229件中 91 - 100件表示
  • 宮柱義雄

    宮柱義雄から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    同郷の元大関・佐賀ノ花の二所ノ関部屋に入門し、1953年(昭和28年)1月場所で満16歳のときに本名で初土俵。三段目のときに佐賀ノ里と改名し、順調に出世して1957年(昭和32年)3月場所に初土俵から17場所で十両に昇進した。しかし1957年11月場所前の巡業で右膝を痛めてしまい、以降十両を26場所在位することになり、ようやく1961年(昭和36年)9月場所で新入幕を果たした。この場所、部屋の大関大鵬が優勝して横綱昇進を果たしたことから、横綱推挙の明治神宮における最初の横綱土俵入りの際に、露払いを務めた。しかし、幕内2場所目の1961年11月場所で再び左膝を怪我して、その後は十両中位を上下して十両在位は44場所を数えた。宮柱義雄 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    5月14日 - 大相撲の大鵬幸喜引退1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1966年のスポーツ

    1966年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,19回目)1966年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1961年のスポーツ

    1961年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,2回目)1961年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 吉井山朋一郎

    吉井山朋一郎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    また、1959年5月場所、東十両14枚目だった吉井山は14日目まで7勝7敗。その晩、後援者と酒を飲んで泥酔。翌日目を覚まして今日が千秋楽と知らされ、ヨタヨタと駆けつけた時はすでに遅く、新十両の大鵬の不戦勝になり、相撲を取らぬまま不戦敗で負け越したというエピソードもある。吉井山朋一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 押尾川部屋

    押尾川部屋から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1975年(昭和50年)3月28日、二所ノ関部屋の師匠・8代二所ノ関(大関・佐賀ノ花)が急性白血病で急逝した。このとき、1974年(昭和49年)11月場所限りで引退した二所ノ関部屋(佐賀ノ花)所属の元大関・大麒麟は、年寄・押尾川を襲名して二所ノ関部屋の部屋付き親方として後進の指導にあたっていたが、二所ノ関部屋の後継に名乗りを上げた。しかし、先代のお通夜の晩に後継に名乗りを上げた大鵬親方(横綱・大鵬)、部屋の関脇・金剛に部屋を継がせたかった先代未亡人との話し合いは決着がつかず後継者争いは長期化し、暫定的に二所ノ関一門の最長老であった湊川親方(前1・十勝岩)が9代二所ノ関を引き継いだ。押尾川部屋 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1978年(昭和53年)5月場所千秋楽、序二段の富士ノ浦?川村戦。交通機関のトラブルのため富士ノ浦が取組に遅刻したが、相手の川村が病気で休場したため、両者不戦敗となった。遅刻で不戦敗となった前例は、1959年5月場所千秋楽、十両の一番吉井山?大鵬戦。吉井山は14日目取組後、後援者と一緒に晩遅くまで飲酒し泥酔。翌日、千秋楽と知らされ急いで国技館へ向かったものの、すでに新十両大鵬の不戦勝が決まり、吉井山は不戦敗。吉井山は前日まで7勝7敗だったが、相撲を取らず負け越しが決まった。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • 下手出し投げ

    下手出し投げから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    相撲の流れのなかでとっさに出るという印象のある技で、柏戸剛と大鵬幸喜との最初の取組(1960年1月場所)も、そうした攻防のなかで、柏戸がこの決まり手で勝っている。下手出し投げ フレッシュアイペディアより)

  • 瑞輪寺

    瑞輪寺から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    この寺は大相撲関係者や相撲ファンの間ではいわゆる押尾川の乱の舞台になった場所として有名である。1975年3月28日に当時の二所ノ関親方(8代、元大関佐賀ノ花)が亡くなったが、この時点では後継者が決まっておらず、押尾川親方(17代、元大関大麒麟)が「師匠に後を託された」として後継者として名乗りを上げるが、他にも既に分家独立していた大鵬親方(一代年寄、元横綱大鵬)や当時現役の金剛(最高位関脇)も名乗りを上げており、すぐには決着がつきそうに無かったので、とりあえず部屋付親方としては最長老である湊川親方(10代、元前頭筆頭十勝岩)が暫定的に9代目二所ノ関親方となった。瑞輪寺 フレッシュアイペディアより)

  • 懸賞 (相撲)

    懸賞 (相撲)から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1つの取組にかけられた懸賞の本数は、長らく 1964年(昭和39年)1月場所の栃ノ海 -大鵬(14日目)、栃ノ海 - 豊山(千秋楽)の26本が最多であったが、2004年(平成16年)1月場所の朝青龍 - 千代大海(14日目)に27本の懸賞がかけられて以降、その本数が急増した。懸賞 (相撲) フレッシュアイペディアより)

229件中 91 - 100件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード