86件中 21 - 30件表示
  • 天山広吉

    天山広吉から見た井上亘

    2011年1月4日、レッスルキングダムで「DEEP SLEEP TO LOSE」ルールで飯塚と対戦。テレビ実況席のゲスト解説にいた井上亘のとっさの加勢で飯塚のアイアンフィンガーフロムヘルを逃れることに成功し、アナコンダクロスで飯塚からギブアップ勝ち。その後は青義軍と共同戦線を張り、CHAOSのメンバー(主に飯塚)との試合を展開していく。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た大剛鉄之助

    1993年3月の第4回ヤングライオン杯に優勝し、欧州武者修行へ出発。カルガリーの大剛鉄之助の元で肉体改造を果たし、1995年に凱旋帰国。帰国に際し、リングネームの姓を「天山」に改める。凱旋直後に長州力からピンフォールを奪い、トップレスラーの仲間入りを果たすと同時に蝶野正洋、ヒロ斎藤と狼群団を結成。1997年にnWoジャパン軍に入った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た2009年

    さらに全日本プロレスの世界最強タッグ決定リーグ戦では諏訪魔、近藤修司組を破り、2年ぶりの優勝を遂げ、初のメジャー大会ダブル優勝を飾り、2009年1月4日に行われるIWGPタッグ王座に挑戦を決意。ところが12月29日に右目の上半分が見えなくなるという異常を訴え、病院で検査を受けたところ網膜剥離と診断された。12月31日に手術が行われ、休場を余儀なくされた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た全日本プロレス

    小島聡とのタッグは「天コジ」と呼ばれ、当時の日本人タッグでは日本1、2を争えるほどで、IWGPタッグ王座獲得やG1タッグリーグ戦優勝という輝かしい実績を残したが、2002年1月、小島の全日本プロレス移籍によりタッグを解消した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たスコット・ノートン

    同年3月26日、次期IWGP挑戦者決定トーナメントで優勝するものの、中邑真輔と引き分けによりベルトを死守した王者小島が激怒、挑戦者失格の烙印を押される。しかし同年5月に小島からIWGPを奪取する。翌6月にイタリアで行われたスコット・ノートンとのIWGPシングルの防衛戦では、ノートンのパワーに苦しめられるも防衛に成功するが、その後藤田和之に王座を奪われた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たnWoジャパン

    1993年3月の第4回ヤングライオン杯に優勝し、欧州武者修行へ出発。カルガリーの大剛鉄之助の元で肉体改造を果たし、1995年に凱旋帰国。帰国に際し、リングネームの姓を「天山」に改める。凱旋直後に長州力からピンフォールを奪い、トップレスラーの仲間入りを果たすと同時に蝶野正洋、ヒロ斎藤と狼群団を結成。1997年にnWoジャパン軍に入った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たG・B・H (プロレス)

    長らく「蝶野の子分」「No.2」と揶揄されてきたが、その状況を打破するために、2006年10月、真壁刀義、越中詩郎らと共に、新たなヒール軍団G・B・H(グレート・バッシュ・ヒール)を立ち上げる。ただし、前述の世界最強タッグリーグにおいてはヒールキャラを封印している。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た平澤光秀

    11月12日の大阪大会で小島と3度目のシングルマッチで激突。ムーンサルトプレスで勝利を奪い2勝1敗と勝ち越しを決めたが、直後に飯塚が乱入しスリーパーホールドで締め上げられるも、状況を見かねた小島が救出に入り飯塚を追い払った。その後、小島と言葉を交わしあい握手はしなかったものの再結成への兆しを示唆させた。そして19日に小島の試合終了後に起きた飯塚と矢野による小島への執拗な袋叩きに耐え切れず小島を救出。返り討ちにした後、観客席から「テンコジ」コールが起こる中、小島とようやく握手を交わした。27日に天山の試合終了後に飯塚が天山を襲撃。そこへ小島が救出に入り飯塚を撃退すると、マイクを手に取り天コジの復活を問いかける。これに対し天山は「もう一回天コジ、やろうやないかい!」と返答し再結成。12月4日に2009年5月3日以来の天コジ復活。飯塚、ヒデオ・サイトーと対戦し最後はテンコジカッターからアナコンダバイスで飯塚から勝利を収めた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たエル・サムライ

    京都市立北野中学校、京都府立山城高等学校卒業、学生時代にボディビルとバスケットボールに打ち込み、新日本プロレス学校を経て1990年5月に新日本プロレスに入門。1991年1月11日、今治市公会堂にて本名の「山本広吉」として松田納(現:エル・サムライ)戦でデビュー。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た天コジ

    小島聡とのタッグは「天コジ」と呼ばれ、当時の日本人タッグでは日本1、2を争えるほどで、IWGPタッグ王座獲得やG1タッグリーグ戦優勝という輝かしい実績を残したが、2002年1月、小島の全日本プロレス移籍によりタッグを解消した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

86件中 21 - 30件表示

「天山広吉」のニューストピックワード