153件中 91 - 100件表示
  • 天山広吉

    天山広吉から見たインベージョン・アタック

    THE NEW BEGINNING in OSAKAにて、NWA世界タッグ王座ナンバーワン・コンテンダーマッチと銘打たれた試合に小島と共に出場し、ビッグダディ・ヤムヤム & マイケル・ターヴァー組と対戦。最後はターヴァーからアナコンダバイスでギブアップ勝ちを収め、挑戦権を獲得。INVASION ATTACK 2014にて、NWA世界タッグ王座を保持するアイアンゴッズと対戦。ダンからピンフォール勝ちを収め、同王座に戴冠した。KING OF PRO-WRESTLINGにて、NWAタッグ王座5度目の防衛戦としてK.E.S.と対戦したが、小島がアーチャーからピンフォール負けを喫し王座から陥落。試合後に小島に詰め寄り仲間割れを起こして不穏な関係へと発展したが、後に和解を果たしWTLに出場。公式リーグ戦においてコンウェイから勝利を収めたことで、コンウェイの保持するNWA世界ヘビー級王座へ挑戦することを表明した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たV1アームロック

    2003年8月、G1 CLIMAXに出場。これまで何度も優勝候補に挙げられるも、後一歩で手が届かなかった天山は一念発起して、再びカルガリーの大剛の元で肉体改造を行い、凱旋帰国を果たす。また、コスチュームも従来の黒から赤を基調としたものに変更し、髪を黒髪に染めた。G1では初戦こそプロレスリング・ノアの秋山準に敗北を喫するも、その後は勝利を積み重ねて決勝トーナメントに進出。準決勝戦で高山善廣を制し、決勝戦で再び秋山と対戦。遠征先のカルガリーにて開発した新技、アナコンダバイスでギブアップ勝ちを収め、優勝を果たした。また、10月に行われたG1 TAG LEAGUEでは西村修とのタッグで優勝。11月3日には高山が保持するIWGPヘビー級王座に挑戦し奪取し、第33代王者に戴冠。自身初となるIWGP王座の戴冠となったが、12月9日に行われた初防衛戦で中邑真輔に敗戦し、短命政権に終わった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たNWA世界ヘビー級王座

    THE NEW BEGINNING in OSAKAにて、NWA世界タッグ王座ナンバーワン・コンテンダーマッチと銘打たれた試合に小島と共に出場し、ビッグダディ・ヤムヤム & マイケル・ターヴァー組と対戦。最後はターヴァーからアナコンダバイスでギブアップ勝ちを収め、挑戦権を獲得。INVASION ATTACK 2014にて、NWA世界タッグ王座を保持するアイアンゴッズと対戦。ダンからピンフォール勝ちを収め、同王座に戴冠した。KING OF PRO-WRESTLINGにて、NWAタッグ王座5度目の防衛戦としてK.E.S.と対戦したが、小島がアーチャーからピンフォール負けを喫し王座から陥落。試合後に小島に詰め寄り仲間割れを起こして不穏な関係へと発展したが、後に和解を果たしWTLに出場。公式リーグ戦においてコンウェイから勝利を収めたことで、コンウェイの保持するNWA世界ヘビー級王座へ挑戦することを表明した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た世界最強タッグ決定リーグ戦

    2006年8月、G1ではリーグ戦を全勝で飾り、決勝戦で小島と対戦。これに勝利を収めて3度目の優勝及び全勝優勝の快挙を成し遂げた。その後、タッグパートナーである蝶野との確執が起きてしまいタッグを解消。10月、真壁刀義、越中詩郎らと共にヒール・ユニット、G・B・Hを結成。後に真壁 & 越中と抗争を繰り広げていた矢野通 & 石井智宏をメンバーとして引き入れ、蝶野率いるBlackと抗争を繰り広げる。12月、全日本プロレス主催のタッグリーグ、世界最強タッグ決定リーグ戦にテンコジとして出場し、優勝を果たした。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たNWA世界タッグチーム王座

    8月、G1に出場するも、7日の仙台大会にて対戦した内藤哲也戦で肋骨を骨折してしまい、以降の大会を欠場。KING OF PRO-WRESTLINGにて復帰戦を行い、渡辺高章とのタッグでK.E.S.と対戦したが敗戦。試合後にアーチャーからIWGPタッグ王座へ挑戦することをアピールされ、挑戦を受諾した。POWER STRUGGLEにて、IWGPタッグ王座 & NWA世界タッグチーム王座を賭けたダブルタイトルマッチで、K.E.S.、アイアンゴッズ(ロブ・コンウェイ & ジャックス・ダン)と変則3WAYマッチで対戦。IWGP王座から陥落し、さらにはNWA王座も奪取とはならなかった。同月23日、テンコジとしてWORLD TAG LEAGUE(以下「WTL」)に出場。決勝トーナメントに進出し、12月8日の準決勝戦でK.E.S.から勝利を収め、決勝戦でBULLET CLUB(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)と対戦したが、アンダーソンからピンフォール負けを喫して準優勝で終わった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たパイルドライバー

    天山の代表的なフィニッシュ・ホールドの一つで、変形ツームストーン・パイルドライバー。ボディスラムの要領で上下逆さまに抱え上げた相手の首に手を回し、膝をつきながらマットに着地し相手を脳天からマットに叩きつける。綺麗に決まると相手は首から垂直に落ちるが、通常のボディスラムの様に背中から先に落下する場合もあり、決め方や角度にかなりの差異が見られる。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たボディビル

    京都市立北野中学校、京都府立山城高等学校卒業、学生時代はボディビルとバスケットボールに打ち込み、新日本プロレス学校を経て、1990年5月に新日本プロレスに入門。1991年1月11日、今治市公会堂大会にて、本名の山本広吉として松田納(現:エル・サムライ)戦でデビューを飾る。その後は同時期にデビューした小島聡とのタッグで前座戦線を沸かせてきた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たバスケットボール

    京都市立北野中学校、京都府立山城高等学校卒業、学生時代はボディビルとバスケットボールに打ち込み、新日本プロレス学校を経て、1990年5月に新日本プロレスに入門。1991年1月11日、今治市公会堂大会にて、本名の山本広吉として松田納(現:エル・サムライ)戦でデビューを飾る。その後は同時期にデビューした小島聡とのタッグで前座戦線を沸かせてきた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た頸椎

    2007年に入り、G・B・Hのリーダーとして引き続きチームを引っ張っていたが、昨年12月に負傷した首の状態が最悪であることが発覚。この影響で8月に開幕したG1では、2勝3敗と負け越しに終わる。同月12日にはG・B・Hを離脱した越中からピンフォール負けを喫し、試合後のコメントでは「リングが怖い」と弱音を吐く姿が見られた。10月8日、EXPLOSION '07にて嘗ての付き人である後藤洋央紀とシングルマッチで対戦。試合終盤、後藤の変形バックブリーカーを喰らい頸椎を損傷。最後は昇天でピンフォール負けを喫し、長期欠場へと追い込まれた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た爪楊枝

    天山が使用する打撃技の中でも多用される技のひとつ。若手時代に橋本真也に促される形で額に爪楊枝を突き刺す芸も披露したことがある。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

153件中 91 - 100件表示

「天山広吉」のニューストピックワード