229件中 51 - 60件表示
  • 1965年のスポーツ

    1965年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,16回目)1965年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 第12回NHK紅白歌合戦

    第12回NHK紅白歌合戦から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    大鵬幸喜(大相撲・横綱)第12回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 樺太庁博物館

    樺太庁博物館から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    マルキャン・ボリシコ(元横綱大鵬幸喜の父・ウクライナ人。戦後、サハリン郷土博物館の守衛を務めていた。)樺太庁博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 岩尾別川

    岩尾別川から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    大鵬幸喜 - 大相撲第48代横綱。幼少の頃、近隣の岩尾別集落に居住していた時期がある。斜里町誌には、サケマス孵化場の前の岩尾別川でサケを取ろうとして、孵化場の職員に怒られるエピソードの記述が見られる。岩尾別川 フレッシュアイペディアより)

  • 待った

    待ったから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    制限時間に立てない理由は様々であるが、よく言われるのは制限時間内で見合う際に呼吸を合わせることをしない、という点である。まだ立たなくてよい、とおざなりに見合っていては、本番時にうまく息が合わない、いつでも立つつもりで見合うべきだと言われる。昭和の大横綱・双葉山や大鵬などは、1回目の仕切りから立てるように仕切っていたと言われ、実際に奇襲のつもりで時間前に仕掛けてきた力士(双葉山に対する龍王山、大鵬に対する大雪)を一蹴したことがある。待った フレッシュアイペディアより)

  • 太刀持ち

    太刀持ちから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    太刀持ち(たちもち)とは、大相撲で横綱土俵入りの際に横綱に付き添い「太刀」を持って出てくる力士。入場の際には、行司・露払い・横綱・太刀持ちの順に入場する。太刀持ちの力士は横綱と同部屋かあるいは一門の部屋の力士で横綱に次いで番付の最も高い力士が担当する(ただし、大関が太刀持ちをつとめるケースは、大鵬幸喜のときの大麒麟將能など、まれである)。部屋が違う場合には、横綱と対戦することもあるが、その日には別の力士と太刀持ちの役目を交代する。また、太刀持ちと露払と対戦する場合も、どちらかが土俵入りから外れ代わりの人物が務めることになる。太刀持ち フレッシュアイペディアより)

  • 大若松好弘

    大若松好弘から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    中学時代はテニス部に所属していた。その頃から体が大きかったため、中学2年の時に父親の知人から、大鵬親方(元横綱・大鵬)を紹介され入門を決意。中学卒業と同時に大鵬部屋に入門し、1982年3月場所に初土俵を踏んだ。以降、幕下でやや苦労したものの着実に番付を上げて行き、1988年9月場所には十両に昇進した。1場所で幕下に陥落したが、1989年3月場所に復帰すると十両に定着。1990年7月場所には新入幕を果たした。左四つの形に填った相撲では力を発揮した。しかし、通算4場所幕内を経験したが、攻めがやや遅い部分があり、怪我にも泣かされ幕内に定着することが出来なかった。その内、二場所は7勝までいきながら、負け越した。幕内の土俵で左膝を故障してから本来の相撲が取れなくなり、1992年5月場所には幕下に陥落した。1994年3月場所に1度だけ十両に復帰したが十両に定着できず、幕下の土俵が続き、1996年3月場所を最後に現役を引退。年寄・音羽山を襲名し、大鵬部屋の部屋付きの親方として後進の指導に当たった。後に年寄・浅香山に名跡変更し、NHK大相撲中継の解説では明確で分かりやすい解説を行った。しかし、2002年2月12日付けで日本相撲協会を退職。退職後は、東京・錦糸町で「炭火焼肉 天」を経営した。大若松好弘 フレッシュアイペディアより)

  • 1964年のスポーツ

    1964年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(15戦全勝,12回目)1964年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 豊國範

    豊國範から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    突き押し相撲に長けていて、上位陣もしばしば倒した。最高位の小結は1場所務めただけであったが、長く幕内にあった。大鵬からの3個を含み、金星を7個獲得しているが、金星を挙げた場所はいずれも負け越している。1965年には角界拳銃密輸事件で、大鵬や柏戸らと共に書類送検されている。1967年11月場所後、連続37場所務めた幕内から十両に陥落。翌場所では初日から不振に喘ぎ、7日目を終えて1勝も挙げられなかった。8日目には休場届を提出し、同場所終了後、現役を引退。豊國範 フレッシュアイペディアより)

  • 小坂秀二

    小坂秀二から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    TBS退職後は相撲評論をはじめ、歯科医療や囲碁を扱う執筆活動を行っていた。相撲に関する著書や寄稿を膨大な数執筆し、双葉山から“若貴”までの歴代横綱のほぼ全員と面識があったという。著書の中で、柏戸と大鵬の「柏鵬時代」の語を最初に考えたのは自分だったと称している(曰く「柏鵬時代 使用随意」と大書した紙を国技館の記者控え室に貼りだした)。小坂秀二 フレッシュアイペディアより)

229件中 51 - 60件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード