121件中 71 - 80件表示
  • 高木三四郎

    高木三四郎から見た天山広吉天山広吉

    2006年後半大鷲透がベビーターンし団体内にヒールがいなくなったために高木が蝶野正洋、KUDOが天山広吉に扮し(KUDOは入場時に天山のコスチュームの角をつけただけ)、ヒールユニット「チーム2サウザンアイランド」を結成し暴れ回ったが、入ったユニットがことごとく解散する矢郷さんが加入したために例に洩れず解散した。高木三四郎 フレッシュアイペディアより)

  • ダリップ・シン

    ダリップ・シンから見た天山広吉天山広吉

    TEAM2000時に、蝶野・天山と一緒に「さんまのまんま」に出演し、明石家さんまを驚かせっぱなしであった。また番組の最後には入り口の一番高い所にサインを書いている。ダリップ・シン フレッシュアイペディアより)

  • 銀玉王

    銀玉王から見た天山広吉天山広吉

    西川のりお、松村邦洋、さとう珠緒、布川敏和、根本はるみ、天山広吉、ヒロシ銀玉王 フレッシュアイペディアより)

  • G1 CLIMAX

    G1 CLIMAXから見た天山広吉天山広吉

    最多出場 - 17回 : 天山広吉(1995年?2009年、2011年、2012年)G1 CLIMAX フレッシュアイペディアより)

  • KAI (プロレスラー)

    KAI (プロレスラー)から見た天山広吉天山広吉

    8月22日、後楽園での小島聡対TARU戦終了後、VOODOO-MURDERSにリンチされていた小島を天山広吉、大和と共に救出。小島、大和と新ユニット「F4」を結成し活動して行くことを宣言した。KAI (プロレスラー) フレッシュアイペディアより)

  • オットー・ワンツ

    オットー・ワンツから見た天山広吉天山広吉

    以降、1990年代はフランス系カナダ人のランボーにエースの座を譲り、自身はCWAのプロモート業に専念。当時の欧州マットはWWFの世界戦略の影響で壊滅状態にあったが、CWAはワンツが過去の渉外活動で構築してきたネットワークを活かし、ロード・ウォリアー・ホーク、ルドヴィッグ・ボルガ、パパ・シャンゴ、アルティメット・ウォリアーなどフリーランスの大物選手を招聘して独自の活動を続けた。新日本プロレスとの友好関係も維持し、蝶野正洋、船木優治、山本広吉、小島聡ら当時の歴代の若手選手が海外武者修行としてCWAに遠征。石澤常光は、ワンツのアイデアによりCWAマットで「ケンドー・カシン」に変身した。1990年代半ばからは新日本を媒介にWCWとも提携。アレックス・ライトらがCWA経由でWCWに登場した。オットー・ワンツ フレッシュアイペディアより)

  • 澤宗紀

    澤宗紀から見た天山広吉天山広吉

    一時、「バレリーナ天山」(天山広吉をモチーフ)のを練習するも完成せず断念の過去があるらしい。澤宗紀 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見た天山広吉天山広吉

    天山広吉選手とIWGPタッグベルトを獲得し勝利者コメントを間違える蝶野正洋博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 世界最強タッグ決定リーグ戦

    世界最強タッグ決定リーグ戦から見た天山広吉天山広吉

    小島聡&天山広吉組「天コジ」 8点 ※優勝世界最強タッグ決定リーグ戦 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈月

    神奈月から見た天山広吉天山広吉

    2006年3月21日には全日本プロレスのファン感謝デー興行で、武藤に扮して本物の武藤とタッグを結成。小島聡・イジリー岡田組(イジリーは三沢光晴に扮して登場)と、本物のプロレスの試合を行った。さらに同年12月15日のファン感謝デー興行では「F-1タッグ選手権(Fはフェイクの頭文字)」なる王座を賭けて再び武藤と「二人とも武藤」のタッグを組み、天山広吉・原口あきまさ組(原口は蝶野正洋に扮して登場)と対戦し勝利、同王座の初代王者となった。以降もF-1タッグにはレギュラー参戦しており、2000年代後半以降の全日本の感謝祭興行では欠かせない人物になっている。神奈月 フレッシュアイペディアより)

121件中 71 - 80件表示

「天山広吉」のニューストピックワード