190件中 71 - 80件表示
  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た通商産業省

    現役時代は大変な美男子と評判であった。当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語は、当時の大鵬の人気と知名度を象徴する有名な言葉であるが、大鵬本人は「巨人と一緒にされては困る」と語ったこともある。その理由は、大鵬自身がアンチ巨人(巨人が嫌い)だったことと、団体競技の野球と個人競技の相撲を一緒にされたくない気持ちがあったこと、そして何よりも、「大鵬の相撲には型がない」と批判されていた時期に「大人のファンは柏戸と大洋ホエールズ」などと評論家から揶揄されたことがあったためであるという。ただし、後年に出版した自伝には『巨人 大鵬 卵焼き ― 私の履歴書』という題名を付けた。また、巨人の選手の中でも、自身と同じ1940年(昭和15年)5月生まれであり、なにより自分と同じ努力家として知られた王貞治とは大変親しく、若い頃にはよく一緒に酒を飲んでいたという。この「巨人・大鵬・卵焼き」という言葉は、1960年代前半の高度経済成長期に、通産官僚であった堺屋太一が、当時若手官僚の間で時代の象徴として冗談で言い合っていたこのフレーズを、記者会見の中で「日本の高度成長が国民に支持されるのは、子供が巨人、大鵬、卵焼きを好きなのと一緒だ」と答えて紹介したことがきっかけで広まったとされている。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見たマルキャン・ボリシコ

    1940年(昭和15年)に、ロシア革命後に樺太へ亡命したウクライナ人のコサック騎兵隊将校、マルキャン・ボリシコの三男として、樺太の敷香町(現・ロシアサハリン州ポロナイスク)に生まれた。敷香町は本来日本領の南樺太に位置するため、外国出身横綱には数えない。出生の直後に激化した太平洋戦争によってソ連軍が南樺太へ侵攻してきたのに伴い、母親と共に最後の引き揚げ船だった小笠原丸で北海道へ引き揚げることとなった。最初は小樽に向かう予定だったが、母親が船酔いと疲労による体調不良によって稚内で途中下船した。小笠原丸はその後、留萌沖で国籍不明の潜水艦(ソ連の潜水艦との説がある)から魚雷攻撃を受けて沈没したが、大鵬親子はその前に下船していたため辛くも難を逃れた(三船殉難事件)。その点、同じく焼け跡世代でありながらも戦火とは無縁の山形の自然で伸び伸びと育った柏戸とは対照的である。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た内閣府

    大鵬の通夜は1月30日、葬儀・告別式は1月31日にいずれも青山葬儀所で営まれた。王貞治のほか黒柳徹子、第69代横綱・白鵬翔らが弔辞を読んだ。没後、菩提寺(江東区妙久寺)から『大道院殿忍受錬成日鵬大居士』という戒名が授けられると共に、更に多年に亘る相撲界での功績やその活躍が社会に与えた影響などが評価され、日本政府から没日の1月19日付にて正四位並びに旭日重光章が追贈された。同年1月31日に、日本政府が内閣府に国民栄誉賞授与に向けて、検討を指示した。同年2月15日に政府が正式に国民栄誉賞を贈ることを発表した。同年2月25日に遺族(夫人)と白鵬らが出席して故人として国民栄誉賞が授与された。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た母子家庭

    北海道での生活は母子家庭だったことから大変貧しく、母親の再婚によって住吉姓に改姓した。その再婚相手の職業が教師だったことから学校を毎年異動していたこともあり、しばらくは北海道各地を転々としていた。あまりの貧しさから大鵬自身が家計を助けるために納豆を売り歩いていた話は有名である。再婚相手とは大鵬が10歳の時に離婚したため、大鵬は納谷姓に戻った。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見たTBSテレビ

    続く5月場所は前頭6枚目に下がって出直しとなったが、初日朝汐を破って横綱挑戦3戦目で初勝利、生涯唯一の金星を挙げるなど11勝4敗で二度目の敢闘賞。7月場所で新小結に昇進すると、この場所でも11勝4敗、9月場所では20歳3ヶ月の史上最年少(当時)で新関脇となる。11月場所では13勝2敗の成績を挙げ、これも当時の史上最年少となる20歳5ヶ月で幕内最高優勝を達成し、場所後やはり史上最年少で大関へ昇進した。入幕した年に大関昇進を果たした力士は2016年現在でも大鵬のみ(入幕から6場所での大関昇進も、年6場所制後最短である)で、同じく入幕した1960年に年間最多勝を獲得という、賞の発足後史上唯一の記録を立てた。小結・関脇では36勝9敗という圧倒的な強さを誇り、合計3場所で通過となった。また、新入幕から6場所目での初優勝は年6場所制以降では当時の最速記録だった。この場所でTBSアナウンサーの小坂秀二が「柏鵬時代」という言葉を発したことをきっかけに、それが一気に定着するに至った。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見たロングセラーズ

    大鵬『一流とは何か』(KKロングセラーズ、2008年)大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た日本経済新聞出版社

    『最強の横綱 私の履歴書 スポーツ』(日経ビジネス人文庫、2006年)で再刊。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た菓子舗榮太楼

    死去後、サハリンで大鵬の銅像建立の機運が高まり、夫人の出身地である秋田県(夫人の生家は地元の和菓子店であり、夫人の弟が社長を務めている)では、大潟村在住の彫刻家が制作を行うことになり、同県の関係者を中心に募金活動が行われ、その後2014年8月15日に除幕式が行われた。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見たベースボールマガジン社

    大鵬幸喜『大鵬自伝』(ベースボールマガジン社、1972年)大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

  • 大鵬幸喜

    大鵬幸喜から見た日刊スポーツ

    亡くなるまで日刊スポーツの相撲担当評論家を務め、本場所開催中(奇数日目)は同誌に解説「土評」を連載していた(偶数日目は高砂浦五郎の「大ちゃん 大分析」)。大鵬幸喜 フレッシュアイペディアより)

190件中 71 - 80件表示

「大鵬幸喜」のニューストピックワード