前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
730件中 1 - 10件表示
  • ゲートウェイドラッグ

    ゲートウェイドラッグから見た大麻大麻

    ゲートウェイドラッグ()とは、他の薬物の使用を誘導するための入り口となるという薬物である。この考え方のもとで、酒やタバコ、有機溶剤、脱法ドラッグ、大麻などの乱用薬物を指す際に用いられる。入門薬物とも訳される。ゲートウェイドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • 麻薬

    麻薬から見た大麻大麻

    麻薬(まやく、narcotic、痲薬とも)とは、通常はモルヒネやヘロインのようなケシから生成される麻薬性鎮痛薬のオピエートやオピオイドを指すが(定義1)、法律上の用語として、不正確に法律で規制された薬物を指して用いられることもある用語である(定義2)。アメリカ合衆国やカナダの規制法によれば、オピオイドだけでなく、コカインや大麻を含む。日本ではさらに麻薬及び向精神薬取締法(麻薬取締法)における、「日本の法律上の麻薬」の語が、それらとも異なって使用されている(定義3)。薬物全般は薬物 (drug) を参照。麻薬 フレッシュアイペディアより)

  • 1971年薬物乱用法

    1971年薬物乱用法から見た大麻大麻

    この法律はしばしば、された薬物の一覧と、その所持と供給に関する刑罰にすぎないものとして示される。しかし現実面では、同法は薬物のライセンス・システムの重要人物として内務大臣を定めている。従って例えば、様々なオピエートは処方箋薬として合法的に利用でき、大麻(アサ)は「産業用」のライセンスの下で栽培できる。2001年薬物乱用規則は1971年法の下に制定され、同法の下に分類された物質の生産、所持と供給のライセンスの供与についてである。1971年薬物乱用法 フレッシュアイペディアより)

  • ハードドラッグとソフトドラッグ

    ハードドラッグとソフトドラッグから見た大麻大麻

    ハードドラッグとソフトドラッグは、論争において口語的に用いられる言葉である。英語圏や海外においては、向精神薬(ハードドラッグに分類される薬物が多数)を叩く際に頻繁に使われる。日本においては、大麻の規制論争において、大麻規制緩和・撤廃派の主張理由として、ソフトドラッグという言葉を用いる。ハードドラッグとソフトドラッグ フレッシュアイペディアより)

  • エウレカセブン (ゲーム)

    エウレカセブン (ゲーム)から見た大麻大麻

    フッキと同じくベスタのダウンタウン出身のLFOライダーで、サムナ達の先輩にあたる。少年時代にベスタカップで、二年連続チャンピオンになった経験を持つ実力者。同時に札付きの不良少年としても有名で、当時不良たちの仕切り屋だった自分に対して、一匹狼の姿勢を取っていたフッキとはこの時期によく衝突を繰り返していた。リフの腕を買われて、塔州連邦軍にスカウトされたことをチャンスととらえており、自分のために貪欲に活動している。“勝負に卑怯もクソもない”という考えの持ち主でありながら、「酒やチョコだのを喰らってLFOに乗るのは邪道」と一喝するなど独自の拘りを持つ。エウレカセブン (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • LSD (薬物)

    LSD (薬物)から見たマリファナ大麻

    1940年代からOSS(CIAの前身)では敵のスパイや捕虜から機密事項を吐き出させることのできる自白剤の研究をしていた。アルコールやバルビツール、カフェイン、コカイン、マリファナ、メスカリン、ヘロイン等、様々な薬品を研究したが有用なものを見つけ出すことはできなかった。LSD (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • Jam (自販機本)

    Jam (自販機本)から見た大麻大麻

    創刊号では「爆弾企画」と銘打って山口百恵宅のゴミ漁りを決行し、使用済み生理用品を写真付きで無断公開するスキャンダラスな鬼畜系企画で注目を集めた。本誌は表紙とグラビアだけ「エロ」で肝心の中身はインディーズパンクやカルトムービーの紹介、果ては皇室、臨済禅、プロレス、神秘主義までカウンターカルチャーを縦横無尽に取り上げ、狂気と冗談が交錯するパンクな誌面を展開、唯一無二の世界観を築き上げた。なお、編集部員全員が薬物常習者だったこともあり、マリファナやLSDといった違法薬物にまつわるドラッグ特集も度々登場する。Jam (自販機本) フレッシュアイペディアより)

  • NORML

    NORMLから見た大麻大麻

    NORML(The National Organization for the Reform of Marijuana Laws )とは ワシントンD.C.を中心とする大麻の矛盾を明確にし、成人年齢による責任を追及した医療大麻の利用に生じる犯罪者としての矛盾したシステムを無くそうとする米国無利益団体である。主にカリフォルニアでは大麻に税金をかける方針で医療大麻での大麻の使用を法律改正しようと試みている。これはアメリカ合衆国での州法と連邦法の掛け違えから生じ一般市民にも悪影響を与えている為である。NORML フレッシュアイペディアより)

  • イ・スンチョル

    イ・スンチョルから見た大麻大麻

    2013年09月21日、イは韓国のソンジ高校を訪問し、高校生に向けて講演した。その中でイは「私は高校の時本当に問題児だった。高校を卒業する時は前科9犯だった。大麻を吸って刑務所にも2回行ったし、離婚も1回した。」と語り、高校を卒業する1984年春までに前科9犯を重ねていたという自身の暗い過去を公開した。イ・スンチョル フレッシュアイペディアより)

  • 千夜一夜物語のあらすじ

    千夜一夜物語のあらすじから見た大麻大麻

    昔、カイロの町に、シャムセッディーンという名の町一番の豪商がいたが、結婚後40年たっても子どもができず、夫婦仲が悪くなっていた。シャムセッディーンは「胡麻」という遊び人の仲買人に相談したところ、胡麻はシナ産蓽澄茄(ひつちょうか)の煮詰めた菓糖2オンス、イオニア産大麻の濃いエキス1オンス、生の丁字1オンス、セレンディプ産赤い肉桂1オンス、マラバル産白い小豆蒄(しょうずく)10ドラクム、インド産生姜5ドラクム、白胡椒5ドラクム、唐辛子5ドラクム、インド産大茴香(ういきょう)の星型の漿果(しょうか)1オンス、立麝香草(たちじゃこうそう)半オンス、蜂蜜、麝香5粒、魚卵1オンスから秘薬を作り、シャムセッディーンがそれを服用したところ、たちまち妻が妊娠した。生まれた男の子は、両頬と左の尻にほくろがあったので、「アラエッディーン・ほくろ」と名づけられた。両親は邪視を恐れ、ほくろを地下室に住まわせ、一流の学者にあらゆる学問を教えさせた。千夜一夜物語のあらすじ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
730件中 1 - 10件表示

「大麻」のニューストピックワード