152件中 71 - 80件表示
  • マシュー・ブルーム

    マシュー・ブルームから見た天山広吉天山広吉

    2012年1月4日、東京ドームで開催されたレッスルキングダムVIで、長らく保持し続けていたIWGPタッグ王座をテンコジ(天山広吉、小島聡組)に敗れ、王座から陥落。12日にはGHCタッグ王座を秋山準、齋藤彰俊組に奪われ、タイトルを全て失う。マシュー・ブルーム フレッシュアイペディアより)

  • カードファイト!! ヴァンガード ラジオ

    カードファイト!! ヴァンガード ラジオから見た天山広吉天山広吉

    第17回(2016年1月23日) - 天山広吉カードファイト!! ヴァンガード ラジオ フレッシュアイペディアより)

  • プロレス四天王

    プロレス四天王から見た天山広吉天山広吉

    元々2002年頃から棚橋、中邑、柴田勝頼の三人が「新・闘魂三銃士」として売り出されたがあまり定着しないまま柴田が退団し、後に天山広吉追放後のG・B・Hリーダーとして新日本の内外で暴れ回る真壁、2008年のG1 CLIMAXで初出場・初優勝を果たし注目を集めた後藤を加えた四人が「四天王」と呼ばれるようになり、徐々に定着している。ポスターや会場タペストリーもこの4人が飾る事が多かったが、2012年に入りオカダ・カズチカがIWGP初挑戦・初戴冠を皮切りに急激に頭角を現した事により、この年の下半期より後藤に変わってオカダがラインナップされることに。但し、これをもって四天王と呼ばれる事はほぼ無い。プロレス四天王 フレッシュアイペディアより)

  • 後藤達俊

    後藤達俊から見た天山広吉天山広吉

    魔界倶楽部が解散し、小原とエンセンが新日本プロレスに出場しなくなるとクレイジー・ドッグズは自然消滅。2004年に後藤は新日本プロレス本隊へ復帰し、現場責任者に就任する。しかし2005年10月に新日本プロレスへ復帰した長州が現場監督に就任すると対立し、責任者の職を解かれる。その後は蝶野、天山広吉らの反長州勢力に合流した。後藤達俊 フレッシュアイペディアより)

  • nWoジャパン

    nWoジャパンから見た天山広吉天山広吉

    1996年7月に、WCWにてハルク・ホーガン、スコット・ホール、ケビン・ナッシュによりnWoが結成される。同年12月にWCW参戦中であった蝶野正洋が、マネージャーのサニー・オノオを裏切りnWoに加盟する。1997年に入り、蝶野はまずスコット・ノートンと合体。nWo自主興行に参戦した後、共に狼群団として活動していたヒロ斎藤、天山広吉 と結託し、nWo JAPANとして本格的に活動を開始する。その後蝶野は武藤敬司のnWo入りを画策、ある時はnWo Tシャツを渡して誘ったり、またある時は背中に黒いスプレーでnWoの文字を書き殴って挑発したりして、手を変え品を変え武藤の引き込みを図った。そして5月に行われた新日本プロレス大阪ドーム大会では、ケビン・ナッシュ、スコット・ホールらのオリジナルメンバー、nWoの仕掛け人エリック・ビショフが参戦し、新日本正規軍を圧倒。さらに数週間後に、WCWのリングでグレート・ムタが正式に加入し、念願のムタ(=武藤)を仲間に引き入れたnWoジャパンは、一大勢力として新日本プロレスを席巻していくことになる。nWoジャパン フレッシュアイペディアより)

  • プロレスラー

    プロレスラーから見た天山広吉天山広吉

    大仁田厚やテリー・ファンクは引退表明後に引退ツアーを行ったが、後に復帰している。また、橋本真也は小川直也と「負けたら即引退マッチ」というアングルを付与された試合において敗北し、一旦引退したがその後ファンからの復帰要請に応えるというストーリーで復帰した。天山広吉のように、敗北したら引退というアングルを組んだ試合で負けるものの、特に明確な理由を付けず通常通り試合に戻るものもいる。さらに米山香織のように引退セレモニー中に撤回するものもいる。プロレスラー フレッシュアイペディアより)

  • 銀玉王

    銀玉王から見た天山広吉天山広吉

    西川のりお、松村邦洋、さとう珠緒、布川敏和、根本はるみ、天山広吉、ヒロシ銀玉王 フレッシュアイペディアより)

  • 大和ヒロシ

    大和ヒロシから見た天山広吉天山広吉

    8月22日、後楽園での小島聡対TARU戦終了後、VOODOO-MURDERSにリンチされていた小島を天山広吉、KAIと共に救出。小島、KAIと新ユニット「F4」を結成し活動して行く事を宣言した。大和ヒロシ フレッシュアイペディアより)

  • ウォー・マシン

    ウォー・マシンから見た天山広吉天山広吉

    2017年4月9日、SAKURA GENESIS 2017にて、IWGPタッグ王座を保持するテンコジ(天山広吉 & 小島聡)と対戦。フォールアウトで小島からピンフォール勝ちを収めて同王座を戴冠した。ウォー・マシン フレッシュアイペディアより)

  • 平澤光秀

    平澤光秀から見た天山広吉天山広吉

    10月3日、天山広吉のデビュー20周年記念大会『猛牛祭』にタイチとシングルマッチで対戦した。リング外の売店で売られていたピンク色のシュシュで前髪を括った姿で現れ、入場直後にゴングを連打する奇行に走っている。試合は終始タイチに取られたシュシュを餌に振り回されるもカリビアン・デス・クリップで勝利する。この試合を境にサイトーは前髪をシュシュで括った姿で入場するようになり、相手選手に奪わる事を考慮して入場直後に尾崎リングアナにシュシュを預けるようになった。平澤光秀 フレッシュアイペディアより)

152件中 71 - 80件表示