前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示
  • 北の湖敏満

    北の湖敏満から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    北の湖が観衆から“憎らしい”“ふてぶてしい”などと言われるようになった主な理由は、倒した相手が起き上がる際、北の湖が相手に一切手を貸さず、相手に背を向けてさっさと勝ち名乗りを受けてしまう点が「傲慢」と見なされていたためであるという。しかし、この行動の理由について本人は「自分が負けた時に相手に手を貸されたら屈辱だと思うから、自分も相手に手を貸すことはしない」と明確に語っていた。このように、角界の関係者の間では誠実な力士として高く評価されていたものの、一般の観衆からは悪役のような扱いを受けることが多く、1960年代に子供が好きだった物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」をもじって、子供が嫌いな物として「江川・ピーマン・北の湖」という言葉が生まれた(ただし「巨人・大鵬・卵焼き」ほど定着することはなかった)。また、北の湖と同時代には絶大な人気を誇った美男力士(貴ノ花・千代の富士・蔵間など)が多く、そういった人気者を容赦なく倒す北の湖は必然的に敵役となる運命にあった。それでも逆に、真摯に土俵を務める北の湖の姿や圧倒的勝負強さに魅了される好角家も少なくなかった。北の湖敏満 フレッシュアイペディアより)

  • マルキャン・ボリシコ

    マルキャン・ボリシコから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    マルキャン・ボリシコ('', 1885/88年 - 1960年11月15日)は、元横綱大鵬の父である。マルキャン・ボリシコ フレッシュアイペディアより)

  • 大嶽部屋

    大嶽部屋から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1971年(昭和46年)5月場所限りで引退した二所ノ関部屋(大関・佐賀ノ花)の元横綱・大鵬が1969年(昭和44年)9月に贈られていた一代年寄・大鵬を襲名して、1971年12月に巨砲、嗣子鵬ら数名の内弟子を連れて二所ノ関部屋から分家独立して大鵬部屋(たいほうべや)を創設した。大嶽部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 年寄名跡

    年寄名跡から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    一人で複数の名跡所有はできないが、一代年寄のみ、一代年寄名跡とそれ以外の年寄名跡を一つ所有することができる(一代年寄名跡は他者に譲渡・賃借できず、一代年寄以外に認められている年寄株譲渡・貸株の権利を制限しないため。また将来的に別の年寄名跡を襲名し部屋を継承することも可能である。実現はしなかったが、二所ノ関騒動の際に大鵬が一代年寄返上・二所ノ関襲名の意向を表明したことがあった)。年寄名跡 フレッシュアイペディアより)

  • 前田川克郎

    前田川克郎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    突貫小僧の異名を持ち、入幕後すぐに幕内上位に進出した。1961年3月場所では部屋の先輩である横綱・朝潮と最後まで優勝を争い、12勝3敗の成績を挙げて初の三賞(敢闘賞)を受賞。7月場所では最高位となる西関脇に進み、その場所優勝した大関・大鵬を破るなど奮闘したが、7勝8敗と惜しくも1点負け越した。小結に後退した翌9月場所では、初日に大関・柏戸、4日目に再度大鵬を破ったがそれ以外はすべて負けて2勝13敗に終わるという珍しい星を残している。その後もしばしば上位陣を苦しめ、1964年5月場所では、4日目に横綱・大鵬の連勝を34で止める殊勲の星も挙げている。しかしその場所も3勝12敗と大負けしたように、幕内上位での成績にはムラがあり、その後はだんだんと上位での活躍もなくなってゆく。前田川克郎 フレッシュアイペディアより)

  • 藤井康生

    藤井康生から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    連勝を続けていた横綱千代の富士が陣岳を下して横綱大鵬の45連勝に並んだ1988年九州場所6日目の実況を担当(ちなみにこの日が幕内での初実況)。奇しくもその22年後の2010年秋場所7日目、その千代の富士の53連勝に並んでいた横綱白鵬が稀勢の里を下して「千代の富士超え」を果たした一番の実況も担当した。藤井康生 フレッシュアイペディアより)

  • 横綱土俵入り

    横綱土俵入りから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    せり上がるときに左手を胸の近くに当てて右手を伸ばす土俵入りで、大多数の横綱がこちらを選択している。2代梅ヶ谷藤太郎が完成したとされ、以降、栃木山守也・双葉山定次・大鵬幸喜・北の湖敏満・千代の富士貢といった大横綱も多くこの雲龍型である。平成以降では曙太郎・貴乃花光司・武蔵丸光洋・朝青龍明徳が選択しているが、4人は全て幕内優勝を10回以上果たし、横綱の地位も4年以上に渡って務めていた。横綱土俵入り フレッシュアイペディアより)

  • 萩原吉太郎

    萩原吉太郎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    また、昭和の大横綱である大鵬幸喜の後援会会長に就任し、彼の結婚式の媒酌人も務めた。萩原吉太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 海乃山勇

    海乃山勇から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    小兵であるために、鋭い出足をいかした突進と、それを逆手にとった蹴手繰りを得意とした。1964年7月場所には、横綱大鵬を破って初の休場に追い込むなど、上位陣をしばしば苦しめた。海乃山勇 フレッシュアイペディアより)

  • 龍虎勢朋

    龍虎勢朋から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    新入幕の場所で11勝4敗の成績を挙げ敢闘賞を獲得。1969年5月場所(前頭2枚目)で大鵬から初金星を挙げ、この場所8勝7敗で殊勲賞を獲得。翌7月場所も前頭筆頭で8勝7敗の成績を挙げた(この間、3場所連続優勝力士に土をつけるという珍しい記録をつくっている)が新三役に昇進できず、翌9月場所同位置で3勝12敗と大敗したが、その後はほぼ安定した成績を挙げ幕内上位を保持していた。ようやく1970年3月場所新三役(小結)。突っ張りを交えた気風のよい相撲振りと美男力士として人気を博し1970年9月場所、前頭11枚目で自己最高の13勝2敗を挙げた。龍虎勢朋 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
229件中 1 - 10件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード