730件中 51 - 60件表示
  • ダメ。ゼッタイ。

    ダメ。ゼッタイ。から見た大麻大麻

    「ダメ。ゼッタイ。」とは、この標語を用いた財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センターによる、麻薬・覚醒剤・シンナー・大麻・危険ドラッグ等の薬物乱用の防止および向精神薬・医療大麻等の医療で使用される薬の適正使用を推進するキャンペーン運動である。ダメ。ゼッタイ。 フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマ

    バラク・オバマから見た大麻大麻

    1971年、オバマ・ジュニアは母方の祖父母である(1992年没)と(2008年没)夫妻と暮らすためにホノルルへ戻り、地元の有名私立小中高一貫のプレパラトリー・スクールであるプナホウ・スクールに転入し、1979年に卒業するまで5年生教育を受けた。在学中はバスケットボール部に所属し、高校時代に、飲酒、喫煙、大麻やコカインを使用したと自伝で告白している。また2014年には大麻について問われた際に、「悪い習慣だという点では若い時から大人になるまで長年吸っていたたばこと大差ない。アルコールよりも危険が大きいとは思わない」と述べている。バラク・オバマ フレッシュアイペディアより)

  • ヘアー (ミュージカル)

    ヘアー (ミュージカル)から見た大麻大麻

    若者サイドからの強い反戦のメッセージに加えて、当時のヒッピー文化をリアルに伝える作品となっている。ラブ&ピース、ビーズ&フラワーズ、ビー・イン(Be in)と呼ばれたヒッピーたちの集会、マリファナやLSDなどの麻薬によるサイケデリック体験・トリップ感覚、フリーセックス、インド精神哲学の流行(クリシュナ信仰)などがそれである。またタイトルにもなっている、Hair(髪)を長く伸ばすのも特徴だった。ヘアー (ミュージカル) フレッシュアイペディアより)

  • ドーピング

    ドーピングから見た大麻大麻

    例、大麻(マリファナ)、合成デルタ9-テトラヒドロカンナビノール(THC)、スパイスドーピング フレッシュアイペディアより)

  • モーリー・ロバートソン

    モーリー・ロバートソンから見た大麻大麻

    欧米各国で合法化が進んでいる医療分野における大麻使用について、日本国内においてもっと議論すべきという立場をとっており、自身もアメリカで大麻を使用した経験があると語っている。またコカインの使用経験もあるが、当時のアメリカの州法では微罪であり、そちらについては既に時効が成立している。モーリー・ロバートソン フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・シュワルツェネッガー

    アーノルド・シュワルツェネッガーから見た大麻大麻

    ボディビルの知名度向上及び肉体派俳優として大きな成功を手にしたシュワルツェネッガーのアナボリックステロイドの使用は論争を巻き起こした。1977年に製作された『パンピング・アイアン(鋼鉄の男)』というドキュメンタリーにおいて、ボディビルダー時代にステロイドと大麻を使用していたと告白している。肉体作りのために使用していたステロイドについては、使用していたことについての後悔は全く無いと述べ、大麻の使用については、GQ誌でこの事に言及された際に「大麻は麻薬じゃない」と述べたが、シュワルツェネッガーの報道官は「単なる冗談」だったとして弁解している。アーノルド・シュワルツェネッガー フレッシュアイペディアより)

  • GWファーマシューティカルズ

    GWファーマシューティカルズから見た大麻大麻

    GWファーマシューティカルズ(GW Pharmaceuticals)は、イギリスのバイオ医薬品企業で、多発性硬化症の治療薬ナビキシモルス(商品名サティベックス)で知られる。サティベックスは、天然の大麻に由来する製品としては世界で初めて承認されたものである。他の大麻由来の製品、エピディオレックスはてんかんの治療薬として、2015年に第III相臨床試験が開始された。GWファーマシューティカルズ フレッシュアイペディアより)

  • 刺激物

    刺激物から見た大麻大麻

    刺激物(しげきぶつ)は、おもに医師や医療関係者が用いる語句で、辛味・渋み・えぐみや香り(臭気)の強い飲食物や嗜好品を指す。かつては酒類・たばこ、さらにあへんや大麻などの依存性の強い薬物も含まれていた。刺激物 フレッシュアイペディアより)

  • ハシシュ

    ハシシュから見た大麻大麻

    ハシシュ フレッシュアイペディアより)

  • ハッシュオイル

    ハッシュオイルから見た大麻大麻

    ハッシュオイル フレッシュアイペディアより)

730件中 51 - 60件表示

「大麻」のニューストピックワード