730件中 11 - 20件表示
  • フラッシュバック (薬物)

    フラッシュバック (薬物)から見た大麻大麻

    フラッシュバック (flashback) とは、幻覚剤によって体験した感覚が突如として再現されることである。幻覚剤の体験から数ヶ月も経ったあとでは、起こることは稀である。世界保健機関の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』10版(ICD-10)における正式な診断名はフラッシュバックで、数秒から数分間の出来事と定義し、その用語集にて幻覚剤後知覚障害(Post-hallucinogen perception disorder)と定義し、アメリカ精神医学会の『精神障害の診断と統計マニュアル』における正式な診断名は幻覚剤持続性知覚障害であるが、括弧してフラッシュバックと記され、その診断基準においては現実検討ができる視覚的な現象であるとしている。大麻およびその成分テトラヒドロカンナビノール(THC)は幻覚剤ではない。単なる体験とは異なり、障害である場合にはそれが重症であるという診断基準を満たす必要がある。HPPDは、幻覚剤使用との因果関係が実証されていない(つまり疑わしい)研究によって主張されており、シロシビンを用いたいくつかのランダム化比較試験ではこうした症状は報告されていない。フラッシュバック全体を含めると、心地よいものであるとの見解は過半数を超える。また幻覚剤を用いたことがない一般集団にも視覚症状は起こりうる。フラッシュバック (薬物) フレッシュアイペディアより)

  • 向精神薬

    向精神薬から見た大麻大麻

    抑制剤 - アルコール、ベンゾジアゼピン系、ヘロインやアヘンやモルヒネといったオピオイド系の薬物や大麻向精神薬 フレッシュアイペディアより)

  • 脱法ハーブ

    脱法ハーブから見た大麻大麻

    脱法ハーブ(だっぽうハーブ)とは、合法ハーブ(ごうほう-)とも呼ばれ、脱法ドラッグの一種で、合成カンナビノイドを含有する化合品である。有名な製品は「スパイス」で英語圏では単に、合成大麻、偽大麻、とも呼ばれる。合成カンナビノイドは、大麻の薬理成分であるテトラヒドロカンナビノール (THC) の効果を模倣し、カンナビノイド受容体に対するアゴニストとして作用する。脱法ハーブ フレッシュアイペディアより)

  • 相模原障害者施設殺傷事件

    相模原障害者施設殺傷事件から見た大麻大麻

    なお、「イルミナティ」と呼ばれるカードゲームの愛好者であるAは、取り調べの中で「1001」は聖なる数字だとして、本来は10月1日に施設襲撃を計画していたが、『日本経済新聞』の報道によると事件前日の7月25日に暴力団関係者と親交があるとする知人から「おまえは暴力団組員に追われている」と告げられたため、それが心理的な圧力になり、襲撃日を翌7月26日に前倒しするとともに、襲撃できなくなることを危惧して車の鍵を津久井署で受け取った(後述のように、この日は無断駐車で津久井署から呼び出しを受けていた)後、周辺のホームセンターで結束バンドを買ったり自宅から包丁を持ち出したりして犯行を準備したと供述している。『朝日新聞』の報道によれば「自分は大麻の合法化を訴えているので大麻を資金源にしている暴力団から狙われている。殺される前になるべく早く事件を決行しなければ」と思い込んで実行を前倒ししたという。相模原障害者施設殺傷事件 フレッシュアイペディアより)

  • 麻枝光一

    麻枝光一から見た大麻大麻

    大阪外国語大学で朝鮮語を専攻し卒業後、サウジアラビア王立リヤド大学に2年間留学。高校教員や大学講師(国際政治学・非常勤)、ジャーナリストなどを経て、現在、東京で日本初の大麻・マリファナグッズ専門店「大麻堂」「ヘンプ・レストラン麻」などを経営している。麻枝光一 フレッシュアイペディアより)

  • 13thフロア・エレベーターズ

    13thフロア・エレベーターズから見たマリファナ大麻

    バンド名は、ドラマーのジョン・アイク・ウォルトンが提案した「エレベーターズ」という名前に、クレメンティン・ホール(トミー・ホールの妻)が「13thフロア」という語句を付け足して生まれた。当時13階を持っている建物などほとんどなかったことに加え、マリファナ(marijuana)の頭文字である"M"が13番目のアルファベットであることも関係している。13thフロア・エレベーターズ フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・ルビオ

    マルコ・ルビオから見たマリファナ大麻

    マリファナ合法化に反対。医療大麻の使用は容認。マルコ・ルビオ フレッシュアイペディアより)

  • ゲーリー・E・ジョンソン

    ゲーリー・E・ジョンソンから見た大麻大麻

    同性結婚の権利擁護や、麻薬戦争の弊害解消のための大麻の合法化といった市民的自由を主張する。ゲーリー・E・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • ニザール派

    ニザール派から見た大麻大麻

    ニザール派はハサニ・サッバーフの指導するイラン方面のイスマーイール派で支持を獲得。11世紀末から13世紀半ばまでシリア地方からホラーサーンに点在する城砦およびその周辺領域を保持し、イラン高原のに築城されたを中心に独立政権を打ち立てた。時に敵対するセルジューク朝や十字軍の要人を暗殺するという手段を用いたことから暗殺教団の別称が生まれ、のちに大麻吸引などと結びつけられて伝説化した(これについては暗殺教団を参照)。ニザール派 フレッシュアイペディアより)

  • オランダの薬物政策

    オランダの薬物政策から見た大麻大麻

    大麻などのソフトドラッグ使用者が多いオランダでは、ソフトドラッグを完全追放できないと考える。これを禁止法で抑えつければ、ソフトドラッグがハードドラッグと同じ闇市場に出回る結果、ソフトドラッグ使用者がハードドラッグ使用に走る機会を増し、薬物による害を増やすことになる。オランダの薬物政策 フレッシュアイペディアより)

730件中 11 - 20件表示

「大麻」のニューストピックワード