270件中 41 - 50件表示
  • 王貞治

    王貞治から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    大食漢としてたいへん有名である。選手時代はおやつ代わりにラーメンやカツ丼を平らげ、夜食に餃子を何人前分も食べたりしていたという。昼食が済むとすぐに夕食のことが気になるほど、食べることへの執着は凄いものであった。監督時代は若手選手たちの小食化を嘆いていた。同じく大食漢として知られる川上哲治が唯一敵わなかった相手が王で、食べ比べた際に「これはかなわん」と降参したという。酒も非常に強く、数多く王が挑んだ飲み比べで負けた相手は大鵬ただ一人だった。王貞治 フレッシュアイペディアより)

  • 不戦勝 (相撲)

    不戦勝 (相撲)から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1954年(昭和29年)5月場所、新入幕の前頭20枚目若前田は急性虫垂炎を注射で抑えて12日目に勝ち越し。勝ち越しを見越して12日目朝にあらかじめ13日目以降の休場届けを出していたため、不戦敗なしで途中休場するというエピソードがあった。また1962年(昭和37年)9月場所10日目ここまで2勝7敗の大関琴ヶ濱は横綱柏戸戦を休場する予定だったが、関脇出羽錦がこの日から休場して相手の横綱大鵬が不戦勝となり横綱2人とも不戦勝では観客が納得しないからと出場して寄り切りで敗れ翌日から不戦敗なしで休場。これが琴ヶ濱の現役最後の一番となった。不戦勝 (相撲) フレッシュアイペディアより)

  • KKロングセラーズ

    KKロングセラーズから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    『相撲道とは何か』(大鵬・監修)KKロングセラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 幡瀬川邦七郎

    幡瀬川邦七郎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1968年1月には停年退職を待たずに廃業し、相撲評論家「魚雷亭主人」というペンネームにて辛口の批評で知られた。特に、当時大人気だった大鵬幸喜の横綱土俵入りの形に注文を付けて前傾姿勢を批判したが、それが大鵬の相撲の強さに繋がっていることも同時に指摘した。幡瀬川邦七郎 フレッシュアイペディアより)

  • 禊鳳英二

    禊鳳英二から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    新入幕場所である同年9月場所では大鵬・柏戸の両横綱らと優勝を争う大活躍を見せ、12勝3敗という好成績を残し、生涯唯一の三賞となる敢闘賞を受賞した。禊鳳英二 フレッシュアイペディアより)

  • 開隆山勘之亟

    開隆山勘之亟から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    1961年11月場所では、直前に揃って横綱に昇進した柏戸と大鵬をともに破って殊勲賞を受け、1964年3月場所でも新横綱の栃ノ海を破り「新横綱キラー」として名を馳せた。また、1962年7月場所では大関に昇進したばかりの栃光と栃ノ海に勝つなど、「新大関キラー」ぶりも発揮している。開隆山勘之亟 フレッシュアイペディアより)

  • 納谷幸喜

    納谷幸喜から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    納谷幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    白鵬が一人横綱として連覇を続けており、この場所で6連覇を達成して大鵬の記録に並ぶかが当面の焦点である。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱・白鵬が連勝記録を63まで伸ばしたが、2日目に稀勢の里に敗れて連勝記録がストップした。白鵬の黒星は同年の初場所13日目以来297日ぶりで、一人横綱になって以降初めての黒星。また、この黒星によって白鵬自身が前年に樹立した年間最多勝記録の更新はならず、15日制での連続全勝優勝の記録も4場所で途切れ、更には双葉山と大鵬に1位タイで並んでいる最多全勝優勝の記録の更新もならなかった。稀勢の里にとっては3つ目の金星。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱・白鵬が連勝記録を47まで伸ばし、同45の大鵬、同35の朝青龍などを抜いて歴代3位となった。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

270件中 41 - 50件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード