528件中 41 - 50件表示
  • カナビス・カップ

    カナビス・カップから見た大麻大麻

    カナビス・カップ(The Cannabis Cup、カンナビス・カップとも)は、毎年アムステルダムで行われる大麻フェスティバルで、アメリカの雑誌「ハイ・タイムズ」の編集者スティーブン・ヘイガーによって1987年から始められた。カナビス・カップ フレッシュアイペディアより)

  • カナビス・カップ

    カナビス・カップから見たマリファナ大麻

    一定量のマリファナの個人所持が刑罰の対象外となっているオランダは、大麻関連のイベントが多い地として、特に大麻愛好者・関連事業者たちの間では有名である。カナビス・カップ フレッシュアイペディアより)

  • ワタナベノブタカ

    ワタナベノブタカから見た大麻大麻

    2008年7月26日、大麻およびLSD所持により逮捕。ワタナベノブタカ フレッシュアイペディアより)

  • 大麻 (北海道)

    大麻 (北海道)から見た大麻大麻

    なお、道央以外の人に大麻(たいま)と誤解されてしまうことがある。大麻 (北海道) フレッシュアイペディアより)

  • switch (naked ape)

    switch (naked ape)から見たマリファナ大麻

    薬物鑑定官。東京国立薬科大を首席で卒業したエキスパート。マリファナなど一部のドラッグは匂いだけで所持している人間を判別できる。加えて容姿もモデル並みだが、ファッションセンスはややズレている。好きなものは「小さくて可愛いもの」(麻薬もこれに含まれるらしい)。カイにかなり熱烈な片思い中。身長175cmで、ヒールを履くとハルより高い。switch (naked ape) フレッシュアイペディアより)

  • トム・ジョンストン

    トム・ジョンストンから見た大麻大麻

    しかし1973年12月に、イギリスの音楽雑誌NMEが彼のマリファナ所持容疑での逮捕をスッパ抜くトム・ジョンストン フレッシュアイペディアより)

  • エメラルド・トライアングル

    エメラルド・トライアングルから見た大麻大麻

    エメラルド・トライアングル()は、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のメンドシーノ郡、ハンボルト郡およびトリニティ郡を合わせた地域を指し、この3郡がアメリカ合衆国の中でも最大の大麻生産地域となっていることから名付けられた。カリフォルニア州命題215号では、郡内で医者の推薦を得た患者と介護人に合法的に99株までマリファナの栽培を認めている。この地域は「レッドウッドカーテンの後」とも言われ、これら3郡を繋ぐ主要道路であるアメリカ国道101号線とカリフォルニア州道299号線が狭く、曲がりくねっており、海岸セコイア(Sequoia sempervirens)の木が並木になっていることから名付けられた。この2つの道でエメラルド・トライアングルをカリフォルニア州の他の地域から切り離すような形になっている。エメラルド・トライアングル フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・シンクレア

    ジョン・シンクレアから見た大麻大麻

    曲のタイトルである「ジョン・シンクレア」は、アメリカ合衆国に実在していたベトナム戦争の反戦活動家で、ホワイトパンサー党党首である。ジョン・シンクレアは(発表された当時)、FBIのおとり捜査で2本の大麻煙草を所持していたとして、通常よりも重い懲役10年の実刑を受け刑務所に服役していたが、リンドン・ジョンソン時代から合衆国政府は、薬物・銃火器物を所持していたという理由だけで(というより理由をつけて)、反戦活動家を逮捕するという形で戦争を正当化しようとし、リチャード・ニクソン政権になってからそれが強化されていた。ジョン・シンクレア フレッシュアイペディアより)

  • ベッド・イン

    ベッド・インから見た大麻大麻

    1969年5月26日〜6月1日の2回目はカナダのモントリオールのクイーン・エリザベス・ホテル1738号室と1742号室にて開催(当初2回目はニューヨークを予定していたが、レノンのイギリスにおける大麻所持による逮捕事件によりアメリカへの入国許可が下りなかった)。6月1日には、様々な有名人が部屋に招かれ、レノン初のソロ・シングル「平和を我等に」(プラスティック・オノ・バンド名義)のレコーディングが行われた。ベッド・イン フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・バン・デ・カンプ

    アンドリュー・バン・デ・カンプから見たマリファナ大麻

    父レックスが家を出ると、母との生活を続けることに限界を感じたアンドリューは家に居つかなくなる。友人たちとストリップ・クラブにいたところ、突然ブリーに乗り込まれ、友人たちの前で恥をかかされたことを憤る。やがて両親が離婚の話し合いに入ると、母と暮らさざるをえなくなったアンドリューは自暴自棄になって飲酒運転をし、通りに出てきたカルロスの母ホワニータを轢き逃げして意識不明に陥らせる。このため両親の離婚協議は棚上げされ、レックスは家に戻ってくる。ブリーが一計を案じてアンドリューによる犯行は隠蔽されたが、アンドリューが一向に自責の念を示さないのをブリーは許せず、アンドリューのマリファナ所持を学校に密告して、彼のスポーツ推薦枠による大学進学を台無しにしてしまう。以後、アンドリューの非行は悪化していき、ついに暴力事件で退学処分を受ける。ブリーはレックスと相談して、態度を改めない息子を非行少年のための更生キャンプに入れることを決意、しかしそれを知ったアンドリューは母を罵倒し唾を吐きかける。アンドリュー・バン・デ・カンプ フレッシュアイペディアより)

528件中 41 - 50件表示