前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示
  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た関西電力

    大飯発電所(おおいはつでんしょ)は、福井県大飯郡おおい町(合併前の旧町名は大飯町、読みは同じ)にある関西電力の原子力発電所。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た枝野幸男

    原子力安全・保安院と原子力安全委員会が関西電力が提出したストレステストの結果、安全性は確保されていると認定したため、その後の再稼働は政治判断となった。4月3日から内閣総理大臣の野田佳彦と経済産業大臣の枝野幸男、原発事故担当大臣の細野豪志、内閣官房長官の藤村修(関係3閣僚)の協議が6回行われた。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た藤村修

    原子力安全・保安院と原子力安全委員会が関西電力が提出したストレステストの結果、安全性は確保されていると認定したため、その後の再稼働は政治判断となった。4月3日から内閣総理大臣の野田佳彦と経済産業大臣の枝野幸男、原発事故担当大臣の細野豪志、内閣官房長官の藤村修(関係3閣僚)の協議が6回行われた。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た細野豪志

    原子力安全・保安院と原子力安全委員会が関西電力が提出したストレステストの結果、安全性は確保されていると認定したため、その後の再稼働は政治判断となった。4月3日から内閣総理大臣の野田佳彦と経済産業大臣の枝野幸男、原発事故担当大臣の細野豪志、内閣官房長官の藤村修(関係3閣僚)の協議が6回行われた。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た西川一誠

    政府は4月13日までに安全性確認と再稼働必要性の検討を終え、4月14日には枝野が福井入りし、地元自治体である福井県知事の西川一誠やおおい町町長の時岡忍に再稼働を要請した。西川と時岡は判断を保留した上で、電力消費地が再稼働に理解することに政府が責任を持つよう要求した。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た野田佳彦

    原子力安全・保安院と原子力安全委員会が関西電力が提出したストレステストの結果、安全性は確保されていると認定したため、その後の再稼働は政治判断となった。4月3日から内閣総理大臣の野田佳彦と経済産業大臣の枝野幸男、原発事故担当大臣の細野豪志、内閣官房長官の藤村修(関係3閣僚)の協議が6回行われた。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た班目春樹

    国の原子力安全・保安院は、2012年2月13日に関西電力が提出した3号機および4号機のストレステストについて、「妥当」とする審査書を発表した。また、3月23日に原子力安全委員会はこの保安院の審査書を「妥当」と確認した。この日の安全委員会では、保安院の審査書を「妥当」とする確認文書(案)が用意されており、同委員長の班目春樹が淡々と議事を進め、5分後には「これを本委員会の見解とします」と述べて会議を打ち切った。傍聴した再稼働に反対する市民は「結論ありきの茶番」だと批判した。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た九州電力

    2012年7月05日に3号機が発送電を開始、21日には4号機が発送電を開始し、これにより節電数値目標は中部・北陸・中国エリアでは撤廃、四国では7%から5%に緩和された。再稼働による融通電力量の増加がなければ、九州電力は計画停電に踏み切らざるを得なかった公算が大きいとされる。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見たテレビ朝日

    政府は再稼働への同意をおおい町議会に要請し、5月14日に全員協議会が開かれ、議員のほとんどが賛成して再稼働容認を決めた。しかし、時岡町長は県原子力安全専門委員会(県専門家委)の意向も踏まえて判断するとしているため、県専門家委の結論が大幅にずれ込んでいることから、町としての同意には至っていない。時岡の息子が大飯発電所の下請け会社の社長であることからこの会社の経営のために大飯原発を動かしたいのではないか、という説がテレビ朝日の討論番組で放送されている。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 大飯発電所

    大飯発電所から見た原子力安全・保安院

    国の原子力安全・保安院は約3週間後の3月末に、緊急安全対策を各電力会社に指示した。経済産業省はこの対策が講じられたことが確認できれば再稼働は可能との見解で、経済産業大臣(当時)の海江田万里は6月に原発の安全宣言を出し、定期検査の予定の作業が終了した玄海原発の再稼働を進めようとしていた。しかし、全国の市民からの反対の他、事故の検証が未実施で安全基準が示されていないとして、13基の商用原発を抱える福井県などからも時期尚早との声が上がった。そこで、政府(菅政権)は、ストレステストを導入し、1次評価で安全性を確認してから再稼働の是非を判断することとなった。大飯発電所 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
49件中 1 - 10件表示

「大飯原発」のニューストピックワード