大鵬幸喜 ニュース&Wiki etc.

大鵬 幸喜(たいほう こうき、1940年(昭和15年)5月29日 - 2013年(平成25年)1月19日)は、北海道川上郡弟子屈町川湯温泉(出生地は樺太敷香郡敷香町)出身の元大相撲力士。本名は納谷 幸喜(なや こうき)であるが、一時期は母親の再婚によって住吉 幸喜(すみよし こうき)と名乗っていたこともあった。 (出典:Wikipedia)

「大鵬幸喜」Q&A

  • Q&A

    あなたが思う国民栄誉賞が取れそうなスポーツ、その条件を教えてください。 歴代スポーツ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年9月24日 22:47

  • Q&A

    大相撲の元横綱大鵬の納谷幸喜さんは今どうしてますか?

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年8月2日 12:55

  • Q&A

    大鵬幸喜が理事長になれなかったのは、拳銃密輸事件を起こしたからですか?

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年6月10日 17:13

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「大鵬幸喜」のつながり調べ

  • 宮柱義雄

    宮柱義雄から見た大鵬幸喜

    同郷の元大関・佐賀ノ花の二所ノ関部屋に入門し、1953年(昭和28年)1月場所で満16歳のときに本名で初土俵。三段目のときに佐賀ノ里と改名し、順調に出世して1957年(昭和32年)3月場所に初土俵から17場所で十両に昇進した。しかし1957年11月場所前の巡業で右膝を痛めてしまい、以降十両を26場所在位することになり、ようやく1961年(昭和36年)9月場所で新入幕を果たした。この場所、部屋の大関大鵬が優勝して横綱昇進を果たしたことから、横綱推挙の明治神宮における最初の横綱土俵入りの際に、露払いを務めた。しかし、幕内2場所目の1961年11月場所で再び左膝を怪我して、その後は十両中位を上下して十両在位は44場所を数えた。(宮柱義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 系統別総当たり制

    系統別総当たり制から見た大鵬幸喜

    このため、上位同士でも、横綱の羽黒山政司(立浪)と鏡里喜代治(時津風)、千代の山雅信(出羽海)と栃錦清隆(春日野)、若乃花幹士(花籠)と大鵬幸喜(二所ノ関)、などの取組がなく、不公平さが段々と目立つようになってきたのであった。(系統別総当たり制 フレッシュアイペディアより)

「大鵬幸喜」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「大鵬幸喜」のニューストピックワード