130件中 21 - 30件表示
  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た佐田の山晋松

    1960年(昭和35年)1月場所で新入幕を果たすと、初日から11連勝を含む12勝3敗の好成績を挙げたが、同年3月場所は7勝8敗に終わり、この場所が生涯で唯一となる皆勤負け越しとなった(それ以外は引退まで皆勤した場所はすべて2桁の勝ち星である)。同年11月場所では13勝2敗の成績を挙げ、初となる幕内最高優勝を達成し、場所後に20歳6ヶ月で大関へ昇進した。小結・関脇では36勝9敗という圧倒的な強さを誇り、合計3場所で通過となった。また、新入幕から6場所目での初優勝は年6場所制以降では当時の最速記録(後に佐田の山晋松が3場所目で12勝3敗の成績で初優勝を記録し、2013年一月も単独で保持しているが、対戦内容から問題になった)だった。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た小坂秀二

    基本的には左四つに組みとめての寄りと投げが主体のスタイルだが、押し相撲や右四つでも相撲が取れた。良く言えばオールラウンダーで、悪く言えば絶対的な型がなかった。この点は右四つの完成された型を持った双葉山定次とは対照的で、大鵬以前はこういった相撲は小兵のやることで横綱・大関には相応しくないとみられていた。また「逆・くの字」の体勢を「へっぴり腰」と揶揄されることもあり、腰の力で相手の攻めを受け止めて取る相撲を本格的とする立場の評論家(小坂秀二など)から「小さな相撲」と批判されたこともある。ただ、相手次第で取り口を変える柔軟性を持っていたという点では今でも非常に評価が高く、二所ノ関は「型のないのが大鵬の型」「名人に型なし」と批判に反駁した。大鵬が勝ち続けて昭和の大横綱へと成長すると、「型のない」大鵬の相撲は、状況に応じて相撲を変える「自然体」とも評価されるようになった。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た柏戸剛

    新入幕で初めて敗れた柏戸剛と競い合い、終戦直後の復興から高度経済成長期の相撲黄金時代を支え、1961年(昭和36年)に揃って横綱に推挙、「柏鵬(はくほう)時代」と言われる黄金時代を築いた。横綱白鵬翔の四股名は、この両横綱に由来する。新横綱の場所である1961年(昭和36年)11月場所、1962年(昭和37年)1月場所と連続優勝を果たすと、同年7月場所から1963年(昭和38年)5月場所まで最初の6連覇を達成した。ところが、「型のある相撲」と評されていた柏戸が休場を繰り返していたことで、「型のない相撲」の大鵬が一人勝ちしている状況から観客が減少気味となり、大鵬の全盛期は相撲の人気低迷期と一致した。この連覇直後から神風正一などから「(大鵬の相撲には)型がない」と盛んに批判されたが、二所ノ関は「型がないのが大鵬の型」と反論していた。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た神風正一

    新入幕で初めて敗れた柏戸剛と競い合い、終戦直後の復興から高度経済成長期の相撲黄金時代を支え、1961年(昭和36年)に揃って横綱に推挙、「柏鵬(はくほう)時代」と言われる黄金時代を築いた。横綱白鵬翔の四股名は、この両横綱に由来する。新横綱の場所である1961年(昭和36年)11月場所、1962年(昭和37年)1月場所と連続優勝を果たすと、同年7月場所から1963年(昭和38年)5月場所まで最初の6連覇を達成した。ところが、「型のある相撲」と評されていた柏戸が休場を繰り返していたことで、「型のない相撲」の大鵬が一人勝ちしている状況から観客が減少気味となり、大鵬の全盛期は相撲の人気低迷期と一致した。この連覇直後から神風正一などから「(大鵬の相撲には)型がない」と盛んに批判されたが、二所ノ関は「型がないのが大鵬の型」と反論していた。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た栃錦清隆

    昭和35年 大鵬?栃錦戦(栃錦との対戦はこの一度限り)大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た玉の海正洋

    現役晩年に至っても、北の富士と玉の海正洋の両横綱に対しては最後まで壁として君臨し続けた。1971年(昭和46年)1月場所には32回目の優勝を果たし、同年3月場所でも12勝と健在ぶりを示したが、同年5月場所で栃富士勝健に敗れた際に尻から落ちたことで体力の限界を感じ、さらに5日目には新鋭だった貴ノ花利彰に同じく尻から落ちる敗戦を喫した。その後大鵬自身、翌6日目の福の花孝一戦を「これで自身最後の相撲としたい」と申し出たが、日本相撲協会から「死に体で土俵に上がる事は出来ない」と却下。結局福の花戦は不戦敗となり、貴ノ花との取組が現役最後の一番となった。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た嗣子鵬慶昌

    引退後は大鵬部屋を創立し、関脇巨砲丈士・幕内嗣子鵬慶昌たちを育成した。定年後、部屋は娘婿の貴闘力忠茂(現役時代は二子山部屋所属)に譲ったが、部屋名は「大鵬」が一代年寄であったので、もともと所有していた「大嶽」部屋とした。しかし、貴闘力は賭博問題で2010年(平成22年)7月4日に解雇となってしまい、その後は大鵬の直弟子の大竜忠博(最高位は十両)が部屋を継ぐことになった。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た佐賀ノ花勝巳

    中学校卒業後は一般の同世代の若者と同じ中卒金の卵として北海道弟子屈高等学校の定時制に通いながら林野庁関係の仕事をしていたが、1956年(昭和31年)に二所ノ関一行が訓子府へ巡業に来た時に紹介され、高校を中途退学して入門した。入門時に母親から反対されたが、親子で相撲部屋を見学した時に所属力士の礼儀正しさを見た叔父が母親を説得した。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た朝潮太郎 (4代)

    亡くなるまで日刊スポーツの相撲担当評論家を務め、本場所開催中(奇数日目)は同誌に解説「土評」を連載していた(偶数日目は高砂浦五郎の「大ちゃん 大分析」)。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た千代の富士貢

    大鵬の訃報を受けて、日本相撲協会は北の湖敏満理事長と九重貢事業部長などが哀悼の意を表す談話を発表した他、同世代の日本スポーツ界のヒーローであった長嶋茂雄、ファイティング原田、そして大鵬とは大の親友関係だった王貞治が「同じ時代に世の中に出て、光栄だった」と故人との思い出を語る談話をそれぞれ発表している。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

130件中 21 - 30件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード