270件中 61 - 70件表示
  • 琴ヶ嶽綱一

    琴ヶ嶽綱一から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    廃業後は帰郷し、故郷・川上郡弟子屈町にて町役場の職員となった。同郷の大横綱・大鵬の偉業を称える弟子屈町川湯相撲記念館(当時の名称)に勤務し、その相撲談義は人気を博した。琴ヶ嶽綱一 フレッシュアイペディアより)

  • 義ノ花成典

    義ノ花成典から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    当時としては異例の巨漢であった事から、自身には大鵬から白星を上げるだけの要素があったと自信を持っていたようであるが、結局大鵬は義ノ花に対して全勝を保ったまま引退した。出羽海部屋関係者によると打倒・大鵬に燃えてひそかに対策ノートを書いており、現役時代はそのノートを誰にも見せなかったという。義ノ花成典 フレッシュアイペディアより)

  • 錦洋幸治

    錦洋幸治から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    押しを武器に順調に番付を上げ、1968年11月場所では18歳の若さで十両に昇進。そして1969年7月場所にて19歳で幕内昇進を果たした時(この場所より四股名を「川崎」から井筒部屋伝統の「錦洋」に改名)には、同い年の大受や貴ノ花と共に、将来の角界を背負って立つ逸材と呼ばれた。東前頭4枚目の地位で迎えた1970年3月場所では、9勝6敗と勝ち越して、生涯唯一の三賞となる技能賞を受賞。西前頭筆頭に進んだ翌5月場所では、6勝9敗と負け越したが、大鵬から初の金星を挙げている。錦洋幸治 フレッシュアイペディアより)

  • 優勝額

    優勝額から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    現在の両国国技館では優勝額は四方に8枚ずつ32枚掲額されている。(かつての蔵前国技館では36枚の掲額であった)東京場所ごとに2枚ずつ新たな優勝額が加えられ、古いものから外される。外された優勝額は優勝力士当人に贈られ、普通は稽古場に飾るなどするが、5回、10回と優勝を重ねた力士の場合、母校など優勝力士と縁のある施設や人物に寄贈される。国技館の最寄り駅となるJR両国駅の改札口には、関脇(のち横綱)三重ノ海五郎(昭和50年11月場所)、横綱2代若乃花幹士(昭和53年11月場所)、横綱武蔵丸光洋(平成14年5月場所)、横綱白鵬翔(平成19年11月場所)の優勝額が飾られている。また、昭和42年に横綱大鵬が25度目の優勝を果たしたときの優勝額が日光市在住の当時の後援会副会長に寄贈され、同市が譲り受け体育施設で管理していたが、その体育施設の解体が決まり、官公庁オークションにかけられるも取引が成立せず、大鵬の遺族に返還された後江東区に寄贈された、という事例もある。優勝額 フレッシュアイペディアより)

  • 誤審

    誤審から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    かつては物言いがついた際の判定の是非を巡る協議は中改(現在の勝負審判に対する江戸時代の呼称)、勝負検査役(同じく勝負審判に対する明治の高砂改正組から昭和中期までの呼称)による肉眼判定のみであったが、1969年3月場所2日目に戸田と大鵬の対戦で軍配が大鵬に上がりながらも物言いがつき、協議の結果は行司差し違えで戸田の勝ちと判定されたが、戸田の右足の趾が俵を割っている時点で大鵬はまだ両足がギリギリ俵の内側に残っている写真や映像の存在により世紀の大誤審として問題になり、翌5月場所より予定を前倒ししてビデオ判定が導入された。誤審 フレッシュアイペディアより)

  • アワモリ君乾杯!

    アワモリ君乾杯!から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    相撲中継の力士:大鵬、柏戸アワモリ君乾杯! フレッシュアイペディアより)

  • 恒心

    恒心から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    2010年(平成22年)から2012年(平成24年)の時期は放駒輝門が理事長で、2012年(平成24年)に再び北の湖敏満が日本相撲協会の理事長となったが、2015年(平成27年)11月(九州場所中)の理事長在任中に死去した。2015年(平成27年)12月に八角信芳が日本相撲協会の理事長となった。貴乃花部屋の貴乃花親方が新たに日本相撲協会の理事に当選して、外部理事制度が設けられた。外部理事である元東京高等検察庁検事長の村山弘義が日本相撲協会の理事長代行となり、副理事長職が新設された。朝青龍が暴行事件の責任で引退したことで、2010年(平成22年の初場所)を最後に朝青龍時代が終わり、代わって2010年代は白鵬時代になる。大相撲野球賭博問題など暴力団と角界の間で交際があった不祥事で、2010年(平成22年)に開催された名古屋場所でのNHK(日本放送協会)によるテレビ放映が中止となった。2011年(平成23年)に大相撲八百長問題が発覚した不祥事で大阪場所が中止されて、夏場所は技能審査場所となった。横綱白鵬が、連勝記録である63連勝して、7場所連続優勝などの記録を更新した。さらに2015年(平成27年)の初場所で優勝32回の元横綱の大鵬幸喜を超える最多優勝33回以上となった。大関魁皇が2011年(平成23年)の名古屋場所で通算勝星が歴代1位となる1046勝目を上げた。魁皇が引退をして日本人大関が不在となった。横綱・大関は全て外国人力士となったが2011年(平成23年)11月場所に日本人力士の大関琴奨菊が誕生した。2012年(平成24年)には日本人大関の稀勢の里とモンゴル出身の大関鶴竜が誕生して史上最多の6大関となった。ウィンブルドン現象が起きて、2006年(平成18年)初場所の大関栃東以来日本出身力士の幕内最高優勝が10年間と長らく途切れていたが、2016年(平成28年)の初場所に日本出身力士(福岡県出身)の大関琴奨菊が優勝した。2003年(平成15年)初場所に貴乃花が引退して以来日本人横綱が存在せず、平成期に誕生した横綱の内訳は合計9人の中で日本人横綱が3人(旭富士正也〈青森県出身〉・貴乃花光司〈東京都出身〉・若乃花勝〈東京都出身〉)と、6人(曙太郎〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・武蔵丸光洋〈アメリカ合衆国ハワイ州出身〉・朝青龍明徳〈モンゴル出身〉・白鵬翔〈モンゴル出身〉・日馬富士公平〈モンゴル出身〉・鶴竜力三郎〈モンゴル出身〉)が外国出身の外国人横綱である。恒心 フレッシュアイペディアより)

  • 龍土町

    龍土町から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    作家・南部修太郎、同じく作家・野坂昭如や新婚時代の第四十八代横綱・大鵬や女優神保美喜などは龍土町に居住していたことがある。また俳優で歌手の井上順は龍土町で育った。映画評論家の小森和子も過去お店を構えていた事もあった。龍土町 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    5月14日 - 大相撲の大鵬幸喜引退1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 1970年のスポーツ

    1970年のスポーツから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    幕内最高優勝 : 大鵬幸喜(14勝1敗,31回目)1970年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

270件中 61 - 70件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード