229件中 21 - 30件表示
  • 横綱

    横綱から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横審の内規が制定されたのは年6場所になった1958年(昭和33年)1月6日であるが、それ以降「?準ずる成績」の部分が拡大解釈され、多分に興行上の必要性もあってほとんどの力士が連続優勝を果たさなくても横綱に昇進する事が出来た。年6場所制では、連続優勝で昇進したのは大鵬、北の富士、琴櫻のみという状態であった。そのため、これに対して「粗製濫造」の批判が高まった。とりわけ、1987年(昭和62年)に一度も優勝経験がない第60代横綱双羽黒が師匠とのトラブルが原因で廃業したことにより、横審の答申が問題視されるようになった。このため、それ以降は横綱推薦基準の第2項「大関で2場所連続優勝した力士を推薦することを原則とする」を厳格に適用することになり、第63代横綱旭富士以降は全て2場所連続優勝して横綱に昇進している。横綱 フレッシュアイペディアより)

  • 柏戸剛

    柏戸剛から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1960年1月場所は東小結で迎え、12日目にはこの場所が新入幕で初日から11連勝中の大鵬幸喜との対戦が組まれた。前日の取り組みの後、支度部屋で記者から「明日は全勝の新入幕・大鵬ですが自信は?」と聞かれると、「番付を見ろ、ワシは小結だぞ」と一蹴した。当時から強気な性格で有名だった柏戸だったが、本当は負けるのではないかと考えていた。それでも本当に大鵬を下手出し投げで倒すと、9勝6敗で同年3月場所には関脇に昇進した。柏戸剛 フレッシュアイペディアより)

  • 番付

    番付から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    現存する絵番付としては、1860年(万延元年)2月に回向院境内で興行されたとき、絵師の一恵斎芳幾によって描かれた絵番付がある。写真番付は相撲版画がすたれ、写真が世に出回るようになった明治後期に出現し、戦後柏時代まで約60年、好角家の目を楽しませた。1978年(昭和53年)11月場所、久し振りにカラーの写真番付が販売されたが、その後現在に至るまで発行されていない。前述の板番付は縦横が各1.9mあり、幕下格行司と三段目格行司が3人がかりで4?5日かけて書き上げる。場所が終わるとかんなで削って文字を消し、また同じ板に翌場所の番付が書かれる。番付 フレッシュアイペディアより)

  • 白鵬翔

    白鵬翔から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    四股名は、横綱大鵬と柏戸に因んで柏鵬(はくほう)とする案があったが、色白だったことから白鵬と付けられた(幕内・千代白鵬と四股名が比較されるが、命名は千代白鵬が先)。2001年3月場所に初土俵を踏むが、番付に名前が載った翌5月場所は身体の小ささもあり3勝4敗の成績で、後の横綱(しかも大横綱)としては異例の序ノ口での負け越しを経験する。しかし、入門当時身長175cm、体重68kgだった体は、食文化の違いを苦にせず大食漢だったことと熱心な稽古によって大きく成長し続けた。急激な肉体の成長と才能の開花に歩を合わせるかのように番付を駆け上がり、部屋で稽古を付けていた光法(現・年寄立田川)は、「あの白鵬って子、一晩眠るたびに強くなっている。2?3年後には化粧まわしや白い稽古まわし(共に関取の象徴)を身につける身分になりますよ!」と驚いていた。実際、皆勤して負け越したのは前述の2001年5月場所と三段目時代の2002年7月場所(3勝4敗)の2場所だけで、これ以降は休場を除いて負け越していない。白鵬翔 フレッシュアイペディアより)

  • 1963年のスポーツ

    1963年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    5月26日 - 大相撲の大鵬幸喜、史上初の6場所連続優勝1963年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1967年の相撲

    1967年の相撲から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱大鵬幸喜が2度目の6連覇達成(1月)。1967年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 1969年の相撲

    1969年の相撲から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱大鵬幸喜の連勝が45まで伸びたが、戸田に敗れて連勝がとまる。(3月場所2日目)1969年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • 広瀬川惣吉

    広瀬川惣吉から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    左四つからの吊りや投げを武器にした相撲ぶりで息長く活躍し、十両と幕内を往復しながら1959年5月場所、40歳まで現役に在った。現役晩年には、若秩父高明や大鵬幸喜など、自分が初土俵を踏んだあとに生まれた若手力士達とも対戦している。広瀬川惣吉 フレッシュアイペディアより)

  • 石井代蔵

    石井代蔵から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    数奇な運命の星の下に 大鵬幸喜半生記 ベースボール・マガジン社 1988.3石井代蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 弟子屈町川湯相撲記念館

    弟子屈町川湯相撲記念館から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    第48代横綱の大鵬幸喜が少年時代を過ごした川湯温泉に位置する博物館であり、大鵬に関する資料を展示するほか、阿寒国立公園の利用者に供する休憩施設としても位置づけられている。弟子屈町川湯相撲記念館 フレッシュアイペディアより)

229件中 21 - 30件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード