前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示
  • 中西学

    中西学から見た天山広吉天山広吉

    1996年9月に凱旋帰国し、1997年に小島聡とのタッグ、ブル・パワーズとしてIWGPタッグ王座を獲得するなど小細工なしの直線的なパワーファイトでタッグ戦線を中心に活躍する。一方でG1 CLIMAXに1回戦敗退で終えるなど、シングルでの戦績は不振に陥っていたが、1999年のG1では公式リーグ戦をトップで通過して決勝トーナメントに進出。準決勝戦で橋本真也を下し、決勝戦で武藤敬司からアルゼンチン・バックブリーカーで勝利を収め初優勝を果たし、第三世代として初の栄冠を手にした。その後、同世代の永田裕志と共にIWGPタッグ王座に2度目の戴冠を果たすと、同じく同世代のテンコジ(天山広吉 & 小島聡)と抗争に明け暮れ、幾度となくタイトルマッチで対戦していった。中西学 フレッシュアイペディアより)

  • BAD INTENTIONS

    BAD INTENTIONSから見た天山広吉天山広吉

    2009年4月、中邑真輔と真壁刀義との試合中に矢野通が乱入。当時、タッグ・パートナーであった真壁をイスで殴打し、中邑と旧G・B・Hメンバーと共に新ユニットCHAOSを結成。5月3日にIWGPタッグ王座の挑戦権を賭けて、天山広吉、小島聡組と対戦。これに勝利し、6月20日でブラザー・レイ、ブラザー・ディーボン組が所持するベルトの奪還に挑むも敗北を喫した。BAD INTENTIONS フレッシュアイペディアより)

  • G・B・H (プロレス)

    G・B・H (プロレス)から見た天山広吉天山広吉

    第48代IWGPタッグ王者であった蝶天タッグこと蝶野正洋と天山広吉であったが、日頃の蝶野の態度に反感を持った天山がタッグを解消し、新たなユニット結成を決意。G・B・H (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た天山広吉天山広吉

    この裁定に健介の妻・北斗晶は激怒。子供を抱えたままリングサイドにいた新日本プロレスのフロント陣を蹴りつけ、そのままインタビュールームに乗り込み、涙を流しながら「これが新日本のやり方か!? フリーだからと舐めるな!!」と叫ぶ。健介もトロフィーを廊下に投げつけて破壊し、ファミリーは早々に会場から引き上げた。これらの言動を当時世話になっていた天龍源一郎から「子供に悪影響を与えたらどうするんだ」と諌められた。その後、天山広吉に敗れて王座から陥落。以降新日本には参戦していない。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た天山広吉天山広吉

    最優秀タッグチーム賞は通常2名コンビが受賞しているが、複数人によるユニットも受賞対象となっている(1992年反選手会同盟、1996年蝶野、天山、ヒロ斎藤組等)。プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • レッスルキングダム (プロレス興行)

    レッスルキングダム (プロレス興行)から見た天山広吉天山広吉

    第1回は、全日本プロレスの全面協力のもと新日本プロレス&全日本プロレス創立35周年記念大会が行われた。そのためIWGPヘビー級王座と三冠ヘビー級王座のタイトルマッチの開催も決定。挑戦相手は、それぞれ直訴していた永田裕志が三冠に、太陽ケアがIWGPへの挑戦が決定した。メインイベントでは、闘魂三銃士である武藤敬司と蝶野正洋が久々にタッグを結成。2006年度世界最強タッグ決定リーグ戦を見事制覇したテンコジ(天山広吉 & 小島聡)と相対する事が決定した。レッスルキングダム (プロレス興行) フレッシュアイペディアより)

  • 小島聡

    小島聡から見た天山広吉天山広吉

    学生時代に格闘技のバックボーンを持たず(柔道経験があるが特に大きな記録は持っていない)、一度はノーリツに就職したものの退職し、アニマル浜口ジムでトレーニングを積み、1991年2月に新日本プロレスに入門。同年7月、山本広吉(現:天山広吉)戦でデビュー。1994年、ヤングライオン杯で全勝優勝を飾り、海外遠征に出発。1996年に凱旋帰国、中西学とブル・パワーズを結成し、IWGPタッグ王座を獲得するなど活躍する。小島聡 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た天山広吉天山広吉

    G1クライマックス優勝 天山広吉(3回目)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 西村修

    西村修から見た天山広吉天山広吉

    IWGPタッグ王座(パートナーは藤波辰爾、天山広吉西村修 フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見た天山広吉天山広吉

    2012年1月4日、レッスルキングダムVIで、テンコジ(天山広吉&小島聡組)と対戦。バーナードが天山からピンフォール負けを喫し、長らく保持していたIWGPタッグ王座を手放す。その後、バーナードが新日本を離脱し、WWEに戻ったため、BAD INTENTIONSとしての活動を休止。同時期に開催されたNJCで中邑真輔から勝利を収めたのを皮切りにシングルプレーヤーとして頭角を現し始める。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
152件中 1 - 10件表示

「天山広吉」のニューストピックワード