528件中 21 - 30件表示
  • 井上陽水

    井上陽水から見た大麻大麻

    1976年2月、離婚。同年にフォーライフからリリースした『招待状のないショー』は9週連続1位を獲得。1977年、石川セリのアルバム『気まぐれ』に「ダンスはうまく踊れない」ほか2曲を提供する。「ダンスはうまく踊れない」は、陽水の部屋に遊びに来たセリの目の前で30分ほどで作られたという。同年9月10日、大麻所持容疑で逮捕され、「自分は酒が飲めないので、くつろぐためにマリファナを吸った」と自供した。9月22日に保釈され、10月11日には懲役8か月、執行猶予2年の判決を受ける。この事件直後にリリースされたアルバム『"white"』は、オリコンチャートの3位を獲得したものの、事件以前と比較して売り上げは低迷していくことになる。井上陽水 フレッシュアイペディアより)

  • 脱法ハーブ

    脱法ハーブから見た大麻大麻

    脱法ハーブ(だっぽうハーブ、Synthetic Cannabis)とは、合成カンナビノイドを含有するハーブ製品である。有名な製品は「スパイス」で海外では単に、スパイス(Spice、他にfake pot:偽大麻、K2)とも呼ばれる。合成カンナビノイドは、大麻の薬理成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)の効果を模倣し、カンナビノイド受容体に対するアゴニストとして作用する。法律で取り締まりができないTHCの類縁体を含有することから合法ハーブとも呼ばれる。脱法ハーブ フレッシュアイペディアより)

  • ニザール派

    ニザール派から見た大麻大麻

    ニザール派はハサニ・サッバーフの指導するイラン方面のイスマーイール派で支持を獲得。11世紀末から13世紀半ばまでシリア地方からホラーサーンに点在する城砦およびその周辺領域を保持し、イラン高原のアラムート城砦を中心に独立政権を打ち立てた。時に敵対するセルジューク朝や十字軍の要人を暗殺するという手段を用いたことから暗殺教団の別称が生まれ、のちに大麻吸引などと結びつけられて伝説化した(これについては暗殺教団を参照)。ニザール派 フレッシュアイペディアより)

  • ラスタファリ運動

    ラスタファリ運動から見た大麻大麻

    主義としてはアフリカ回帰主義(またはアフリカ中心主義)を奨励した。その指向は、ラスタの生活様式全般、例えば菜食主義やドレッドロックス、ガンジャを聖なるものとして見ることなどに現れている。ラスタファリ運動 フレッシュアイペディアより)

  • 勝新太郎

    勝新太郎から見た大麻大麻

    1974年から1979年にかけて、座頭市をテレビドラマとして合計4シーズン、全100話を製作(その多くで脚本、演出も担当)するなど、活動は軌道に乗っているように見えたが、この頃からプライベートでのトラブルが多くなり、1978年にはアヘンの不法所持で書類送検される。1979年には映画『影武者』の主役に抜擢されるが、監督の黒澤明と衝突し降板。また、完全主義の勝の製作方針のため、作品がヒットしなくなると膨大な赤字を生むこととなり、1981年に勝プロダクションは12億の負債を残し倒産。この時の会見で「勝新太郎は負けない」と述べ、借金と戦っていくことを宣言する。翌年、中村玉緒を社長とした「勝プロモーション」を設立するが、後に長女(元女優・奥村真粧美)と長男(奥村雄大、現・鴈龍)が大麻密売で揃って逮捕された(鴈は2年後にも大麻取締法違反の容疑で再び逮捕されている)。勝新太郎 フレッシュアイペディアより)

  • よんでますよ、アザゼルさん。

    よんでますよ、アザゼルさん。から見た大麻大麻

    はっぱを食べることを好むが、別のはっぱでも良いようである。口から溶解光線を発する。また、本来は色黒の美青年の姿をしており、左肩には元々「God bless you」と書かれていたようだが、「bless」を消してさらに文字を書き足し、「God fuck your ass」となっている。かつて神に愛された大天使であったが、神に反乱を起こして敗北、堕天したルシファーらしい表現。よんでますよ、アザゼルさん。 フレッシュアイペディアより)

  • レゲエ

    レゲエから見た大麻大麻

    ラスタファリ運動がジャマイカで流行した1960年代末以降、大麻はレゲエの歌詞の中で頻繁に取り上げられる主題の一つである。ジャマイカにおける大麻は19世紀中葉以降プランテーションでの人手不足を補うため導入されたインド系移民によってもたらされた。ジャマイカでは大麻は「ガンジャ」や「ハーブ」などと呼称され、「ガンジャ・チューン (ganja tune)」などと称される大麻による効能や瞑想、または大麻が非合法とされているが故の苦難をテーマとした楽曲が多く発表されている。最も古いガンジャ・チューンは1966年のドン・ドラモンドによる器楽曲「クール・スモーク (Cool Smoke)」などである。ウェイラーズ『キャッチ・ア・ファイア』(1972年)のマーリーがガンジャのジョイントをくゆらすジャケットや、ピーター・トッシュ『解禁せよ (en)』(1976年)などの作品群のヒットによって、レゲエと大麻の結びつきはジャマイカ以外の国々においても有名なものとなった。しかし一方で、ジャマイカには1913年より施行された危険薬物法 (Dangerous Drugs Act) があり、大麻の所持、売買、喫煙にはそれぞれに応じた罰金刑、懲役刑が科されている。トッシュ、ブジュ・バントン、ニンジャマンらレゲエアーティストもこの法律を根拠に科刑された経験がある。レゲエ フレッシュアイペディアより)

  • 2008年のスポーツ

    2008年のスポーツから見た大麻大麻

    8月19日 - 大相撲間垣部屋の現役幕内力士が大麻を所持していたとして逮捕され、部屋から吸引用パイプなどが発見される。北の湖敏満日本相撲協会理事長が記者会見で謝罪文を読み上げる。21日 に日本相撲協会の理事会でこの力士を解雇処分、師匠の間垣親方は理事を辞任。2008年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見た大麻大麻

    1日 - 【水泳】イギリスの日曜紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」に、北京オリンピック金メダリストのマイケル・フェルプス(アメリカ)が大麻を吸引している写真が掲載され、同選手は事実を認め謝罪。アメリカオリンピック委員会は同選手を非難する声明を発表するも、国際オリンピック委員会は処分しない方針を表明。2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ディアス

    ニック・ディアスから見た大麻大麻

    2007年2月24日、PRIDE初参戦となったPRIDE.33でPRIDEライト級王者五味隆典と対戦。2R1分46秒フットチョークによりタップアウト勝ちを収めたが、試合後にディアスの禁止薬物(マリファナ)使用が発覚。ネバダ州アスレチックコミッションの裁定により、4月10日付けで当該試合は無効試合とされ、6か月間の出場停止処分が課せられた。ニック・ディアス フレッシュアイペディアより)

528件中 21 - 30件表示