前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示
  • 小島聡

    小島聡から見た天山広吉天山広吉

    学生時代に格闘技のバックボーンを持たず(柔道経験があるが特に大きな記録は持っていない)、一度はノーリツに就職したものの退職し、アニマル浜口ジムでトレーニングを積み、1991年2月に新日本プロレスに入門した。同年7月、山本広吉(現:天山広吉)戦でデビュー。1994年、ヤングライオン杯で全勝優勝を飾り、海外遠征に出発。1996年に凱旋帰国、中西学とブル・パワーズを結成しIWGPタッグ王座を獲得するなど活躍する。小島聡 フレッシュアイペディアより)

  • 飯塚高史

    飯塚高史から見た天山広吉天山広吉

    その後、トップ戦線との関わりは無く光が当たる事はなかったが2008年、復帰したがG・B・H勢に袋だたきに遭った天山広吉を助け、タッグ共闘を持ちかけた。最初は冷たくあしらわれていたが、G・B・Hのイス攻撃から身を挺して天山を守る等の捨て身の救助を行い、気持ちが通じて“友情タッグ”を結成した。飯塚高史 フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た天山広吉天山広吉

    2009年4月、中邑真輔と真壁刀義との試合中に矢野通が乱入。当時、タッグ・パートナーであった真壁をイスで殴打し、中邑と旧G・B・Hメンバーと共に新ユニットCHAOSを結成。5月3日にIWGPタッグ王座の挑戦権を賭けて、天山広吉、小島聡組と対戦。これに勝利し、6月20日でブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン組が所持するベルトの奪還に挑むも敗北を喫した。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • G・B・H (プロレス)

    G・B・H (プロレス)から見た天山広吉天山広吉

    第48代IWGPヘビー級王者であった蝶天タッグこと天山広吉と蝶野正洋であったが、日頃の蝶野の態度に反感を持った天山がタッグを解消し、新たなユニット結成を決意。G・B・H (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た天山広吉天山広吉

    第1回興行は全面的に協力した全日本プロレスとの対抗・協力戦となった。そのためIWGPヘビー級王座と三冠ヘビー級王座の開催も決定した。挑戦相手は、それぞれ直訴していた永田裕志が三冠に、太陽ケアがIWGPへの挑戦が決定した。闘魂三銃士である武藤敬司と蝶野正洋が久々にタッグを結成する。対戦相手は「2006世界最強タッグリーグ戦」を見事制覇した“テンコジ”こと天山広吉と小島聡。結果は闘魂三銃士組が勝ち、世代交代はさせなかった。また武藤・蝶野組が退場する際、橋本の白ハチマキを巻くと、同じく闘魂三銃士の故・橋本真也の映像がドームに流され同選手の入場曲「爆勝宣言」が流され、2人は天へポーズを決めた。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • 新日本プロレス

    新日本プロレスから見た天山広吉天山広吉

    2月20日、天山広吉対小島聡による史上初のIWGPヘビー級王座、三冠ヘビー級王座ダブルタイトルマッチが行われ、三冠王者の小島が勝利。新日本プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た天山広吉天山広吉

    IWGPタッグ王座(パートナーは藤波辰爾、天山広吉西村修 フレッシュアイペディアより)

  • 頭突き

    頭突きから見た天山広吉天山広吉

    タックル気味に相手に頭をぶつけたり、相手の髪の毛をつかみ、自分の頭部を相手の頭部に打ち付ける。特に技巧がいらない技であるため、プロレスにおいては荒々しさを売りにするヒールや、力で押すパワーファイターが好んで使うが、テクニシャンタイプのレスラーが試合のテンポを変えるために繰り出すこともある。古くはボボ・ブラジル、キム・イルこと大木金太郎、アブドーラ・ザ・ブッチャーが得意としたために、プロレスファンやマスコミの間では「黒人と朝鮮系は頭が固い」とまことしやかに語られていた。他にはザ・デストロイヤーが得意とし、時にはマスクの中に凶器を入れる反則技を繰り出した。アンドレ・ザ・ジャイアントもよく頭突きを繰り出し「二階からのヘッドバット」といわれて有名であった。現在は藤原喜明、天山広吉、富豪2夢路、泉田純至、本田多聞、菊地毅、新井健一郎、らが名手といわれる。頭突き フレッシュアイペディアより)

  • ブラックビスケッツ

    ブラックビスケッツから見た天山広吉天山広吉

    プロレスラー天山広吉(てんざん ひろよし)がモデル。角突きの帽子がトレードマーク。ウリナリ終了後、メンズ・キャイ〜ンのプロレス企画にも登場し、そこで本物の天山と共演している。ブラックビスケッツ フレッシュアイペディアより)

  • 井上亘

    井上亘から見た天山広吉天山広吉

    2011年1月4日の東京ドーム大会では、天山広吉と飯塚高史のDEEP SREEP TO LOSE戦の解説席に座り、飯塚に襲撃を受けるようになった野上アナの護衛に着く。また、試合中に飯塚がアイアンフィンガーフロムヘルを装着した直後にリングに上り、アイアンフィンガーを奪い飯塚にエルボーを食らわせ、天山をアシストし勝利に導いた。井上亘 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
121件中 1 - 10件表示

「天山広吉」のニューストピックワード