229件中 71 - 80件表示
  • タケシバオー

    タケシバオーから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    その後、春の天皇賞(芝3200メートル)や、第3回スプリンターズステークスに該当する「英国フェア開催記念」(芝1200メートル。当年のみ名称変更で開催)をともに勝ち、その間にもオープンのジュライステークス(芝1800メートル)を65キログラムの斤量で勝利するなど8連勝、しかも8連勝のうちレコード勝ちが4回という驚異的なオールラウンダーぶりで長距離、短距離、芝、ダート、斤量、馬場状態を問わずどの条件でも強さを発揮した。最後にはどんなレースにタケシバオーが登録するという情報が出ても、マスコミや競馬関係者も誰も文句や批判を言わなくなったほどである。また、あくまで冗談を含んだ比喩とはいえ「ハンデ100キログラムが妥当」とか「横綱大鵬が乗っても勝てる」という声まで実際に上がったほどの勝ちっぷりであったという。タケシバオー フレッシュアイペディアより)

  • 錦洋幸治

    錦洋幸治から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    押しを武器に順調に番付を上げ、1968年11月場所では18歳の若さで十両に昇進。そして1969年7月場所にて19歳で幕内昇進を果たした時(この場所より四股名を「川崎」から井筒部屋伝統の「錦洋」に改名)には、同い年の大受や貴ノ花と共に、将来の角界を背負って立つ逸材と呼ばれた。東前頭4枚目の地位で迎えた1970年3月場所では、9勝6敗と勝ち越して、生涯唯一の三賞となる技能賞を受賞。西前頭筆頭に進んだ翌5月場所では、6勝9敗と負け越したが、大鵬から初の金星を挙げている。錦洋幸治 フレッシュアイペディアより)

  • そう言えば あの時このうた

    そう言えば あの時このうたから見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    (1963年のスポーツ…海老原博幸世界フライ級王座獲得・大鵬6場所連続優勝など)そう言えば あの時このうた フレッシュアイペディアより)

  • 海山太郎 (大天龍)

    海山太郎 (大天龍)から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    長身で均整のとれた体格に目鼻立ちがはっきりとした美男力士で、酒豪として知られた。大阪場所の宿舎に泥棒が入ったときは、最初に酒の心配をしたというエピソードが残っている。左四つからの上手投げや吊りを得意とし、横綱・大鵬が入門間もない頃の教育係を務めた。1961年(昭和36年)7月場所で2勝13敗と大きく負け越し42場所守った幕内から陥落し、再起を図ったが幕内復帰は果たせずに1962年(昭和37年)1月場所限りで引退した。海山太郎 (大天龍) フレッシュアイペディアより)

  • 栃王山裕規

    栃王山裕規から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    その後は幕内下位と十両の往復が続いたが、1965年7月場所に4回目の入幕を果たし自己最多の11勝を挙げて敢闘賞を受賞した。これが自信となったか、ここから番付も上昇、1966年1月場所には横綱佐田の山を破って初の金星を獲得した。しかし同年7月場所、場所前日の福の花との稽古で右目を負傷、これが眼底出血に加えて網膜剥離と診断される重傷で初日不戦敗ののち休場、再び十両に陥落してしまった。なお初日の対戦相手で不戦勝を得た相手は、稽古相手の福の花だった。十両で迎えた翌9月場所も全休して幕下陥落の危機に直面したがここから盛り返し、ケガから約2年後の1968年5月に見事幕内にカムバック、さらに1969年1月場所には自己最高位の前頭筆頭まで進み、11日目には1敗で大鵬と優勝争いをしていた横綱柏戸を下手投げで破り2個目の金星をものにした。しかしその翌日左腰を捻挫したため休場、その後3年近く幕内中位で活躍したが再び視力が低下し、6回目の入幕となった1972年1月場所で2勝13敗と大敗したことをきっかけに引退した。栃王山裕規 フレッシュアイペディアより)

  • 大乃花武虎

    大乃花武虎から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    八代中学校では野球部で活躍したが、相撲にも興味を持ち、山梨県大会で2位の成績を残している。中学2年生の時、大鵬親方に直接入門を志願し、上京。八代中学校から深川第二中学校に転校した。凡そ1年の養成期間を経て大鵬部屋に入門し、1974年3月場所で初土俵。当初の四股名は、「鵬龍」であった(その後、「大野」から「大ノ花」、更に「大乃花」と改名している)。大乃花武虎 フレッシュアイペディアより)

  • 太刀風義経

    太刀風義経から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    現役晩年の十両時代、幕下にいた納谷(後の大鵬)と1度だけ対戦し、敗れている(1959年1月場所・9日目)。太刀風義経 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年11月場所

    大相撲平成22年11月場所から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱・白鵬が連勝記録を63まで伸ばしたが、二日目に稀勢の里に敗れて連勝記録がストップした。白鵬の黒星は同年の初場所13日目以来297日ぶりで、一人横綱になって以降初めての黒星。また、この黒星によって白鵬自身が前年に樹立した年間最多勝記録の更新はならず、15日制での連続全勝優勝の記録も4場所で途切れ、更には双葉山と大鵬に1位タイで並んでいる最多全勝優勝の記録の更新もならなかった。稀勢の里にとっては3つ目の金星。大相撲平成22年11月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成22年7月場所

    大相撲平成22年7月場所から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    横綱・白鵬が連勝記録を47まで伸ばし、同45の大鵬、同35の朝青龍などを抜いて歴代3位となった。大相撲平成22年7月場所 フレッシュアイペディアより)

  • 大相撲平成23年1月場所

    大相撲平成23年1月場所から見た大鵬幸喜大鵬幸喜

    白鵬が一人横綱として連覇を続けており、この場所で6連覇を達成して大鵬の記録に並ぶかが当面の焦点である。大相撲平成23年1月場所 フレッシュアイペディアより)

229件中 71 - 80件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード