121件中 51 - 60件表示
  • 大森隆男

    大森隆男から見た天山広吉天山広吉

    2005年11月には若手育成を目的したユニット、アックスボンバーズを結成。指導者、リーダーとしての一面も見せている。2006年1月4日の東京ドーム大会で新日本に初参戦。越中詩郎とのタッグで蝶野正洋&天山広吉組の持つIWGPタッグ王座に挑戦した。2006年4月1日、靖国神社相撲場で行われた大谷晋二郎との一戦に勝利し、再度AWA世界ヘビー級王座を獲得した。大森隆男 フレッシュアイペディアより)

  • TEAM 2000

    TEAM 2000から見た天山広吉天山広吉

    2000年に蝶野対武藤の頂上決戦で蝶野が勝利、nWoジャパンは消滅することになった。TEAM 2000は天山広吉、小島聡らnWoの残存勢力を吸収し、さらに後藤達俊、小原道由の捨て犬コンビも加入し一大勢力を築き、以降は次々とメンバーを増殖しつつ本隊、G-EGGS、BATTなどと抗争を展開するが、2002年に武藤・小島らの全日本への移籍事件を機にアントニオ猪木の裁定で蝶野が本隊と共闘する道を選び、また現場の最高責任者にも就任することになり、自然消滅した(なおこの猪木とのやり取りはバラエティ番組「アメトーーク」内で、くりぃむしちゅーの有田哲平から「踊る!猪木御殿」と名付けられた)。TEAM 2000 フレッシュアイペディアより)

  • ファミ通WaveDVD

    ファミ通WaveDVDから見た天山広吉天山広吉

    同コーナーではゲスト出演する人が多く、芸能界からはアメリカザリガニの所属事務所とのつながりからよゐこの有野晋哉を始めとしたベテランから若手にかけての松竹芸能のお笑い芸人、プロレス界からは武藤敬司・小島聡・天山広吉・川田利明・長尾浩志といった有名プロレスラーが出演するなど豪華な面々が出演した事がある。また、開発スタッフもサブレギュラー化する事があり、モンスターハンターシリーズにおいてはファミ通編集部モンスターハンター攻略班の河合リエが、CAPCOMでは広報部の山本雄士がそれぞれ担当しているゲームがピックアップされる度に出演している。また、同コーナーでの人気がきっかけで河合には彼女がMCをするコーナーが設けられた事がある。ファミ通WaveDVD フレッシュアイペディアより)

  • 1971年のスポーツ

    1971年のスポーツから見た天山広吉天山広吉

    3月23日 - 天山広吉(京都府、プロレス)1971年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 平田淳嗣

    平田淳嗣から見た天山広吉天山広吉

    その後は平田淳嗣として新日本に復帰入団、正規軍で活動するようになり、蝶野とのタッグでブレークを狙う天山の前に橋本とのタッグで立ちはだかる。1995年7月に橋本真也と蝶野・天山広吉組を破り再びIWGPタッグ王座を獲得した。この戴冠は自ら蝶野をジャンピング・パワーボムで葬ったものであり、この時期の平田は第二の全盛期と言っていい活躍を見せた(蝶野や天山、越中、馳からシングルでピンフォール勝ち・タッグではスタイナーやホークウォリアーからも魔神風車でカウント3を奪う等)。タッグ結成時には半信半疑だった橋本も、次第にパートナーとしての実力に万全の信頼を置く発言が増えるようになる。勢いに乗って当時武藤が持っていたIWGPヘビー級王座にも挑戦したが(1995年9月25日・大阪府立体育会館)、戴冠はならなかった。平田淳嗣 フレッシュアイペディアより)

  • ちょっとかわいいアイアンメイデン

    ちょっとかわいいアイアンメイデンから見た天山広吉天山広吉

    天山紗智子(てんざん さちこ)ちょっとかわいいアイアンメイデン フレッシュアイペディアより)

  • 原口 あきまさ

    原口あきまさから見た天山広吉天山広吉

    2006年12月15日に行われた全日本プロレスのファン感謝デー興行では、蝶野正洋に扮して天山広吉とタッグを組み、武藤敬司・神奈月の「ダブル武藤」組と本物のプロレスの試合を行った。試合には敗れたものの、完璧なマイクパフォーマンスと細すぎる身体のギャップ、また試合中に挟んだ物真似の数々を披露した。原口あきまさ フレッシュアイペディアより)

  • TARU

    TARUから見た天山広吉天山広吉

    フリー選手が主体のイベント「新宿カス野郎プロレス」では毎回主役級で登場している。Vol.2に来場したハヤブサに対して一日も早く復帰できるよう激励の言葉を贈ったり、大ファンである天山広吉とのシングルマッチ(TARU本人には直前まで知らされていなかった)が実現し、いつも通りのマイクパフォーマンスを見せつつも感無量になったりしている。いつもの悪党ぶりがわずかながら影を潜める機会が多い。TARU フレッシュアイペディアより)

  • 坂口征夫

    坂口征夫から見た天山広吉天山広吉

    2013年1月13日、レジェンド・ザ・プロレスリングに参戦し、藤波辰爾&長州力と組み、蝶野正洋&天山広吉&獣神サンダー・ライガーと対戦した。坂口征夫 フレッシュアイペディアより)

  • パイルドライバー

    パイルドライバーから見た天山広吉天山広吉

    相手の頭を前にしたうつぶせ状態にして肩に担ぎあげたあと、頭を下に向けて胴体を両腕で抱え込んで、尻餅をつくようにしながら落とす技。相手の身体の向きはツームストーン・パイルドライバーと同じで、落とし方はドリル・ア・ホール・パイルドライバーと同じになる。使い手は多く、ミスター雁之助がファイヤーサンダー、ジャマールやRO'Zがサモアンドライバー、北尾光覇がキタオ・ドリラー、TARUはTARUドリラー、ジャイアント・バーナードはバーナードライバーなど、各自オリジナルの名称でフィニッシュ・ホールドとして使用している。この技はその形そのものからして受け手の首に与えるダメージを逃がすことが出来ないため、非常に危険であり、WCWに遠征していた蝶野正洋が同型の技を一時期使用していたストーン・コールド・スティーブ・オースチンにこの技を決められ頸椎を痛めたほか、後年ストーン・コールド自身もまたオーエン・ハートの同じ技を喰らって頸椎に重傷を負った。北尾の引退後に弟子筋に当たるTARUがTARUドリラーとして使用しているが、かける相手をほぼ軽量級の小柄な選手に限って、相手の頭部がほとんどマットに当たらないようにコントロールしている。天山広吉の必殺技であるTTDも原型はこの形であるが、危険すぎたため現在は通常のツームストーン式やみちのくドライバーIIに近い、途中で後頭部から落とす形を使用している(ビッグマッチ限定で「オリジナルTTD」として封印を解くことがある)。パイルドライバー フレッシュアイペディアより)

121件中 51 - 60件表示

「天山広吉」のニューストピックワード