103件中 11 - 20件表示
  • 松山維新の会

    松山維新の会から見た大阪維新の会大阪維新の会

    7月12日に松山市役所でおこなった会見で、池本俊英会長は「地域第一、政策中心」といった会の理念を改めて説明、政治団体化を契機に会の活動をさらに活発化させたいと述べた。大阪維新の会や減税日本のような首長新党とは一線を画すという認識を表明している。一方で田坂信一市議会議員は「会の理念に賛同する各団体との連携を深めたい」とコメントし、他地域の地域政党との連携の可能性に言及した。松山維新の会 フレッシュアイペディアより)

  • 減税日本

    減税日本から見た大阪維新の会大阪維新の会

    同年8月17日、河村は同月9日に民主党に離党届を提出した衆議院議員小林興起・小泉俊明の合流を発表した。小林は代表代行、小泉は幹事長に就任する。同月21日、佐藤夕子の衆議院1人会派「佐藤ゆうこ政策研究会」(ただし国会では会派は2人以上と定められているため、1人会派は「国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律」の適用に限られており、国会内では会派に所属しない無所属議員として扱われる)を解消し、小泉・小林は佐藤とともに新会派「減税日本」を届け出る方針を示した。河村は政治団体である減税日本が次期衆院選までに政党要件を満たすため5人以上の所属国会議員の確保を目指しており、小林・小泉は河村の呼びかけに応じた。また河村は同年9月5日の総決起大会までに更に2名以上の国会議員を確保し政党化を実現するとともに、今後も結成が予想される新党や大阪維新の会などとの連携を進め、第三極形成を模索するという考えを示した。同年8月26日、河村は次期衆議院議員総選挙では愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の東海地方4県全33小選挙区への候補者擁立を目指す方針を明らかにした。河村は政党化を目指して10数名の民主党議員や民主党を離党した無所属議員に合流を呼びかけていたが、関西電力大飯原子力発電所の再稼働に反対して民主党を離党した平智之が新会派参加に応じ、同年8月31日、衆議院に新会派「減税日本・平安」(4議席)を届け出た。しかし9月5日の総決起大会までに予定していた人数の国会議員を確保することができず、同日に予定されていた平智之の党合流と政党化発表は見送られた。河村は同年9月7日に改めて政党化について発表するという予定を示していたが、再び延期。民主党代表選挙の流動的な情勢が影響し、河村らが声をかけていた民主党議員の間に模様眺めの雰囲気が広がったほか、連携をめぐり大阪維新の会との温度差が生じ、国会議員の確保が難航した。減税日本 フレッシュアイペディアより)

  • 上山信一

    上山信一から見た大阪維新の会大阪維新の会

    2011年6月- 12月 大阪維新の会政策特別顧問上山信一 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田薫

    倉田薫から見た大阪維新の会大阪維新の会

    2011年、大阪府知事選挙に無所属で出馬したが、大阪維新の会の松井一郎に敗れ落選。その後、自身の辞職に伴い実施される池田市長選挙への再出馬を断念し、政界引退を表明した。倉田薫 フレッシュアイペディアより)

  • 都道府県知事

    都道府県知事から見た大阪維新の会大阪維新の会

    前述の青島知事、横山知事が政党の公認や支持を得ない、いわゆる「無党派」知事であったことや、55年体制の崩壊などによる政界再編で国政政党と地方会派の結びつきが弱くなっている現状から、近年、国政政党の公認を受けるケースはまれである。ただし、政党の党員であっても選挙では無所属として当選した人物は少なくない。現職の知事で国政政党の公認を得て知事選で当選した者は一人もおらず、地域政党など「その他の政治団体」を含めても、大阪府の松井一郎(大阪維新の会公認)のみである。直近の国政政党による公認者の当選例は2007年、群馬県の大沢正明(自民党公認)であり、彼は1996年の富山県知事選挙で再選した中沖豊以来11年ぶりの公認知事となった(なお、大沢は2011年の再選時に無所属に転じた)。しかし、選挙の際には政党が公認ではなく「推薦」または「支持」という形で支援するケースは多く存在する。それでも無党派層を取り込むため、政党の推薦・支持があっても政党色を薄めて選挙を戦うことが多い。都道府県知事 フレッシュアイペディアより)

  • 木本保平

    木本保平から見た大阪維新の会大阪維新の会

    木本 保平(きもと やすひら、1944年(昭和19年)6月16日 - )は、日本の政治家。大阪府茨木市長(第19代)、大阪維新の会いばらき支部副支部長。木本保平 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪都構想

    大阪都構想から見た大阪維新の会大阪維新の会

    近年橋下徹大阪市長と大阪維新の会が実現を目指して構想を掲げている。大阪都構想 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年大阪府知事選挙

    2011年大阪府知事選挙から見た大阪維新の会大阪維新の会

    橋下徹が率いる「大阪維新の会」は「知事選・大阪市長選府市共同マニフェスト」を発表した。マニフェストは、「大阪都構想」、公務員制度を変える「職員基本条例」、教育の仕組みを変える「教育基本条例」など内容としていた。2011年大阪府知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第17回統一地方選挙

    第17回統一地方選挙から見た大阪維新の会大阪維新の会

    諸派には地域政党の大阪維新の会(60名/選挙前28)や減税日本(22名/選挙前1)、日本一愛知の会(24名/選挙前1)を始め、対話でつなごう滋賀の会(8名/選挙前4)、新政みえ(3名/選挙前4)、市民ネットワーク千葉県(4名/選挙前1)、神奈川ネットワーク運動(6名/選挙前1)、新社会党(2名/選挙前1)などが含まれる。第17回統一地方選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の政治

    2012年の政治から見た大阪維新の会大阪維新の会

    11日 - 民主党の松野頼久元官房副長官、石関貴史衆院議員、水戸将史参院議員、自民党の松浪健太元内閣府政務官、みんなの党の小熊慎司、上野宏史、桜内文城 各参院議員がそれぞれ離党届を提出。この国会議員 7名は、橋下徹大阪市長(大阪維新の会代表)が結成する新党・日本維新の会に参加することを正式に確認。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

103件中 11 - 20件表示

「大阪維新の会」のニューストピックワード