つまり地域政党という立場を脱して、国政政党化を目指す政治団体が複数登場してきたということである。そのため前述の定義も、今後変化する可能性もある。地域政党 フレッシュアイペディアより)

  • 平成

    平成から見た大阪維新の会大阪維新の会

    2010年(平成22年)頃から、地方から政治を変えていこうとする流れが起きており、大阪維新の会や減税日本などの地方政党が徐々に勢力を強めている。首相公選制や参議院を廃止して一院制を導入する議論が提案された。2012年(平成24年)頃には、第46回衆議院議員総選挙の候補者育成のための政治スクールとして、大阪維新の会が開設した維新政治塾。大村秀章愛知県知事が開設した東海大志塾。減税日本の河村たかし名古屋市長個人の河村たかし政治塾が開設された。平成 フレッシュアイペディアより)

  • 木本保平

    木本保平から見た大阪維新の会大阪維新の会

    木本 保平(きもと やすひら、1944年(昭和19年)6月16日 - )は、日本の政治家。大阪府茨木市長(第19代)、大阪維新の会いばらき支部副支部長。茨木市議会議長(第41・48・53代)、茨木市議会議員(11期)を歴任した。木本保平 フレッシュアイペディアより)

192件中 11 - 20件表示

「大阪維新の会」のニューストピックワード