121件中 11 - 20件表示
  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た天山広吉天山広吉

    G1クライマックス優勝 天山広吉(3回目)2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス大賞

    プロレス大賞から見た天山広吉天山広吉

    敢闘賞:天山広吉(新日本)プロレス大賞 フレッシュアイペディアより)

  • 佐々木 健介

    佐々木健介から見た天山広吉天山広吉

    この裁定に健介の妻・北斗晶は激怒。子供を抱えたままリングサイドにいた新日本プロレスのフロント陣を蹴りつけ、そのままインタビュールームに乗り込み、涙を流しながら「これが新日本のやり方か!? フリーだからと舐めるな!!」と叫ぶ。健介もトロフィーを廊下に投げつけて破壊し、ファミリーは早々に会場から引き上げた。これらの言動を当時世話になっていた天龍源一郎から「子供に悪影響を与えたらどうするんだ」と諌められた。その後、天山広吉に敗れて王座から陥落。以降新日本には参戦していない。佐々木健介 フレッシュアイペディアより)

  • カール・アンダーソン (プロレスラー)

    カール・アンダーソン (プロレスラー)から見た天山広吉天山広吉

    2008年2月27日、NEW JAPAN CUP(以下NJC)を欠場することになった永田裕志によりクラシカルレスリングの技術を買われ推薦出場する大抜擢を受け来日。3月9日の金本浩二戦で日本デビューを飾るが、金本のアンクルホールドで破れ1回戦で敗退。4月13日にヒールユニットG・B・H入りを経て2009年4月にCHAOSの一員として活動。ジャイアント・バーナードとのタッグ"BAD INTENTIONS"で4月5日の中西学、大森隆男組と5月3日に行われた天山広吉、小島聡組の試合で見事勝利を挙げ、6月20日、ブラザー・レイ、ブラザー・ディーボンのチーム3Dが所持するIWGPタッグ王座に初挑戦。敗れはしたものの健闘を見せた。カール・アンダーソン (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • 後藤洋央紀

    後藤洋央紀から見た天山広吉天山広吉

    2007年の10月に両国国技館で付き人を勤めた天山広吉と対戦。大流血の末、必殺の昇天で勝利。この試合で後藤が繰り出した変形バックブリーカー(牛殺し)で天山は頸椎負傷し長期欠場に。11月にはついに棚橋弘至が持つIWGPヘビー級ベルトに初挑戦するが敗北。後藤洋央紀 フレッシュアイペディアより)

  • 真壁刀義

    真壁刀義から見た天山広吉天山広吉

    9月24日、アパッチプロレス軍が主催する興行のメインイベントに出場。ストリートファイト有刺鉄線バリケードマットチェーン・デスマッチルールで金村キンタローを破りWEWヘビー級王座を奪取。この一戦を皮切りに新日本、アパッチで怒涛のブレイクを果たし、「これが現実だ!」が決め台詞として定着。「インディーの至宝」とも呼べるWEWヘビー級王座を乗っ取ったことで、「悪の王者」としてインディーファンから多くのブーイングを受けた。その後、天山広吉の呼びかけに応じる形でG・B・Hのメンバーとして活動。真壁刀義 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見た天山広吉天山広吉

    2005年2月、蝶野正洋のバックアップを受けて海外武者修行に出発した。同年5月に帰国後、ブラックニュージャパン入りし、真壁刀義とともに反則三昧のプレーを展開した。しかし、長州力現場監督の「あいつは正統派ならもっと上にいける」という方針から11月に突然ベビーターンした。スコット・ノートンのタッグパートナーを務めている。2006年5月からは石井智宏と「平成の極道コンビ」という名目でタッグを組むようになり、後に天山広吉ら「G・B・H」に石井と共に合流。以降は天山・真壁をサポートする役割に徹していたが、2007年7月29日に金村キンタローを破りWEWヘビー級王座を獲得。同年には真壁とのタッグでプロレス大賞最優秀タッグ賞を受賞した。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木軍

    鈴木軍から見た天山広吉天山広吉

    3月18日、高山とランスが天コジ(天山広吉・小島聡組)のIWGPタッグベルトに挑戦するも、奪取に失敗。鈴木軍 フレッシュアイペディアより)

  • 武藤 敬司

    武藤敬司から見た天山広吉天山広吉

    2004年から他団体のリングに積極的に進出するようになる。2年ぶりに新日本のリングに上がり、1月4日にはボブ・サップとタッグを組み、蝶野&天山広吉に勝利。その後、10月9日には、付き人を務めた西村修と組み、棚橋弘至&中邑真輔と対戦したが敗れている。ZERO-ONEのリングでは、2月29日に大森隆男と対戦して勝利。4月25日には、橋本とタッグを結成して勝利を収めたが、奇しくもこれが最後となった。武藤敬司 フレッシュアイペディアより)

  • 中西学

    中西学から見た天山広吉天山広吉

    同時期にデビューした選手(永田裕志、天山広吉、小島聡など)は「第三世代」(第一世代=藤波、長州力など、第二世代=闘魂三銃士、佐々木健介など)と呼ばれる。そのため、デビューの遅かった中西は健介と同年齢ながら第三世代扱いとなった。中西学 フレッシュアイペディアより)

121件中 11 - 20件表示

「天山広吉」のニューストピックワード