229件中 11 - 20件表示
  • 藤ノ川武雄

    藤ノ川武雄から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1961年(昭和36年)5月場所、伊勢ノ海部屋より初土俵。1966年(昭和41年)1月場所新十両、同年11月場所新新入幕を果たし、戦後生まれの力士として最初の幕内力士となる。入幕3場所目で12勝3敗の好成績をあげ殊勲・技能賞をダブル受賞、以後横綱柏戸剛の弟弟子でもあり「今牛若」「ちびっ子ギャング」などの異名をとった相撲振りや力士にしてはスマートな体型や渋い容姿から人気を博し、三賞を全て取る活躍をする。ちなみに大鵬の45連勝目の相手(1969年(昭和44年)3月場所初日)でもある。藤ノ川武雄 フレッシュアイペディアより)

  • 栃錦清隆

    栃錦清隆から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    年寄・春日野としては「力士とは力の紳士と書く、ただの相撲取りであってはいけない」との思想を基にした厳しい指導を行なった。他に審判部長・事業部長などを歴任し、審判部長としては1969年3月場所2日目、戸田智一 - 大鵬幸喜戦、1972年1月場所8日目の貴ノ花利彰 - 北の富士勝昭戦といった、判定を巡る歴史的な大事件に関わった。栃錦清隆 フレッシュアイペディアより)

  • 二子岳武

    二子岳武から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    入門当初から多彩な技を持っており、相撲教習所の指導員が基本を教えようとしたところ担当の親方が持ち味を伸ばさせてやろうと自由にやらせたなど、周囲の理解に助けられて素質を花開かせ、下手投げをはじめとする技を繰り出す取り口を得意とした。特に、内無双・外無双を得意とした。1969年11月場所では横綱大鵬を蹴返しで破り金星を獲得している。しかし、軽量だったこともあって相撲が長くなることもあり、1974年9月場所の前頭10枚目三重ノ海戦では、引分を記録したこともあった(この一番以後、幕内の取組で引分は出ていない)。二子岳武 フレッシュアイペディアより)

  • 金乃花武夫

    金乃花武夫から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    それから暫くは幕内下位と十両との往復が続いたが、次第に幕内に長く定着する地力が身に付き、1961年7月場所から1963年11月場所までの15場所・約2年半は三役?前頭上位で活躍した。1962年7月場所では前頭6枚目の地位で10勝5敗の成績を挙げた。この好成績により翌9月場所では新三役の小結に昇進したが、この場所は4勝11敗と大きく負け越している。なお、三役経験はこれが最初で最後である。敢闘賞受賞のチャンスは2度あったが逸し、以降も好機なく取り口の地味さも相俟って一度も三賞を受ける事はできなかった(他に惜しかったのは1962年1月場所で、5日目にこの場所13勝2敗で優勝した横綱・大鵬を捨て身の小手投げで倒しながら6勝9敗と負け越し、殊勲賞のチャンスを逃している)。また1963年3月場所では、初日に新大関・豊山を下している。金乃花武夫 フレッシュアイペディアより)

  • 蔵前国技館

    蔵前国技館から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    以上のように相撲史に残る数多くの出来事があり、「栃若時代」「柏時代」「輪湖時代」の各黄金時代の舞台となるなど、蔵前国技館が使用されていた時代は、戦後の大相撲で最も活気ある時代でもあったといえる。蔵前国技館 フレッシュアイペディアより)

  • 四股名

    四股名から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    近年の傾向として、かつてほど「山」や「海」が用いられなくなっている。日本人の郷土意識の希薄化と、自然破壊の進行でかつての名勝地でも荒廃が進み、避けられるようになったことが、要因として挙げられる。「川」は、山や海よりも前に若瀬川あたりからあまり使われなくなった(2009年に入りモンゴル出身の?瀬川が十両昇進するも2011年に大相撲八百長問題により引退)。本名及び旧桐山部屋の力士(○瀬川)を除くと現役力士では3人しかいない。川は流れるので星も流れるというので好まれなくなったという。「?ヶ嶽」の形の名前も昭和戦前までは多かったが、戦後の関取では琴ヶ嶽綱一と、階ヶ嶽松太郎(十文字友和が一時名乗っていた名前)の2人しかいない。一方、琴欧洲、把瑠都のように郷土を遠く離れた外国出身力士に郷土ゆかりの四股名が目立つが、欧州、東欧などの漠然とした地名や「把瑠都」など強引とも取れる当て字の使用に関しては批判もある。また、トンガ王国出身ということで「南ノ島」と安直?な四股名を付けられた挙句、勝ち名乗りの際に行司が四股名を忘れて「トンガ?」と勝ち名乗りを受けた南ノ島勇(南乃島勇の父)のような力士もいた。貴乃花が一時代を築いた頃から「ノ」や「の」よりも「乃」の使用が多くなったり、大鵬の影響で大鵬部屋以外でも「鵬」の付く四股名が増えるなど、大横綱の四股名に影響されて四股名の流行が動くこともある。四股名 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年代

    1960年代から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    大相撲で大鵬幸喜と柏戸剛が18年ぶりに2人同時の横綱に昇進1960年代 フレッシュアイペディアより)

  • 輪島 大士

    輪島大士から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    同時に大関に昇進した貴ノ花とは、土俵を離れれば親友同士でもあった。「角界のプリンス」と言われた貴ノ花が、大横綱の大鵬や27歳の若さで急逝した玉の海と激闘を重ねたが、これとは対照的に「蔵前の星」と呼ばれた輪島は、ほんのわずかなタイミングのズレで大鵬とは対戦がなく、玉の海とも平幕時代に一度顔を合わせたのみだった。それがかえって新しい時代を象徴する力士といった感を強くした。輪島大士 フレッシュアイペディアより)

  • 千代の富士貢

    千代の富士貢から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    千代の富士が引退した1991年5月14日は午前中に信楽高原鐵道列車衝突事故が発生し、NHKでは断続的に事故に関するニュースを放送していた。しかし、夜になって千代の富士が引退会見を行うことになったために急遽ニュースを中断し、会見の生中継を行った。この際に最初は笑みを交えて「皆様、長い間応援して下さり、有り難う御座いました。月並みの引退ですが…」と語ったが、その後言葉に詰まりながら目を赤くして、「体力の限界!気力も無くなり、引退することになりました…以上です。」と振り絞るように言い放った。ちょうど20年前の1971年5月14日には、大鵬幸喜も当時新鋭だった貴ノ花利彰に敗れて引退を表明しており、大横綱と二子山部屋、藤島部屋が絡んでいる花田家には因縁がある。ちなみに、千代の富士が幕内初優勝を果たした1981年1月場所は、奇しくも貴ノ花が現役引退を表明した場所でもあった。千代の富士貢 フレッシュアイペディアより)

  • 隆の里俊英

    隆の里俊英から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1983年9月場所は、千秋楽結びの一番において14戦全勝の横綱同士の相星決戦で千代の富士を倒して、新横綱で15戦全勝優勝を果たした。新横綱の全勝優勝は1938年(昭和13年)1月場所の双葉山以来実に45年ぶり、15日制定着後は史上初の快挙である。横綱同士の楽日全勝対決は1960年(昭和35年)3月場所の初代若乃花-栃錦、1963年(昭和38年)9月場所の柏戸-大鵬、1964年(昭和39年)3月場所の大鵬-柏戸、そしてこの一番まで4度を数えるがこれを最後に25年以上も出ていない(大関が参加した楽日全勝対決は2012年7月場所の白鵬-日馬富士で実現)。隆の里俊英 フレッシュアイペディアより)

229件中 11 - 20件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード