前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示
  • 魔法瓶

    魔法瓶から見た大陽日酸大陽日酸

    1909年、日本に初めて魔法瓶が輸入される。これはびんに栓をするだけの単純なものであった。1911年、大阪の日本電球が国産品第1号を開発し、同社が商標登録した魔法瓶という名称が、一般に用いられる。1978年、日本の日本酸素株式会社(現大陽日酸)によりステンレス製の真空断熱魔法瓶が開発される。これ以前にもステンレス製の魔法瓶はアメリカで開発されていたが、粉末の断熱材を使用していた。魔法瓶 フレッシュアイペディアより)

  • 保温調理鍋

    保温調理鍋から見た大陽日酸大陽日酸

    1989年に日本酸素(現:大陽日酸社の子会社のサーモス社)製のシャトルシェフが発売された。中国語では燜燒鍋が商品名となっている。類似商品に鍋を囲む囲いとして、断熱効果を高めた構造を持った商品もある(:en:hayboxを参照)。保温調理鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽日酸

    太陽日酸から見た大陽日酸大陽日酸

    太陽日酸 フレッシュアイペディアより)

  • 大陽東洋酸素

    大陽東洋酸素から見た大陽日酸大陽日酸

    大陽東洋酸素 フレッシュアイペディアより)

  • 日本酸素

    日本酸素から見た大陽日酸大陽日酸

    日本酸素 フレッシュアイペディアより)

  • 東京家政学院筑波女子大学短期大学部

    東京家政学院筑波女子大学短期大学部から見た日本酸素大陽日酸

    これまでの実績では、積水ハウス・パナホーム・奥村組・日本電気・松下電工・プリマハム・クラレ・住友化学工業・トクヤマ・新日軽・日本酸素・呉羽化学工業・三菱化学・トステム・三協アルミニウム工業・タカラスタンダード・クボタ・オムロン・富士通アクセス・SMC・島津製作所・岡村製作所・ノーリツ・オリンパス・三井物産・茨城トヨタ自動車・トヨタカローラ南茨城・ヨコハマタイヤ・エプソン・丸井・丸善・月星商事・三井住友銀行・常陽銀行・関東つくば銀行・足利銀行・伊予銀行・大東銀行・茨城県信用組合・水戸信用金庫・日本生命保険・共栄火災海上保険・三菱倉庫などがある。東京家政学院筑波女子大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • '88さいたま博覧会

    '88さいたま博覧会から見た大陽日酸大陽日酸

    出展者:日本酸素、サイサン、埼玉県、キューアル、関西マルタカ、オムコ、埼玉県薬剤師協会、東部アルビ、トレヴィ、戸崎金属'88さいたま博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 滋賀文教短期大学

    滋賀文教短期大学から見た日本酸素大陽日酸

    子ども学科:幼稚園への就職者が多い傾向にある。小学校教諭に就く人はやや少な目。また、大垣共立銀行・愛媛銀行・湖東信用金庫・第一生命保険・村田製作所・三協アルミニウム・日本酸素・近鉄百貨店・阪急百貨店・平和堂・資生堂・日産自動車などのように一般企業への就職者も多い。滋賀文教短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • '87未来の東北博覧会

    '87未来の東北博覧会から見た大陽日酸大陽日酸

    出展者 : 厚木ナイロン工業、片倉工業、丸菱産業、東部アルビ、関西マルタカ、地域振興整備公団、積水化学工業、湯目屋家具百貨店、日本通運、ブラザー工業、大昭和製紙、十條製紙、吉田工業、宮城県宅地建物取引業協会、みやぎ工業会、日本酸素、富士写真フイルム、小西六写真工業、凸版印刷、東北通信建設、ザ・ミヤギ、東北開発、関西ペイント'87未来の東北博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本液炭

    日本液炭から見た大陽日酸大陽日酸

    1973年(昭和48年)11月 - 日本酸素社(現大陽日酸社)との折半出資により、国際炭酸を設立し、千葉工場を建設。日本液炭 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
35件中 1 - 10件表示

「大陽日酸」のニューストピックワード