730件中 61 - 70件表示
  • ハシシオイル

    ハシシオイルから見た大麻大麻

    ハシシオイル フレッシュアイペディアより)

  • 芸能界ドラッグ汚染

    芸能界ドラッグ汚染から見た大麻大麻

    芸能人として高い知名度を持つ人物が覚醒剤・合成麻薬・大麻・コカインといった違法薬物等を所持・摂取していたことが発覚し、逮捕される事例は後を絶たず、時に社会ニュース・芸能ゴシップの両面を巻き込んで大きな社会的話題となることがある。その中には歌手・ミュージシャン・俳優・タレントなどとして芸能界で高いステイタスを確立している人物や、たとえ一時期であっても時代の寵児として絶頂期を送り日本芸能史に燦然たる足跡を残した人物も少なからず見られる。芸能界ドラッグ汚染 フレッシュアイペディアより)

  • 錯誤

    錯誤から見た大麻大麻

    大麻を所持することが一定の条件の下において合法とされている国に育ったAが、出身国で合法的に大麻を入手し、それを持ったまま日本へ入国した。Aは日本において大麻を所持することが処罰の対象になるということを知らなかった。錯誤 フレッシュアイペディアより)

  • ラグナー

    ラグナーから見たマリファナ大麻

    高校2年の時にマリファナの吸引を始めた。1981年の夏、すでに飲酒ができる19歳になっていたがアルコール依存症となった。この時期に後に結婚するローリー・バクスターと出会った。彼女もまたアルコールとドラッグへの依存に悩まされていた。その年高校を卒業後 2人は別れたが1986年に再会し1987年に結婚した。ラグナー フレッシュアイペディアより)

  • Uznews.net

    Uznews.netから見たマリファナ大麻

    Uznews.netの取材を行なっているは2008年6月7日に交通違反取締りの際、114gのマリファナと5gの麻薬がトランクから見つかったという容疑をかけられ逮捕された。アブドゥラフマノフは警察の交通取り締まりの不正疑惑に関して直前に発表していたUznews.netの記事に対する報復として警察が置いたものであると主張した。彼は2008年10月に有罪判決を受け、懲役10年の刑を言い渡された。この判決はアムネスティ・インターナショナル (アブドゥラフマノフを良心の囚人と表現した) やヒューマン・ライツ・ウォッチ、ジャーナリスト保護委員会、国際人権連盟、欧州安全保障協力機構を含む数多くの国際人権団体から非難を受けた。Uznews.net フレッシュアイペディアより)

  • ダクタ・グリーン

    ダクタ・グリーンから見た大麻大麻

    ダクタ・グリーン(Dakta Green、1950年4月11日 - ) は、ニュージーランド・ウェリントン生まれの大麻に関する活動家。ダクタ・グリーン フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・バン・デ・カンプ

    アンドリュー・バン・デ・カンプから見たマリファナ大麻

    父レックスが家を出ると、母との生活を続けることに限界を感じたアンドリューは家に居つかなくなる。友人たちとストリップ・クラブにいたところ、突然ブリーに乗り込まれ、友人たちの前で恥をかかされたことを憤る。やがて両親が離婚の話し合いに入ると、母と暮らさざるをえなくなったアンドリューは自暴自棄になって飲酒運転をし、通りに出てきたカルロスの母ホワニータを轢き逃げして意識不明に陥らせる。このため両親の離婚協議は棚上げされ、レックスは家に戻ってくる。ブリーが一計を案じてアンドリューによる犯行は隠蔽されたが、アンドリューが一向に自責の念を示さないのをブリーは許せず、アンドリューのマリファナ所持を学校に密告して、彼のスポーツ推薦枠による大学進学を台無しにしてしまう。以後、アンドリューの非行は悪化していき、ついに暴力事件で退学処分を受ける。ブリーはレックスと相談して、態度を改めない息子を非行少年のための更生キャンプに入れることを決意、しかしそれを知ったアンドリューは母を罵倒し唾を吐きかける。アンドリュー・バン・デ・カンプ フレッシュアイペディアより)

  • ジャマイカの政治

    ジャマイカの政治から見た大麻大麻

    ジャマイカの体制は安定しているが、国の重大な経済問題は社会問題を悪化させて、政治の討論の対象になった。1999年で15.7%という高い失業率や、増加し続ける負債は最も重大な経済問題だ。都市部、特に首都キングストンに失業者が移動し、コカインやガンジャ(大麻)などの麻薬の使用と交通の増加に伴い、凶悪犯罪が後を絶たない。ジャマイカの政治 フレッシュアイペディアより)

  • ポストモダニティ

    ポストモダニティから見た大麻大麻

    ポストモダニティの第一段階は、モダニティの終了と重なり、現代の一部であると多くの人からみなされている。テレビは主要なニュース源となり、製造業の重要性は、西ヨーロッパとアメリカ合衆国経済では減少したが、貿易量は開発国の間では増加した。1967年-1969年、決定的な文化爆発が、政治的・文化的・教育的権力構造に向かってはいることを要求した社会の基本経験としてポストモダニティとともに成長したベビーブーム世代として開発国で起こった。非暴力や文化的な活動から暴力的テロリズム行動を通じて一連のデモと造反行為は、年長の世代の政策と展望に対する若者の反対を表現した。アルジェリア戦争やベトナム戦争と人種隔離を許したり促進する法や過度に女性を差別し離婚を制限する法律に対する反対で大麻や幻覚剤の使用やロック音楽やステレオの偏在などのポップカルチャー形式の音楽やドラマが増え、テレビやラジオは、広範な文化状況における視覚化を助長した。この時代はメディア文化に暮らす結果に焦点を当てた哲学者マーシャル・マクルーハンの著作に関係があり、地域の社会的な規範に基づく標準を失うので広められる事実上の満足を見劣りさせたり解放するその両方がマスメディア文化に加わっていると主張した。ポストモダニティ フレッシュアイペディアより)

  • 二次代謝産物

    二次代謝産物から見た大麻大麻

    テトラヒドロカンナビノール:大麻Cannabis sativaに含まれる二次代謝産物 フレッシュアイペディアより)

730件中 61 - 70件表示

「大麻」のニューストピックワード