153件中 31 - 40件表示
  • 天山広吉

    天山広吉から見たG・B・H (プロレス)

    2006年8月、G1ではリーグ戦を全勝で飾り、決勝戦で小島と対戦。これに勝利を収めて3度目の優勝及び全勝優勝の快挙を成し遂げた。その後、タッグパートナーである蝶野との確執が起きてしまいタッグを解消。10月、真壁刀義、越中詩郎らと共にヒール・ユニット、G・B・Hを結成。後に真壁 & 越中と抗争を繰り広げていた矢野通 & 石井智宏をメンバーとして引き入れ、蝶野率いるBlackと抗争を繰り広げる。12月、全日本プロレス主催のタッグリーグ、世界最強タッグ決定リーグ戦にテンコジとして出場し、優勝を果たした。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た邪道 (プロレスラー)

    2008年2月17日、邪道 & 外道 & 石井とのカルテットで、レジェンド(蝶野 & 長州 & 越中 & スーパー・ストロング・マシン)と対戦するも、石井が蝶野にピンフォールを奪われ敗戦。試合後、味方の三人から袋叩きに遭い追放された。3月9日、NEW JAPAN CUP(以下「NJC」と表記)に出場し、一回戦で石井と対戦し勝利。試合後にまたしてもG・B・Hのメンバーによる攻撃を受けるが、この状況を見かねた新日本本隊の飯塚高史が救出に駆け付け、事無きを得た。最初こそ飯塚を冷たくあしらっていた天山だったが、15日豊岡大会で握手を交わし共闘を宣言。その後、飯塚とのタッグを友情タッグと命名し、3月30日、NEW DIMENSIONにてIWGPタッグ王者組のモースト・ヴァイオレンス・プレイヤーズ(真壁 & 矢野)とノンタイトルマッチで対戦し勝利を収め、試合後のコメントで同タッグ王座への挑戦をアピールした。4月27日、NEW JAPAN BRAVE最終戦で飯塚と共にIWGPタッグ王座に挑戦。試合終盤にパートナーの飯塚からスリーパーホールドを極められ、最後は真壁からピンフォール負けを喫した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たジャックス・デイン

    8月、G1に出場するも、7日の仙台大会にて対戦した内藤哲也戦で肋骨を骨折してしまい、以降の大会を欠場。KING OF PRO-WRESTLINGにて復帰戦を行い、渡辺高章とのタッグでK.E.S.と対戦したが敗戦。試合後にアーチャーからIWGPタッグ王座へ挑戦することをアピールされ、挑戦を受諾した。POWER STRUGGLEにて、IWGPタッグ王座 & NWA世界タッグチーム王座を賭けたダブルタイトルマッチで、K.E.S.、アイアンゴッズ(ロブ・コンウェイ & ジャックス・ダン)と変則3WAYマッチで対戦。IWGP王座から陥落し、さらにはNWA王座も奪取とはならなかった。同月23日、テンコジとしてWORLD TAG LEAGUE(以下「WTL」)に出場。決勝トーナメントに進出し、12月8日の準決勝戦でK.E.S.から勝利を収め、決勝戦でBULLET CLUB(カール・アンダーソン & ドク・ギャローズ)と対戦したが、アンダーソンからピンフォール負けを喫して準優勝で終わった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た外道 (プロレスラー)

    2008年2月17日、邪道 & 外道 & 石井とのカルテットで、レジェンド(蝶野 & 長州 & 越中 & スーパー・ストロング・マシン)と対戦するも、石井が蝶野にピンフォールを奪われ敗戦。試合後、味方の三人から袋叩きに遭い追放された。3月9日、NEW JAPAN CUP(以下「NJC」と表記)に出場し、一回戦で石井と対戦し勝利。試合後にまたしてもG・B・Hのメンバーによる攻撃を受けるが、この状況を見かねた新日本本隊の飯塚高史が救出に駆け付け、事無きを得た。最初こそ飯塚を冷たくあしらっていた天山だったが、15日豊岡大会で握手を交わし共闘を宣言。その後、飯塚とのタッグを友情タッグと命名し、3月30日、NEW DIMENSIONにてIWGPタッグ王者組のモースト・ヴァイオレンス・プレイヤーズ(真壁 & 矢野)とノンタイトルマッチで対戦し勝利を収め、試合後のコメントで同タッグ王座への挑戦をアピールした。4月27日、NEW JAPAN BRAVE最終戦で飯塚と共にIWGPタッグ王座に挑戦。試合終盤にパートナーの飯塚からスリーパーホールドを極められ、最後は真壁からピンフォール負けを喫した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た平澤光秀

    8月、2年ぶりにG1に出場。最終戦を待たずに予選落ちが確定するも、14日の公式最終戦にて対戦した小島の決勝進出の阻ませ、さらに小島に右目眼窩底骨折の重傷を負わせて欠場へと追い込み、4勝5敗という戦績を残した。9月19日、右目の負傷から回復した小島が新日本所属選手として復帰することがアナウンスされ、その復帰戦の相手として逆指名を受ける。DESTRUCTION'11にて小島聡復帰戦と銘打たれた試合で小島と対戦するも、最後はラリアットでピンフォール負けを喫した。以降も小島と抗争を繰り広げ、POWER STRUGGLEにて小島と三度シングルマッチで対戦しムーンサルトプレスで勝利。試合終了後にまたしても飯塚による襲撃を受けたが、状況を見かねた小島が救出に入り飯塚を排除。その後、リング上で小島と言葉を交わしあい握手はしなかったものの、再結成への兆しを見せた。19日、小島の試合終了後に起きたCHAOSによる小島への執拗な袋叩きに耐え切れず救出に入る。返り討ちにした後、観衆からの「テンコジ」コールに圧される形で、小島と握手を交わした。27日、飯塚による襲撃を受ける中、救出に入った小島と共に飯塚を撃退。その後、小島からテンコジの今後について問いかけられ、遂にテンコジ再結成の意思を表した。12月4日、飯塚 & ヒデオ・サイトー組と対戦。テンコジカッターからアナコンダバイスを極めて、飯塚からギブアップを奪い、テンコジ復帰戦を勝利で飾ると、試合後のコメントでIWGPタッグ王座への挑戦をアピールした。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たレジェンド (新日本プロレス)

    2008年2月17日、邪道 & 外道 & 石井とのカルテットで、レジェンド(蝶野 & 長州 & 越中 & スーパー・ストロング・マシン)と対戦するも、石井が蝶野にピンフォールを奪われ敗戦。試合後、味方の三人から袋叩きに遭い追放された。3月9日、NEW JAPAN CUP(以下「NJC」と表記)に出場し、一回戦で石井と対戦し勝利。試合後にまたしてもG・B・Hのメンバーによる攻撃を受けるが、この状況を見かねた新日本本隊の飯塚高史が救出に駆け付け、事無きを得た。最初こそ飯塚を冷たくあしらっていた天山だったが、15日豊岡大会で握手を交わし共闘を宣言。その後、飯塚とのタッグを友情タッグと命名し、3月30日、NEW DIMENSIONにてIWGPタッグ王者組のモースト・ヴァイオレンス・プレイヤーズ(真壁 & 矢野)とノンタイトルマッチで対戦し勝利を収め、試合後のコメントで同タッグ王座への挑戦をアピールした。4月27日、NEW JAPAN BRAVE最終戦で飯塚と共にIWGPタッグ王座に挑戦。試合終盤にパートナーの飯塚からスリーパーホールドを極められ、最後は真壁からピンフォール負けを喫した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たエル・サムライ

    京都市立北野中学校、京都府立山城高等学校卒業、学生時代はボディビルとバスケットボールに打ち込み、新日本プロレス学校を経て、1990年5月に新日本プロレスに入門。1991年1月11日、今治市公会堂大会にて、本名の山本広吉として松田納(現:エル・サムライ)戦でデビューを飾る。その後は同時期にデビューした小島聡とのタッグで前座戦線を沸かせてきた。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たマッスルオーケストラ

    レスリングどんたく 2013にて、IWGPタッグ王座を保持するK.E.S.、挑戦者組のマッスルオーケストラ(中西学 & ストロングマン)、矢野 & 飯塚組を交えた4WAYマッチで対戦。最後は小島がストロングマンからピンフォール勝ちを収め、第62代王者組となった。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見たランス・ホイット

    レッスルキングダムVIの舞台で小島と共にBAD INTENTIONSの保持するIWGPタッグ王座に挑戦。バーナードからムーンサルトプレスでピンフォール勝ちを収め、第58代王者組に戴冠。リマッチを申し入れてきたBAD INTENTIONS、高山善廣 & ランス・アーチャー組を相手にタッグ王座の防衛に成功していったが、2度目の防衛戦終了後に矢野通 & 飯塚の襲撃に遭い、IWGPタッグ王座を強奪されたことで遺恨が芽生える。レスリングどんたく 2012にて、矢野 & 飯塚組と対戦したが、小島が矢野からピンフォール負けを喫して王座から陥落した。その後DOMINION 6.16での対戦を経て、KIZUNA ROAD最終戦にて、矢野 & 飯塚組と三度対戦。最後は小島が飯塚からピンフォール勝ちを収め、第60代王者組に返り咲き抗争に終止符を打った。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

  • 天山広吉

    天山広吉から見た飯塚高史

    2008年2月17日、邪道 & 外道 & 石井とのカルテットで、レジェンド(蝶野 & 長州 & 越中 & スーパー・ストロング・マシン)と対戦するも、石井が蝶野にピンフォールを奪われ敗戦。試合後、味方の三人から袋叩きに遭い追放された。3月9日、NEW JAPAN CUP(以下「NJC」と表記)に出場し、一回戦で石井と対戦し勝利。試合後にまたしてもG・B・Hのメンバーによる攻撃を受けるが、この状況を見かねた新日本本隊の飯塚高史が救出に駆け付け、事無きを得た。最初こそ飯塚を冷たくあしらっていた天山だったが、15日豊岡大会で握手を交わし共闘を宣言。その後、飯塚とのタッグを友情タッグと命名し、3月30日、NEW DIMENSIONにてIWGPタッグ王者組のモースト・ヴァイオレンス・プレイヤーズ(真壁 & 矢野)とノンタイトルマッチで対戦し勝利を収め、試合後のコメントで同タッグ王座への挑戦をアピールした。4月27日、NEW JAPAN BRAVE最終戦で飯塚と共にIWGPタッグ王座に挑戦。試合終盤にパートナーの飯塚からスリーパーホールドを極められ、最後は真壁からピンフォール負けを喫した。天山広吉 フレッシュアイペディアより)

153件中 31 - 40件表示

「天山広吉」のニューストピックワード