121件中 21 - 30件表示
  • 川田 利明

    川田利明から見た天山広吉天山広吉

    川田は新日本のリングに上がり続けて、天山広吉や小島聡をシングルマッチで勝利を収める等、団体のエースとして孤軍奮闘の働きをする。次第に武藤がケアとのタッグで全日本に上がる機会が多くなり、川田と戦うことも多くなっていた。そして、2002年2月24日の日本武道館にて、当時六冠王であった武藤敬司と三冠選手権試合を行い、これに勝利した。試合後、武藤を破ったリングの上で、「これも、全日本プロレスです」と大会の最後を締めくくったが、過去の流れと同じように、防衛戦を行う前に右膝の負傷が悪化し、長期離脱に追い込まれた。川田利明 フレッシュアイペディアより)

  • DDTプロレスリング

    DDTプロレスリングから見た天山広吉天山広吉

    年末には正規軍に活を入れるべく蝶野正洋スタイルに扮した高木、天山広吉スタイル(角をつけただけ)のKUDO、おまけの矢郷さんと共に(後にアシュレイ"ノートン"サウザーが加入)ヒールユニット「チーム2サウザンアイランド」を結成。期間は短かったもののMIKAMIやHARASHIMAを奮起させた。しかしその後は蛇界、DISASTER BOX、イタリアンフォーホースメンなどのチームが次々と解散、活動休止、帰国となってしまう(後に蛇界は新・蛇界転生として復活)。DDTプロレスリング フレッシュアイペディアより)

  • ヒロ斎藤

    ヒロ斎藤から見た天山広吉天山広吉

    1995年に蝶野正洋、天山広吉と狼群団を結成。その後nWo JAPAN、TEAM 2000、クレイジー・ドックスと、独自のヒール道を邁進している。ヒロ斎藤 フレッシュアイペディアより)

  • 無双 (プロレス技)

    無双 (プロレス技)から見た天山広吉天山広吉

    無双の状態で担ぎ上げた後、バックドロップのように後方へ倒れ込んで、頭部や背面から相手をマットへ叩き落とす技。維新力浩司などが使用する「小股すくいスープレックス」や天山広吉が使用する「アナコンダ・スープレックス」の類似技である。無双 (プロレス技) フレッシュアイペディアより)

  • 山本広吉

    山本広吉から見た天山広吉天山広吉

    山本広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 逆エビ固め

    逆エビ固めから見た天山広吉天山広吉

    新日本に登場していた頃のスティーブ・ウィリアムスが使用していた。後に天山広吉が本名の山本広吉時代に使用。相手の両足を、自らの胸の前で抱え込むように固めてかける。ヤングライオンがある程度成長してからこの技を使うことも多い(山本尚史、裕次郎ら)。逆エビ固め フレッシュアイペディアより)

  • マレット (髪型)

    マレット (髪型)から見た天山広吉天山広吉

    日本でも1980年代に玉置浩二や松崎淳美らがこの髪型であったが、現在でも尾崎将司(プロゴルファー)、天山広吉(プロレスラー)などの有名人が知られる。マレット (髪型) フレッシュアイペディアより)

  • 水車落とし

    水車落としから見た天山広吉天山広吉

    天山広吉の考案した技。水車落とし フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た天山広吉天山広吉

    元々2002年頃から棚橋、中邑、柴田勝頼の三人が「新・闘魂三銃士」として売り出されたがあまり定着しないまま柴田が退団し、後に天山広吉追放後のG・B・Hリーダーとして新日本の内外で暴れ回る真壁、2008年のG1 CLIMAXで初出場・初優勝を果たし注目を集めた後藤を加えた四人が「四天王」と呼ばれるようになり、徐々に定着している。プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • F4 (プロレス)

    F4 (プロレス)から見た天山広吉天山広吉

    2008年、VOODOO-MURDERS(以下、本文中で同ユニットをVMの略称で呼ぶ事がある)を脱退した小島が、8月シリーズ開幕戦でTARUと激突。いつものように反則、セコンド介入などにより不利になったが、天山広吉、KAI、大和ヒロシが救援に駆けつける。その後のバックステージでKAIと大和がユニット結成を直訴。シリーズ中に本格的に活動を開始。F4 (プロレス) フレッシュアイペディアより)

121件中 21 - 30件表示

「天山広吉」のニューストピックワード