121件中 91 - 100件表示
  • 橋本真也

    橋本真也から見た天山広吉天山広吉

    空気銃で撃ったスズメを付き人時代の天山広吉に食べさせた。天山はその後保健所に電話し「伝染病とかは大丈夫なんでしょうか」と聞いたという。その他にも、もう一人の付き人である西村修ら、若手レスラーを引き連れて起こした「遊び」は数々の逸話を残し、天山はそれらのイタズラの最大の被害者であった。橋本真也 フレッシュアイペディアより)

  • ポイズンJULIE澤田

    ポイズンJULIE澤田から見た天山広吉天山広吉

    マムシバイス(アナコンダバイス)ポイズンJULIE澤田 フレッシュアイペディアより)

  • 蝶野正洋

    蝶野正洋から見た天山広吉天山広吉

    1994年のG1優勝後、「武闘派宣言」によって入場テーマ曲も変えてヒールターン。黒を基調としたコスチュームに一新し、馳浩を大流血に追い込んだ末出血する頭部を掻きむしりながらのSTFで破った。テーマ曲など現在まで続くスタイルを確立した。週刊プロレスはこの蝶野を「BLACKJACK」と称した。1995年に天山広吉、ヒロ斎藤とヒールユニット狼群団を結成。1996年に新日本と提携していたWCWに参戦、ハルク・ホーガン率いるnWoに加入し、帰国後にその日本支部としてnWo JAPANを結成。その総帥としてグレート・ムタ(既に武藤敬司として活躍)ら日本人、外国人メンバーを次々と増員し、「nWo Tシャツ」が大量に売り上げられるなど、一大ムーヴメントを起こし、同年「プロレス大賞MVP」を受賞した。1998年8月8日、大阪ドームで藤波辰爾を破り、8回目の挑戦にして遂に悲願のIWGPヘビー級王座初戴冠。しかし首の負傷により、防衛戦を行うことなく王座を返上、長期欠場に入った。蝶野正洋 フレッシュアイペディアより)

  • プロレスリング・ノア

    プロレスリング・ノアから見た天山広吉天山広吉

    中邑真輔らによる2009年1月4日新日本東京ドーム大会への対戦要請に呼応して、三沢、杉浦、秋山、佐野が出場した。が実は後にドーム参戦はノアからのオファーだったことが発覚した。その後のノア興行に中邑、ミラノコレクションA.T.、天山広吉、金本浩二、ライガーが参加。さらに2009年に開催されたベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに、ノアの所属選手として菊地毅、青木篤志の2名が初参加している。プロレスリング・ノア フレッシュアイペディアより)

  • 金本浩二

    金本浩二から見た天山広吉天山広吉

    天山広吉のことを本名で「山本さん」と呼ぶ(近年はブログなどで「天ちゃん」と呼ぶことも)。デビューは金本の方が先だったが入門は天山の方が1か月早かったためである(逆に天山は「金本さん」と呼ぶ)。金本浩二 フレッシュアイペディアより)

  • アングル (プロレス)

    アングル (プロレス)から見た天山広吉天山広吉

    世間で話題・注目の事象に便乗した行動をとることで、マスコミに取り扱ってもらうことを目的としたもの。永田裕志の「チョイ悪オヤジ」・「ハンカチ王子」化など。「自分の方が早かった」などと主張することが多い。2000円札発行時に、チーム2000の天山広吉・小島聡が紙幣を咥えてアピールをしたこともその代表例。アングル (プロレス) フレッシュアイペディアより)

  • 馳浩

    馳浩から見た天山広吉天山広吉

    佐々木健介が海外武者修行から帰国後、暫くしてから両者は唯一無二の同期タッグ「ハセ・ケン」として闘魂三銃士やスタイナー・ブラザーズらと名勝負を展開する。またこの時期の2人は新日本道場の鬼教官も兼務しており、当時新日本に入団した第三世代と呼ばれる永田裕志、中西学、天山広吉、小島聡、大谷晋二郎、金本浩二、高岩竜一らの指南役となり、一人前のレスラーとして育て上げた功績は大きい。しかしながら、オールドファンや先輩レスラーからは馳のコーチ就任から新日本らしさが失われたとして批判を浴びることもしばしばある。馳が全日本プロレスに移籍して以降、両者は長らくタッグを組むことがなかったが、2003年3月1日に行われたWJプロレス旗揚げ戦で7年ぶりに「ハセ・ケンタッグ」が復活した。馳浩 フレッシュアイペディアより)

  • 永田裕志

    永田裕志から見た天山広吉天山広吉

    1992年、全日本選手権優勝後、新日本プロレスに入門。同期には中西学、石澤常光(ケンドー・カシン)、大谷晋二郎らがいる。新日本に入門したのは馳浩の紹介。1992年9月14日山本広吉(現:天山広吉)戦でデビューを果たした。永田裕志 フレッシュアイペディアより)

  • 長州力

    長州力から見た天山広吉天山広吉

    2005年、蝶野正洋・天山広吉がIWGPタッグ王座に挑戦を表明した。このことを聞かされていなかった長州は激怒し、舞台裏で「調子のいいこと抜かしてんじゃねえぞコラ!何が挑戦だ?」と怒鳴り散らし、乱闘騒ぎになった。長州力 フレッシュアイペディアより)

  • 小橋建太

    小橋建太から見た天山広吉天山広吉

    『ひらめ筋GOLD』の「ハイパー騎馬戦チャンピオンズカップ」の出場要求を受けた時、秋山が出ないと聴くと、秋山の控え室に来て「準! お前出ろよ!」と言った。「その日は予定があるから」と秋山が断ると「準が出ないなら俺も出ないから!」と言い出した(秋山談)という。結局秋山も出ることになり、小橋、秋山、力皇、ムシキング・テリーというノア最強の布陣を組む。一試合目の新日本プロレス(天山広吉、タイガーマスク、棚橋弘至、中邑真輔)には勝利したが、次戦のWRESTLE-1(曙、プレデター、WRESTLEマスク1号、2号)には、曙の圧倒的な体格の前に押し切られ敗北した。この敗北に対し小橋は、「思った以上に悔しい」と語っている。小橋建太 フレッシュアイペディアより)

121件中 91 - 100件表示

「天山広吉」のニューストピックワード