229件中 41 - 50件表示
  • 1960年のスポーツ

    1960年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 :大鵬幸喜(13勝2敗,初)1960年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1959年のスポーツ

    1959年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    十両優勝 : 大鵬幸喜(13勝2敗)1959年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 稲川組と東声会の対立事件

    稲川組と東声会の対立事件から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    このころ、稲川角二と五代目山崎家一家・横山新次郎総長(稲川角二と横山新次郎の2人が、五代目山崎家一家総長だった)は、湯河原の錬成道場で、横綱の大鵬とプロレスラーの力道山を招いて、素人相撲大会を開催していた。稲川組と東声会の対立事件 フレッシュアイペディアより)

  • 系統別総当たり制

    系統別総当たり制から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    このため、上位同士でも、横綱の羽黒山政司(立浪)と鏡里喜代治(時津風)、千代の山雅信(出羽海)と栃錦清隆(春日野)、若乃花幹士(花籠)と大鵬幸喜(二所ノ関)、などの取組がなく、不公平さが段々と目立つようになってきたのであった。系統別総当たり制 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年の相撲

    1971年の相撲から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,32回目)1971年の相撲 フレッシュアイペディアより)

  • KKロングセラーズ

    KKロングセラーズから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    『相撲道とは何か』(大鵬・監修)KKロングセラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 小野錦喜三郎

    小野錦喜三郎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    突っ張りと右四つからの投げを武器に活躍し、幕内在位は5場所に終わったが、十両に陥落後も暫く十両で頑張った。その頃には、自分が初土俵を踏んだ当時にはまだ生まれていなかった力士達とも、後の横綱・大鵬(対戦成績は、小野錦の2勝1敗である)をはじめ数多く対戦している。小野錦喜三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 榛名富士新司

    榛名富士新司から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    当初は横綱・大鵬の内弟子として二所ノ関部屋に入門した。初土俵はその大鵬が引退した1971年5月場所であった。榛名富士新司 フレッシュアイペディアより)

  • 三浦展

    三浦展から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    山形は自身のwebページにおいて三浦が著書『日本溶解論』においてケータイ女子はトヨタとイオンとマクドが好きだった、という結論を元に、その子たちは「商品そのものには関心がなく、一番売れているものを消費していれば安心なのである」と述べていることに対して「巨人、大鵬、卵焼き」に代表されるように流行とは昔からそのようなものであって、三浦の「ケータイ女子が社会に操られた消費するだけの人間だ」という主張は全く根拠のないものとし、『日本溶解論』を悪質なデータマイニング本としている。三浦展 フレッシュアイペディアより)

  • 大雪嶺登

    大雪嶺登から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    蹴手繰りや蹴返しといった半端な取り口が得意であったが、手首が脆いという欠点があったため、幕内上位では活躍できなかった(結果的に、過去2人の「吉葉嶺」が背負ったジンクスは克服できなかった事になる)。横綱・大関陣との対戦圏内には2度進んだが、いずれも大敗している(1971年3月場所(西前頭3枚目)・・・4勝11敗、同年7月場所(東前頭3枚目)・・・4勝11敗)。最初に進出した1971年3月場所では、同郷の大横綱・大鵬と初対戦(これが唯一の対戦ともなる)。仕切り1回で立ち合い、あっさりと掬い投げで敗れている。大雪嶺登 フレッシュアイペディアより)

229件中 41 - 50件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード