前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示
  • 2013年の相撲

    2013年の相撲から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1月10日 - 【大相撲】二所ノ関部屋が1月の初場所をもって閉鎖されると報道される。同部屋は横綱大鵬や後にプロレスに転向した力道山などを輩出した。2013年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 栃錦清隆

    栃錦清隆から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    年寄・春日野としては「力士とは力の紳士と書く、ただの相撲取りであってはいけない」との思想を基にした厳しい指導を行なった。他に審判部長・事業部長などを歴任し、審判部長としては1969年3月場所2日目、戸田智次郎 - 大鵬幸喜戦、1972年1月場所8日目の貴ノ花満 - 北の富士勝昭戦といった、判定を巡る歴史的な大事件に関わった。栃錦清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    近年の傾向として、かつてほど「山」や「海」が用いられなくなっている。日本人の郷土意識の希薄化と、自然破壊の進行でかつての名勝地でも荒廃が進み、避けられるようになったことが、要因として挙げられる。「川」は、山や海よりも前に若瀬川あたりからあまり使われなくなった(2009年に入りモンゴル出身の?瀬川が十両昇進するも2011年に大相撲八百長問題により引退)。現在「川」のつく四股名は、本名を除くと現役力士では北勝川・泉川・隅田川の3人のみである。川は流れるので星も流れる、足が流れるというので好まれなくなったという。「○ヶ嶽」の形の四股名も昭和戦前までは多かったが、戦後の関取では、琴ヶ嶽と階ヶ嶽の2人しかいない。駒ヶ嶽が横綱昇進を期待されながら現役で亡くなったり出羽ヶ嶽が悲劇的な土俵人生を過ごしたことから避けられるようになったという。一方、琴欧洲、把瑠都のように郷土を遠く離れた外国出身力士に郷土ゆかりの四股名が目立つが、欧州、東欧などの漠然とした地名 や「把瑠都」など強引とも取れる当て字の使用に関しては批判もある。現に横綱審議委員を務めていた頃の内館牧子は、安直な名付けであるとして名付け親である親方の責任を問う論調のコラムを寄せていた。また、南ノ島勇(南乃島勇の父)はトンガ王国出身ということで「南ノ島」と四股名を付けられたが、勝ち名乗りの際に行司が四股名を忘れてしまい「トンガ〜」と呼ばれたことがある。貴乃花が一時代を築いた頃には「ノ」や「の」よりも「乃」の使用が多くなったり、大鵬の影響で大鵬部屋以外でも「鵬」の付く四股名が増えるなど、大横綱の四股名にあやかった流れが起きた。日本のシンボルである富士山にあやかって「富士」の字を付ける力士も多く、2017年9月場所終了時点で戦後の横綱だけでも5人が「富士」の字をつけている。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    現存する絵番付としては、1860年(万延元年)2月に回向院境内で興行されたとき、絵師の一恵斎芳幾によって描かれた絵番付がある。写真番付は相撲版画がすたれ、写真が世に出回るようになった明治後期に出現し、戦後柏時代まで約60年、好角家の目を楽しませた。1978年(昭和53年)11月場所、久し振りにカラーの写真番付が販売されたが、その後現在に至るまで発行されていない。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の相撲

    1969年の相撲から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱大鵬幸喜の連勝が45まで伸びたが、戸田に敗れて連勝がとまる。(3月場所2日目)1969年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の相撲

    1967年の相撲から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱大鵬幸喜が2度目の6連覇達成(1月)。1967年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 前田川克郎

    前田川克郎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1961年3月場所では、同部屋の先輩である横綱・朝潮と最後まで優勝を争い、12勝3敗と大きく勝ち越して初の三賞(敢闘賞)を受賞。7月場所では最高位となる西関脇に進み、その場所優勝した大関・大鵬を破るなど奮闘したが、7勝8敗と惜しくも負け越した。小結に後退した翌9月場所では、初日に大関・柏戸、4日目に再度大鵬を破ったがそれ以外はすべて負けて2勝13敗に終わるという珍しい星を残している。前田川克郎 フレッシュアイペディアより)

  • マルキャン・ボリシコ

    マルキャン・ボリシコから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    マルキャン・ボリシコ('', 1885/88年 - 1960年11月15日)は、帝政ロシア時代のウクライナ東部ハリコフ県出身でサハリン州(樺太)に在住したウクライナ系ロシア人である。元横綱大鵬の父。マルキャン・ボリシコ フレッシュアイペディアより)

  • 出羽錦忠雄

    出羽錦忠雄から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    出羽錦が初土俵を踏んだ時にはまだこの世に誕生していなかった大鵬幸喜とは数々の名勝負があり、猫騙しをかます、立合いにいきなり万歳をしてもろ差しを狙った大鵬の両腕を抱えて極出すなど度々苦しめた。通算対戦成績は出羽錦の3勝17敗であるが、うち2勝は大鵬の横綱昇進後、それも1回目の6連覇の期間中に挙げた金星である。出羽海一門の大鵬攻略の参謀役を担い、同部屋の佐田の山晋松、一門の栃ノ海晃嘉、栃光正之ら後輩たちにアドバイスを送っていた。大鵬からは「関脇は務まらなくても大関なら務まる」と言わしめたほどだが、これは大関を期待されながら関脇在位時に1度も勝ち越しが無いことが関係していると思われる。一方で大鵬のライバルであった柏戸剛とは出羽錦の2勝14敗で柏戸の大関昇進以後は10連敗し1度も勝つことはできなかった。出羽錦忠雄 フレッシュアイペディアより)

  • 在日ロシア人

    在日ロシア人から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    大相撲でも、南樺太出身でウクライナ人の父(ボリシコ)を持つ元横綱、大鵬の下に弟子入りした露鵬(ロシア人幕内力士第一号)とその弟の白露山など北オセチア共和国の首都ウラジカフカス出身のロシア人力士の台頭が目立ったが、同兄弟と若ノ鵬の3人の関取は大相撲ロシア人力士大麻問題により解雇され、この際に白露山の師匠であった北の湖が日本相撲協会理事長を辞任する大事件となった。しかし、2010年9月場所では若ノ鵬の従弟である阿覧が関脇に昇進し、唯一のロシア国籍幕内力士として土俵に登っている。旧ソ連地域出身者としてはグルジアから2006年に小結に昇進した黒海や、その後輩の栃ノ心と臥牙丸が活躍している。また、エストニアから来日した把瑠都は2010年5月場所で大関に昇進した。在日ロシア人 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
270件中 1 - 10件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード