229件中 31 - 40件表示
  • 十勝岩豊

    十勝岩豊から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    引退後は年寄・湊川を襲名して二所ノ関部屋から分家独立、湊川部屋を興して幕内・大龍などを育てたが、部屋別総当たり制を機に1964年(昭和39年)11月場所限りで部屋を閉じ、二所ノ関部屋の部屋付き親方となった。1975年(昭和50年)に二所ノ関親方(大関・佐賀ノ花)が亡くなり、分家独立していた横綱・大鵬と部屋付き親方の押尾川親方(大関・大麒麟)による後継者争いが決まらず、二所ノ関一門の最長老であった十勝岩が暫定的に二所ノ関を引き継いだ。最初は一定期間で後継者は決まると思われていたが、先代未亡人が部屋の関脇・金剛に部屋を継がせたかったために後継者争いが長期化し、1年4カ月後にようやく決着して元の湊川に戻った。1979年(昭和54年)2月12日、癌性腹膜炎のため60歳で逝去した。十勝岩豊 フレッシュアイペディアより)

  • 大殿英武

    大殿英武から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    中学時代は柔道部に所属し、全国大会に出場するなど活躍した。中学卒業時に角界入りを希望していたが、身長が足らずに一旦は断念し、高校に進学した。しかし、大鵬親方(元横綱・大鵬)から「身長が伸びたら来なさい」と言われたので、身長が規定に達したため大鵬部屋に入門。1986年9月場所に初土俵を踏んだ。相撲経験はほとんど無かったものの、立会いからの素早い出足で期待され三段目上位まで順調に番付を上げた。だが、左眼の網膜剥離を患い番付を下降させ、一時は復調したが今度は右眼も網膜剥離を患い引退を考えた時期もあった。しかし、大鵬親方の励ましもあり不屈の闘志で番付を上げ幕下に定着した。そして1994年3月場所には十両に昇進した。左四つが得意で、右前褌を取ると力を発揮した。また、足腰が強く土俵際に攻められても粘り強かった。しかしこの場所は本来の相撲がほとんど取れず5勝10敗と負け越し幕下に陥落した。その後、網膜剥離・腰痛・痛風のトリプルパンチに見舞われ低迷する。十両復帰を目指して長く幕下、三段目で相撲を取っていたが2001年5月場所を最後に現役を引退した。大殿英武 フレッシュアイペディアより)

  • 榮太楼 (秋田市)

    榮太楼 (秋田市)から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

     この小国家から横綱大鵬へ嫁入りしたため、話題となった。榮太楼 (秋田市) フレッシュアイペディアより)

  • 黒獅子勇蔵

    黒獅子勇蔵から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    体格には余り恵まれてなかったが、速攻と寄りを武器に着実に出世し、1962年9月場所で十両に昇進した。そして同場所より「黒獅子」に改名したが、この四股名の名付け親は部屋の横綱・大鵬や弟弟子の麒麟児(後の大関・大麒麟)と同じく、二所ノ関親方であった。黒獅子勇蔵 フレッシュアイペディアより)

  • 禊鳳英二

    禊鳳英二から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    新入幕の場所では大鵬・柏戸の両横綱らと優勝を争う大活躍を見せ、12勝3敗という好成績を残し、生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞している。翌11月場所では、自己最高位となる東前頭2枚目に躍進。初日には栃ノ海、3日目には柏戸を破る金星を挙げる(他、2日目には豊山から“銀星”を獲得)など、観客を驚かせた。だが、白星は上記の3人と前頭5枚目・若浪からの4つだけで、成績は4勝11敗に終わっている。禊鳳英二 フレッシュアイペディアより)

  • 福田山幸雄

    福田山幸雄から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    その間、1960年3月場所では、入幕2場所目の大鵬から勝利を挙げている(大鵬はこの敗戦で、同場所での負け越しが決定。幕内在位全69場所中、皆勤した場所で唯一の負け越し場所となる)。なお、福田山は翌5月場所でも大鵬に勝ったが、以後は対戦の機会が無かった。そのため、大鵬と2回以上対戦して一度も負けていない唯一の力士として記録に残る。福田山幸雄 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤史朗

    伊藤史朗から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1965年に銃刀法違反で逮捕されたのと同時期、多くの芸能人や文化人やスポーツ選手も同様の嫌疑をかけられ社会問題化した。嫌疑をかけられた中には石原裕次郎や大藪春彦、大相撲の横綱・大鵬なども含まれていた。伊藤史朗 フレッシュアイペディアより)

  • 掬い投げ

    掬い投げから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    掬い投げ(すくいなげ)とは、相撲の決まり手のひとつである。差し手で褌を取らず、相手をすくうようにして投げる技。かつて横綱・大鵬幸喜や旭富士正也が得意とした。なお柔道にも同名の技が存在するが、動作に相似点のない全く別の技であり、浮腰や大腰のほうが動作としては近い。掬い投げ フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のスポーツ

    1970年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,31回目)1970年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1962年のスポーツ

    1962年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗,5回目)1962年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

229件中 31 - 40件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード