152件中 91 - 100件表示
  • 武藤 敬司

    武藤敬司から見た天山広吉天山広吉

    2004年から他団体のリングに積極的に進出するようになる。2年ぶりに新日本のリングに上がり、1月4日にはボブ・サップとタッグを組み、蝶野&天山広吉に勝利。その後、10月9日には、付き人を務めた西村修と組み、棚橋弘至&中邑真輔と対戦したが敗れている。ZERO-ONEのリングでは、2月29日に大森隆男と対戦して勝利。4月25日には、橋本とタッグを結成して勝利を収めたが、奇しくもこれが最後となった。武藤敬司 フレッシュアイペディアより)

  • TARU

    TARUから見た天山広吉天山広吉

    フリー選手が主体のイベント「新宿カス野郎プロレス」では毎回主役級で登場している。Vol.2に来場したハヤブサに対して一日も早く復帰できるよう激励の言葉を贈ったり、大ファンである天山広吉とのシングルマッチ(TARU本人には直前まで知らされていなかった)が実現し、いつも通りのマイクパフォーマンスを見せつつも感無量になったりしている。いつもの悪党ぶりがわずかながら影を潜める機会が多い。TARU フレッシュアイペディアより)

  • アントーニオ本多

    アントーニオ本多から見た天山広吉天山広吉

    2010年11月18日、新日本プロレス「NEVER.4」にて頚椎後縦靭帯骨化症から1年3ヶ月ぶりに復帰した天山広吉の相手となった。アントーニオ本多 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈月

    神奈月から見た天山広吉天山広吉

    2006年3月21日には全日本プロレスのファン感謝デー興行で、武藤に扮して本物の武藤とタッグを結成。小島聡・イジリー岡田組(イジリーは三沢光晴に扮して登場)と、本物のプロレスの試合を行った。さらに同年12月15日のファン感謝デー興行では「F-1タッグ選手権(Fはフェイクの頭文字)」なる王座を賭けて再び武藤と「二人とも武藤」のタッグを組み、天山広吉・原口あきまさ組(原口は蝶野正洋に扮して登場)と対戦し勝利、同王座の初代王者となった。以降もF-1タッグには2012年までレギュラー参戦し、当時の全日本の感謝祭興行では欠かせない人物となっていた。神奈月 フレッシュアイペディアより)

  • 秋山準

    秋山準から見た天山広吉天山広吉

    全日本時代とは異なり、他団体との交流戦にも積極的に出場。新日本プロレスの永田裕志と団体の垣根を越えた信頼関係を築き、2002年1月の新日本東京ドーム大会ではメインでGHCヘビー戦を行い、永田に勝利した。2003年には新日本のG1クライマックスに参戦し決勝戦に進出するも、天山広吉に敗れた。秋山準 フレッシュアイペディアより)

  • 金原弘光

    金原弘光から見た天山広吉天山広吉

    新日本プロレス学校に在籍していた。同期に天山広吉、西村修がいる。金原弘光 フレッシュアイペディアより)

  • 澤宗紀

    澤宗紀から見た天山広吉天山広吉

    一時、天山広吉をモチーフにしたバレリーナ天山を練習するも完成せず断念の過去があるらしい。澤宗紀 フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺高章

    渡辺高章から見た天山広吉天山広吉

    2013年1月、初の他団体参戦となるNOAHに小島聡、永田裕志と共に出場。出場した全試合ではいずれも勝利を得る事ができなかったものの平柳玄藩、ランス・ブラバド、マーシャル・フォン・エリックといった相手とシングルマッチを行った。NOAH参戦後、新日本では田中翔、小松洋平などの後輩レスラーには勝利するものの自身より先輩のレスラー達には勝利ができずにいた。9月より永田とタッグを組んで出場、同月22日にはNOAHに永田と再び参戦してモハメド・ヨネ & 小川良成と対戦するが敗戦した。10月14日、KING OF PRO-WRESTLINGにて天山広吉をパートナーにK.E.S.(ランス・アーチャー & デイビーボーイ・スミスJr.)と対戦するが敗戦した。渡辺高章 フレッシュアイペディアより)

  • ネックブリーカー

    ネックブリーカーから見た天山広吉天山広吉

    ファイヤーマンズキャリーの要領で相手を両肩に担ぎ上げた状態から両足を跳ね上げるように投げ捨て、首を支点に回転した相手の落下するスピードを利用し、相手の首を自らの膝に打ち付ける。メキシコ遠征時代にこの技を会得した後藤洋央紀は同技で天山広吉の頚椎を負傷させたことから、天山のニックネームに肖り「牛殺し」という名称で使用している。AJスタイルズが使用している。タイ・デリンジャーはタイ・ブリーカーの名前で使っていた。ネックブリーカー フレッシュアイペディアより)

  • バックブリーカー

    バックブリーカーから見た天山広吉天山広吉

    後藤洋央紀のオリジナル技。フィッシャーマンズ・スープレックスの状態で抱え上げたあと、相手を反転させながら前方へ投げ落とし、同時に自らの片膝を立てながら座り込み、相手の背中を膝頭にぶつけてその衝撃でダメージを与える。2007年10月8日、両国国技館で、猛牛の異名をとる天山広吉にこのフィニッシュホールドからの昇天片エビ固めで勝利、その後天山を頚椎損傷で無期限欠場に追い込んだことから名付けられた。AJスタイルズも繋ぎ技として使用している。バックブリーカー フレッシュアイペディアより)

152件中 91 - 100件表示