270件中 91 - 100件表示
  • 栃光正之

    栃光正之から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    入幕後はすぐに上位に進出、1956年1月場所では初日に新大関の松登を破り、4日目には横綱・吉葉山から金星をあげた。一時蕁麻疹のために伸び悩んだ時期もあったが、1962年5月場所で3日目に柏戸、12日目に大鵬の両横綱を破るなど13勝2敗と好成績を挙げ、14勝1敗で優勝した弟弟子栃ノ海と同時に場所後に大関昇進を果たした。直前3場所前が西前頭4枚目での11勝であり、これが次点にも及ばないことから当時の感覚としてもやや甘めの大関昇進であった。好成績を挙げながら幕内最高優勝には手が届かなかったものの、決して「待った」をしない立派な土俵態度のために名大関と呼ばれた。出身地の「牛深」にちなみ「ベコ」(牛)の異名があり、土俵態度そのままの実直で礼儀正しい人柄はファンや報道陣などから広く愛された。1965年9月場所から6勝9敗、5勝10敗、5勝10敗と3場所連続で負け越して大関陥落(当時の規定)が決定的となり、1966年1月場所の千秋楽限りで現役引退した。この場所12日目の柏戸戦で鯖折りを受けて右ひざから土俵に落ちたが、負けた栃光はいつもの通り直立不動の姿勢で土俵に一礼して引上げ、その土俵態度の良さから観衆が「よくやったゾ!栃光」と声を上げ、盛んな拍手がわきあがった。栃光正之 フレッシュアイペディアより)

  • 栗家山恵三

    栗家山恵三から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    十両陥落後、大鵬の子供という意味の「太鯤(たいこん)」に四股名を改めていた事がある(1963年7月場所?。だが、改名によるゲン担ぎは成らず、11月場所より本名の「橘井」へ改名している)。栗家山恵三 フレッシュアイペディアより)

  • 小野錦喜三郎

    小野錦喜三郎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    突っ張りと右四つからの投げを武器に活躍し、幕内在位は通算5場所に終わったが、十両に陥落後も暫く十両で頑張った。その頃には、自分が初土俵を踏んだ当時にはまだ生まれていなかった力士達とも、後の横綱・大鵬(対戦成績は、小野錦の2勝1敗である)をはじめ数多く対戦している。小野錦喜三郎 フレッシュアイペディアより)

  • どっこい大作

    どっこい大作から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    大鵬のゲスト出演についてどっこい大作 フレッシュアイペディアより)

  • 下手出し投げ

    下手出し投げから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    相撲の流れのなかでとっさに出るという印象のある技で、柏戸剛と大鵬幸喜との最初の取組(1960年1月場所)も、そうした攻防のなかで、柏戸がこの決まり手で勝っている。下手出し投げ フレッシュアイペディアより)

  • 蹴手繰り

    蹴手繰りから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    元来横綱など、上位と対戦する小兵力士が奇襲として利用する技というイメージが強く、1941年5月場所8日目、櫻錦(171cm)が双葉山に対して決めたものや、1964年7月場所4日目、海乃山(172cm)が大鵬に対して決め、大鵬を休場に追い込んだ一番などが有名である(ちなみに櫻錦の一番の決まり手は、手で双葉山の首のあたりを叩いて落としたので『飛び違い』とも言われる)。しかし、吉葉山は大型の横綱だったがこの技をよく使った(ただし、この技で勝った十六番のうち、十三番は平幕時代であり、横綱昇進後は一番のみである)。蹴手繰り フレッシュアイペディアより)

  • 栃富士勝健

    栃富士勝健から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    だが同年9月場所では再び十両に陥落し、1971年1月場所で再々入幕。5月場所では自己最高位となる東前頭3枚目に進み、初日に横綱・大鵬と対戦した。この一戦で、大鵬の突き押しを凌いで押し返すと大鵬は尻餅を着き、柏鵬の両方から1度だけの対戦で金星を得るという記録を残した。大鵬は同場所5日目に貴ノ花に寄り倒しで敗れた後引退を表明したが、尻から落ちるという負け方を下位力士相手に2度も喫したことで限界を実感したとされ、栃富士戦での敗戦も引退の要因となっている。大鵬が幕内で対戦した相手のうち、一度も勝てずに終わったのは、栃富士と彼の師匠栃錦、及び錦洋の三人だけである(いずれも一度だけの対戦)。栃富士勝健 フレッシュアイペディアより)

  • 掬い投げ

    掬い投げから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    掬い投げ(すくいなげ)とは、相撲の決まり手の一つである。差し手で褌を取らず、相手をすくうようにして投げる技。技の性質上比較的差し手を容易に取ることができる上に相手の差し手を封じる効果も兼ねるため、手堅い守りの相撲を取る際に重宝される。反面廻しを取っての投げより威力が低いため、決め手となりづらい場合も少なくない。これを十分な武器として扱うためには強い回転が利く上体の柔軟性、或いは高い筋力が必要となる。かつて横綱・大鵬幸喜や旭富士正也が得意としており、この2人は上体の柔軟性から掬い投げを活用することができた。武蔵丸光洋は上手の必要がない右差し一本の相撲を得意としており、差し手を無造作に返すだけでしばしば掬い投げが成立した。掬い投げ フレッシュアイペディアより)

  • 小島貞二

    小島貞二から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    がちんこ人生 ルック社, 1967 - 大鵬の伝記小島貞二 フレッシュアイペディアより)

  • 露鵬幸生

    露鵬幸生から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    2002年2月に父親の知人から元横綱大鵬を通して来日。弟は北の湖部屋に所属していた元大相撲力士の白露山で、同部屋に入門するつもりだった。しかし規則で外国人力士は一部屋1人と決まっていたため、自身は3ヶ月間北の湖部屋で過ごし、その後大鵬部屋に移った。四股名の露鵬は元横綱大鵬とロシアの露の字を組み合わせた。露鵬幸生 フレッシュアイペディアより)

270件中 91 - 100件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード