730件中 91 - 100件表示
  • 6.8×43mm SPC

    6.8×43mm SPCから見たマリファナ大麻

    例を挙げると、モガディシュの戦闘において、ハッシシを服用して極度の興奮状態に陥った敵(その多くが民兵であった)は、5.56mm弾を数発撃ち込まれた程度では倒れず、撃ち返してきたという。この戦いのドキュメンタリーであるブラックホーク・ダウンの原作中でも、レンジャーの将兵がM16と5.56mm弾を「相手を殺すのではなく重傷を与えるための弾丸だ」と評している。「死体は放置しておいていいが、負傷者は応急手当・後送をせねばならない。だから、殺すよりも深手を負わせるほうが、敵はかえって手間と人手を食う」という論理である。だが、敵が民兵や武装勢力、そして人命を重視しない途上国正規軍である場合、負傷者も死体同様放置されることが多いため、この論理は必ずしも通じない。それどころか前述のように撃ち倒したはずの負傷者が撃ち返してくることさえあった。6.8×43mm SPC フレッシュアイペディアより)

  • 人格転移の殺人

    人格転移の殺人から見たマリファナ大麻

    日本人の江利夫から見れば十代の少年である事が疑わしく思えるほど逞しい体格。煙草やマリファナに手を出しており異性関係も乱れていると素行不良だが、我の強い者が多い『寮』のメンバー内においては比較的協調性がある方で、唯一の女性であるジャクリーンを気遣った。自ら「こう見えてインテリ」と称する。また、江利夫が信頼に足る人物としてメンバー内で最初に心を開けた相手でもあった。友人の兄が日本のアニメ愛好家である影響から、幾つかのアニメソングを日本語のままで歌え、日本語の単語もいくらか知っている。人格転移の殺人 フレッシュアイペディアより)

  • 城東署覚醒剤所持捏造事件

    城東署覚醒剤所持捏造事件から見た大麻大麻

    この事件の発端は任意同行中に公務執行妨害で逮捕した男性を家宅捜索したところ、大麻が発見されて逮捕され起訴された。その後、この事件は違法性があったことが指摘され再調査を行ったところ、大麻発見は捏造であったことが発覚。さらに任意同行や公務執行妨害についても過剰な対応だったことが発覚した。これを受けて男性への起訴を棄却される事態に発展した。前代未聞の事件の重大性により国家公安委員会は前田健治警視総監に対し戒告処分を下した。城東署覚醒剤所持捏造事件 フレッシュアイペディアより)

  • マーカス・キャンビー

    マーカス・キャンビーから見たマリファナ大麻

    1997年にマリファナ所持により逮捕され、16時間の奉仕活動を課せられた。マーカス・キャンビー フレッシュアイペディアより)

  • デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール)

    デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール)から見たマリファナ大麻

    1970年代のNBAは薬物汚染が爆発的に広まった時期であり、ある報道では選手の60%がマリファナを吸引していると報じられ、多くのスター選手が薬物やアルコールに手を出していた。当時は薬物に対する抵抗感が低く、また薬物が健康に与える害も殆ど認知されていなかった。田舎育ちのトンプソンはその手の誘惑に対する免疫が無く、スター選手として祭り上げられ、華やかな舞台の裏に広がる世界に染まるまでに、そう時間は掛からなかった。ルーキーイヤーに初めて体験した薬物の誘惑にトンプソンは抗えなくなり、スター選手としてのプレッシャーから解放されるためにも使用頻度は日を追うごとに増していった。薬物・アルコール中毒の影響は次第に選手としてのトンプソンを蝕んでいき、プレイにも身が入らなくなり、練習の遅刻・無断欠席が続くようになった。1978-79シーズンにはオールスターMVPを受賞するなど未だトップレベルで活躍していたが、1979-80シーズンには足首の靭帯損傷でシーズンの大半を欠場。故障という不本意な状況は益々トンプソンを薬物・アルコール依存に走らせ、トンプソンのパフォーマンスは低下の一途を辿った。エースの失墜にナゲッツのチーム成績も下降線を辿り、1979-80シーズンにはついにプレーオフ進出を逃し、トンプソン見たさに会場に足を運んだファンの数も減少していった。1981-82シーズン終了後、ナゲッツはついにトンプソンの放出を決意。殆ど無名の選手ビル・ハンスリークとドラフト1巡指名権との交換で、シアトル・スーパーソニックスにトレードされた。デイヴィッド・トンプソン (バスケットボール) フレッシュアイペディアより)

  • パパ/ずれてるゥ!

    パパ/ずれてるゥ!から見たマリファナ大麻

    困り果てた夫妻は「家出少年少女の親の会」に参加し、他の参加者とともに若者の気持ちを知るべくマリファナを試した。パパ/ずれてるゥ! フレッシュアイペディアより)

  • ゲインズ・アダムス

    ゲインズ・アダムスから見たマリファナ大麻

    NFLスカウトコンバインの際に過去にマリファナを吸ったことがあると告白していたものの、2007年のNFLドラフト1巡目全体4位という高い評価を受けてタンパベイ・バッカニアーズに指名された。7月26日に6年間で4600万ドル(1860万ドルは保証された。)の契約を結んだ。この年、第5週のインディアナポリス・コルツ戦でアダム・ビナティエリのFGをブロックした。また第11週のアトランタ・ファルコンズ戦でプロ初サックを決めた。シーズン終了までに彼は35タックル、6サック(この年新人トップ)、2ファンブルフォースの成績を残した。この活躍で彼はNFLオールルーキーチームに選出された。プレーオフのニューヨーク・ジャイアンツ戦でチームは敗れたものの彼は5タックル、1サックをあげた。ゲインズ・アダムス フレッシュアイペディアより)

  • フィル・ラッド

    フィル・ラッドから見た大麻大麻

    2014年11月6日、覚醒剤・大麻所持の容疑で地元の警察に逮捕され、更には捜査の過程でマネージメント担当のスタッフにしつこく脅迫的な内容のメッセージを送りつけていた容疑(殺人教唆および脅迫罪)も同時に浮上した。フィル・ラッド フレッシュアイペディアより)

  • クロノノーツ

    クロノノーツから見た大麻大麻

    Carl Sagan's Joint(ガジェット) - 2004年夏のコンベンションで配布された。クロノノーツ フレッシュアイペディアより)

  • 麻枝光一

    麻枝光一から見たマリファナ大麻

    大麻の正しい理解を世界に広めるため日本でのマリファナ解禁を実現する事を目標に様々な活動を行っている。麻枝光一 フレッシュアイペディアより)

730件中 91 - 100件表示

「大麻」のニューストピックワード